イタリア旅行

初めてのフィレンツェ観光で必要な日数は?【サクッと周れるモデルコースも紹介!】

f:id:kunisfa0717:20190603111040p:plain

フィレンツェを初めて観光する人「イタリア旅行の一貫でフィレンツェにも行く予定。初めてフィレンツェを観光するんだけど、必要な日数ってどれくらいかかるんだろう。あわよくば、効率的に観光できるモデルコースも知りたい。」

 

イタリア屈指の芸術の街として知られるフィレンツェ。

あの有名なダヴィデ像の本物が展示されているのもフィレンツェで、個人的にはイタリアで一番の街並みを見ることができるのもフィレンツェだとも思っていたり。

 

今回は、そんなフィレンツェを初めて観光するのに必要な日数・モデルコース・観光前に知っておきたい3つのことを記事にまとめました!

 

タカ
フィレンツェを初めて観光する人はぜひ最後までご覧くださいね~!

フィレンツェ観光に必要な日数は?

f:id:kunisfa0717:20190603112316j:plain

フィレンツェ観光に必要な日数は、

 

思うに…、ズバリ!1

 

フィレンツェ観光が1日でOKな理由

  • 街がコンパクトで小さい
  • 芸術の街なので美術館が多いが、観光地自体は少ない

 

なので、美術館をじっくり周りたい人以外だったら丸1日あれば十分かなーっていう気もします!

 

ローマ⇔フィレンツェ間は高速列車『イタロ』で1時間半、ベネチア⇔フィレンツェ間も同じくイタロで2時間なので日帰りでも十分観光は可能なんです!

 

ちなみに余談になりますが、僕は列車のお金の節約を兼ねてバスで行き、フィレンツェ1泊しました。笑

Flixbusという格安バスを使えば、ローマ⇔フィレンツェが€20で往復できるんです!どう考えても安すぎです、脱帽。

ただ、片道3時間かかるので、時間をお金で買いたいという人にはイタロを強くおすすめしますねー!

 

1日で周るフィレンツェ観光のモデルコース

f:id:kunisfa0717:20190603112357j:plain

今回紹介するフィレンツェ観光のモデルコースはこんな感じ☟

  • 午前:フィレンツェ着、アカデミア美術館
  • 午後:ドゥオーモ広場、ヴェッキオ橋、ミケランジェロ広場、フィレンツェ発

 

朝の10時ぐらいにフィレンツェについて、帰りは20時ぐらいに出たとしても、のんびりフィレンツェ観光をすることが出来ますよ~!

 

それでは詳細を見ていきましょう!

フィレンツェ観光-午前-:まずはダヴィデ君を拝もう!

10時すぎ、フィレンツェに到着。

まずはダヴィデ像を拝みにアカデミア美術館へ行きましょう!

f:id:kunisfa0717:20190603111354j:plain

アカデミア美術館はフィレンツェでも人気の美術館。

 

それゆえに、チケット購入で数十分の待ち時間ができるので、可能ならば事前にネットでチケットを購入しておきましょう◎

f:id:kunisfa0717:20190603111413j:plain

館内は比較的狭く、見どころはやはりダヴィデ像。

散策時間は30~1時間程度を見ておけば十分かと!

 

そのあとは少し早めのお昼ご飯を食べましょう!

f:id:kunisfa0717:20190603111433j:plain

おすすめは『Canto de’ Nelli』というレストラン!

ランチだと€15で前菜+メイン+デザートを食べることが出来ますよ~!

f:id:kunisfa0717:20190603111450j:plain

f:id:kunisfa0717:20190603111452j:plain

f:id:kunisfa0717:20190603111454j:plain

前菜とメインはいくつかの選択肢から選ぶことができて、僕は前菜にラザニア(前菜になるのか怪しいけどw)、メインにポークステーキ、デザートにティラミスを選びました!コスパ良すぎ。笑

 

もちろん、味も美味しいですし、テラス席もあって風が気持ちよかったですよ~!雰囲気も抜群かて。笑

フィレンツェ観光-午後-:フィレンツェの絶景はジョットの鐘楼から!

f:id:kunisfa0717:20190603111524j:plain

腹ごしらえが終わればドゥーモ広場へ!

 

フィレンツェのシンボルマークのドゥーモは人気観光地ゆえに、常に行列が出来ています。40分ぐらいは待ったかな?

ただぶっちゃけ、正直なところ、ドゥーモ内部はそこまで印象には残っていないです…。汗

f:id:kunisfa0717:20190603111553j:plain

f:id:kunisfa0717:20190603111558j:plain

f:id:kunisfa0717:20190603111559j:plain

僕のおすすめはドゥーモ横にあるジョットの鐘楼

15を払って登ることが出来る大鐘楼なんですが、ここの頂上から見る景色は言葉を失うくらいの絶景なんです…!お世辞抜きで超絶景です。

 

それがこの景色だ…1、2,3!

f:id:kunisfa0717:20190603111636j:plain

f:id:kunisfa0717:20190603111643j:plain

一面に広がるフィレンツェの街並みを一望できる上に、ドゥーモのクーボラが良い感じに映える。まさにインスタ映え!

 

これをインスタ映えといわずに何をインスタ映えというんだっていうくらいインスタ映え!

この景色を見るためだけにフィレンツェへ行ったほうが良いと言っても過言ではないですね。

 

なので、フィレンツェへ行ったら絶対に見に行ってください!階段を登るのは大変ですが、その苦労以上に値する景色が待っているので! 

f:id:kunisfa0717:20190603111728j:plain

そのあとは川に向かって南下。

川にあたると見えるのがヴェッキオ橋でして、ここもフィレンツェのランドマークの1つですね。

f:id:kunisfa0717:20190603111804j:plain

ちなみに、ヴェッキオ橋とドゥーモ広場の間にはイルビゾンテ本店があります!

 

店内の広さはさすが本店としか言いようがありませんでした。

 

イタリア限定の種類や色が置いている上に、値段も免税+関税分で日本で買うよりも断然お得でしたので、興味のある方はぜひ一度行ってみることをおすすめします◎

f:id:kunisfa0717:20190603111846j:plain

最後は川を渡った先の山の上にあるミケランジェロ広場で、日没を見てフィレンツェ観光を〆ましょう~!

ミケランジェロ広場は日没スポットでして、多くの観光客で賑わっています。

f:id:kunisfa0717:20190603111919j:plain

ストリートライブも数カ所で行われていて、雰囲気抜群の場所なんです。

f:id:kunisfa0717:20190603111918j:plain

頂上にある階段にはカップルや観光客で埋め尽くされている程の人でしたよ。笑

 

ここから見るフィレンツェの風景は、ジョットの鐘楼から見る風景よりもどこか長閑な雰囲気がありましたね~

絶景度でいえばジョットの鐘楼からの風景ですが、デートで来るならミケランジェロ広場って感じでしょうかね!笑

 

見終わったら、イタロに乗ってフィレンツェを出発しましょう~!

フィレンツェ観光前に知っておきたい3つのこと

最後に!

フィレンツェ観光をする前に、

  • フィレンツェ観光は原則徒歩
  • フィレンツェに眠る3つのち〇こ
  • 観光日数に余裕があればピザへ行くことも可能

という3点は知っておいて欲しいんです…!

それぞれ詳しく紹介しますね~

フィレンツェは徒歩で周るため非常に疲れる

f:id:kunisfa0717:20190603112014j:plain

フィレンツェは小さな街です。

歩いても34時間あれば全体を1周出来るくらいの大きさ

 

なので、徒歩で観光するのが普通になっています。

 

感覚でいうならベネチアよりももっと小さいぐらいの街をイメージしてもらえればなー、と!

なので、ベネチア観光を徒歩でこなした人からすればフィレンツェ観光は徒歩で余裕です。笑

 

一応、ミニバスも走っているので不安な人はバスを利用しましょう~!

(参考)フィレンツェでバスに乗ってみよう!バスの使いこなし方徹底ガイド♪ | フィレンツェガイド.net

フィレンツェには3体のダヴィデ君がいる

美術の教科書でもおなじみのダヴィデ像。

ダヴィデ像は行列のできるアカデミア美術館でしか見ることが出来ない…、なんてこともないんです!

 

本物のダヴィデ像はアカデミア美術館にあるんですが、実はフィレンツェには3体のダヴィデ像があるんです!

 

残りの2体はどこにあるのかというと、

f:id:kunisfa0717:20190603112114j:plain

シニョリーア広場と、

f:id:kunisfa0717:20190603112204j:plain

ミケランジェロ広場にあります!

 

観光地自体が少ないフィレンツェですので、ダヴィデ君探しをしながら周るのも楽しいですよ~!笑

観光日数に余裕があればピサへ行くことも可能

フィレンツェ観光自体は1日で完結しますが、もし時間に余裕のある方はフィレンツェからピザへ行くのもあり!

ピサといえば、不思議な建造物「ピサの斜塔」で有名な街。

 

僕は観光日数の都合上行くことができなかったんですが、イタリアのシンボルマークの1つでもありますので、観光日数に余裕のある方はぜひ行ってみてくださいね!

 

ローマ発のフィレンツェ&ピサ1日観光ツアーや、フィレンツェ発のピサ半日観光ツアーもあるので、ツアーを利用するのも良いかもしれませんね!

 

まとめ|フィレンツェ観光に必要な日数は1

今回の記事のまとめ

  • フィレンツェは街が小さく、美術館が多めで観光地は少ない
  • なので、フィレンツェ観光は1(日帰り)で可能
  • フィレンツェ観光の基本は徒歩
  • フィレンツェにはダヴィデ像が3(本物1+レプリカ2)ある
  • フィレンツェ観光の日数に余裕があればピサ観光もあり!

 

タカ
「以上、学生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)がお届けしました~!」

-イタリア旅行

Copyright© 得する旅、損する旅 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.