フランス旅行 飛行機搭乗記録

評判が気になるエールフランス航空のエコノミーに乗ってきた【機内食・マイル】

f:id:kunisfa0717:20190803231109p:plain

フランスへ行く人「今度のフランス旅行で初めて利用するエールフランス航空。ネット上ではあまり良い評判は聞かないけど実際はどうなんだろう?」

今回はそういった"初めて乗るエールフランス航空の評判・実体験の感想が気になる人"に向けた記事になります。

 

エールフランス航空は日系航空会社を除けばフランスへ行くことができる唯一の直行便。

僕が利用したのは2年前の2016年の9月。

利用した路線は関空⇔パリの区間。料金は約10万円でした。

 

結論から申し上げると、"パリへ直通でいける点以外はオススメしません。"

 

今回の記事では、そんな微妙だったエールフランス航空(エコノミー)に関する情報を徹底的にまとめました

この記事でわかるエールフランス航空のこと

エールフランス航空の

  • フライトスケジュール
  • 関空⇔パリ間の利用料金
  • エコノミークラスのシート・機材・機内食・機内サービス
  • 溜まるマイルの種類
  • シートプラス

エールフランス航空のフライトスケジュール

f:id:kunisfa0717:20180224122443j:plain

今回利用したエールフランスのフライトスケジュールは以下の通り。

エールフランス航空のフライトスケジュール

  • (行き)関西空港:11時00分発、シャルルドゴール空港:16時35分着
  • (帰り)シャルルドゴール空港:13時45分発、関西空港:8時30分(+1)着

現在では行きが10時30分発、帰りが13時55分発になっているみたいですが、大きな変更ではなさそうですね。

毎日運航しているので、1日だけ休めば週末弾丸旅行も可能です。

(金曜日に出発して、日曜日に出発して月曜日の朝に到着みたいな。)

エールフランス航空の料金

料金は往復で12万円(諸税込み)でした。

 

初めての一人海外だったため、12万円払いましたが、3年経った今となってみれば、かなり高い出費だったなと感じています。

中国経由の場合、同時期でも8万円前後で行くことができます

 

さらに、内容があまり良くなかったので、直行便を利用するならJALやANAを利用すべきでしたね。

エールフランス航空に乗ると加算されるのはJALマイル

エールフランスはスカイチームに加盟しているため、本来であれば溜まるマイルはスカイマイルになります。

スカイチームに加盟している航空会社

米国系:デルタ航空、アエロメヒコ航空、アルゼンチン航空

欧州系:エールフランス、KLMオランダ航空、アエロフロート航空、アリタリア航空

アフリカ系:ケニア航空

アジア系:ベトナム航空、中国東方航空、中国南方航空、チャイナエアライン、ガルーダ航空、厦門航空

ただ、エールフランスはJALと提携をしているためJALマイルとして加算することも可能です。

スカイチームのマイルであるデルタマイルは交換レートがあまりよくないので、JALマイルに交換するのがおすすめです。

 

エールフランス航空のシート・機材

f:id:kunisfa0717:20180224122326j:plain

僕が利用した時のシートと機材はかなり古かったです。

 

まずシートに関して。

全体的に特筆すべき良い点はなく、悪い点をいえばシートピッチが狭すぎました。笑

 

エールフランスのシートピッチは身180cmほどの僕が足を組むのにも苦労するくらいに狭い。

これで12時間強のフライトはさすがにきつかったです。

 

足元にはフットレストがついていましたが、フットレストを付けるくらいならシートピッチをもう少し広くしろと言いたい。笑。

 

また、機材については写真の通り、かなり古め

高校生の頃にアメリカン航空を利用したことがあったのですが、そのころのディスプレイを彷彿とさせるくらいのがっかり度。

まずUSB充電できないってことがもうね

 

さらに、エンターテインメントの内容も乏しく、行きと帰りで見た映画はカンフーパンダとタイタニックだけ。

シートと機材に関しては色々と残念な点が多いエールフランス航空。

この点ではカタール航空中国国際航空の方が圧倒的に良かった

 

ただ、現在では最新の機体には大画面のタッチパネルディスプレイになっている上に、シートもかなり改善されているそう。

なので、僕が乗った時とは状況が少し異なっているかもしれませんね。

エールフランス航空の機内食

f:id:kunisfa0717:20180224122346j:plain

f:id:kunisfa0717:20180224122347j:plain

f:id:kunisfa0717:20180224122348j:plain

予めメニューが用意されており、日本からの直行便ということで日本語メニューも記載されています。ランチのみが食事の種類が選択可能でした。

 

また、エールフランスといえば、エコノミークラスでもシャンパンが飲めるというフランスの航空会社ならではのサービスがあります。

他のドリンクの種類はちょっと少な目かもしれません。

f:id:kunisfa0717:20180224122409j:plain

f:id:kunisfa0717:20180224122411j:plain

で、機内食ですがランチは普通で、ディナーは美味といったところ。

さすがヨーロッパ。パスタは機内食ながらも絶品で、この後フランスで食べた1,500円のゲロマズパスタとは天と地の差の味。

「これがヨーロッパの味か~!」と深く感動したのを覚えています。笑

 

ディナーについているフランスパンはお替り自由で、CAさんが度々おかわりを尋ねてくれます。

エールフランス航空の機内サービス

f:id:kunisfa0717:20180224122426j:plain

離陸直後に軽食としてお菓子が配られます。

可もなく不可もなくといった味ですが、映画のおつまみにはうってつけです。

 

また、ギャレーにはお菓子やドリンクが置いてあり、自由に取ることが出来ます

こちらのカタール航空の記事でも書きましたが、種類が豊富でした。

 

他に目立ったサービスは特にありませんでしたが、強いて言うならばCAの方とお客さんが気さくに会話しており、CAの印象はかなり好印象でした。

シャルルドゴール空港からパリ市内への行き方

シャルルドゴール空港からパリ市内へは電車での移動がおすすめです。

おすすめポイント

  • ほかの移動手段(タクシー・バス)と比べても比較的安い
  • 空港周りの渋滞の影響を受けない

からですね!

1度目のパリではバスを利用しましたが、空港周辺の高速道路は混雑していました。

 

2度目のパリでは電車を使用しましたが、渋滞の影響を受けずにストレス0で快適に移動することが出来ました◎笑



 

飛行機の旅を快適にするグッズ

パリまでは片道12時間の長旅になります。

 

そんな長時間のフライトを快適に過ごすためには、座席はもちろんですが快適グッズも必要。

これまで約40回のフライト経験をし、その中でより良い快適グッズを試行錯誤しながら探してきました!

最近のお気に入りだとこちらのDIY-SPACEのネックピロー。

 

いわゆるトラベルピローと言われるものですが、従来のU字タイプとは異なりマフラーのように首に巻くタイプ。

良い感じにフィットしてくれるので、首がかっくん…、なんてことは今は昔の話ですね。笑

 

シートプラスでちょっと快適に

エールフランスの魅力としては、お金を追加することで3列シートから2列シートに変更することが出来ます

 

これは座席数さえ余っていれば当日の空港でも変更することが出来ます

実際に帰国の際に利用してみましたが、3列から2列になったため席にもゆとりを感じることができ、比較的ゆっくりと過ごすことが出来ました。

詳しいことはエールフランス航空公式ホームページをご覧ください。

www.airfrance.co.jp

 

海外旅行プラン・見積もりならtownlife旅探し!【無料で詳細な問い合わせもOK】

f:id:kunisfa0717:20190612173554p:plain

ちなみにですが、海外旅行プランを考えるなら『townlife旅さがし』というサービスが個人的にはおすすめです。

townlife旅探しには特徴的な3つのメリットがあります。

  1. 簡単に一括で複数の旅行会社に問い合わせをすることができる。
  2. 同条件なので各会社の値段・プランを簡単に比較できる。
  3. 各地域で得意とする旅行会社からのプランを知ることができる。

要は、『旅行で面倒なプランニングを自分でせず、旅のプロに納得感のあるオリジナルプランを作ってもらえる』ということ

 

そして、なんと!問い合わせ料金は無料です…!

もちろん航空会社の指定もOKでして、『飛行機の出発時間・トランジットの回数』といった細かい希望も聞いてくれます◎

なので、今回の記事でエールフランス航空が気になった人はエールフランス航空に乗りたい旨を伝えればOKです。

思うに、townlife旅さがしはこういう考え・悩みを持つ人におすすめかと☟

  • 海外旅行について右も左もわからないから、ざっくりプランを作って欲しい
  • 航空会社の深夜便・早朝便指定や、トランジットでプチ観光をしてみたい
  • 旅行プランをじっくり作りたいけど、どうしたら良いのかわからない
  • 複数の旅行会社に行ったり、問い合わせしたりするのが面倒
  • 現地に詳しい旅行代理店同士で値段やプランを比較したい。
  • 大まかなプランを作ってもらって、細かいところを自分で決めてオリジナルプランにしたい

タカ
「「それでもなんか不安…」という方は、こちらの海外旅行プランを考える時間がないなら!タウンライフ旅さがしがおすすめ!という記事を読んでみるのもおすすめですね~!僕が実際に使用してみて感じたことやおすすめポイントなどをありのままでまとめていますので。笑」

海外旅行は決して安くありません。

なので、思い立ったらまずは即行動、勢いが大事。

 

townlife旅さがしなら、手軽に納得感のあるオリジナル海外旅行プランを無料で作ってくれるので、海外旅行の1歩を踏み始めるには最高のサービスです。

なので、少しでも気になったのであればぜひ問い合わせをしてみてくださいね◎

『townlife旅探し』で海外旅行の見積もりを無料で問い合わせてみる

まとめ|フランスへ最短で行きたいならエールフランス航空はあり

今回の記事のまとめ

  • エールフランス航空は、
  • 値段が高く、座席が狭く、機材も古い
  • JALマイルが溜まる
  • フランスへ最短でいける直行便

ということでした!

タカ
「以上、学生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)がお届けしました~!」

-フランス旅行, 飛行機搭乗記録

Copyright© 得する旅、損する旅 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.