超オススメ!ハンブルクにあるミニチュアワンダーランドがガチで凄すぎた

こんばんは!

 

 

今回紹介するのは、ドイツのハンブルクにある『ミニチュアワンダーランド』

ここはハンブルクの赤レンガ倉庫群の一角にある施設で、

何気なく行ったのですが予想外にも期待を裏切られました。笑

 

写真を交えながら、ミニチュアワンダーランドの魅力をお伝えしたいと思います!

 

行き方と料金

Hamburg Hauptbahnhof駅の南西に赤レンガ倉庫群が位置し、その一角の内部にあります。

 

近くには脱出ゲームなどもあったので、

ここらにある世界遺産の赤レンガ倉庫群は、

一種のアミューズメント施設なのかもしれませんね。

詳しくはgoogleマップで。

 

料金は一番高くても大人13ドルなのでかなりリーズナブルです。

 

 

 

ミニチュアワンダーランドの魅力

規模が半端ない

f:id:kunisfa0717:20170917132850j:plain

f:id:kunisfa0717:20170917132516j:plain

このミニチュアワンダーランドの魅力の1つがなんといっても、規模が世界最大ということ。

 

「世界最大は大げさでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、本当に凄いんです!

建物自体は2階から5階までで、ミニチュアのエリアは3階から5階にあり、

ワンフロアあたりの広さが学校の教室10個分ぐらいあります。

 

さらに床や壁にもミニチュアの世界が散りばめられており、飽きることなく楽しめます!

言葉で説明が難しいので、その規模の凄さは写真から感じてください。

 

とにかく細かい

f:id:kunisfa0717:20170917132427j:plain

f:id:kunisfa0717:20170917132430j:plain

f:id:kunisfa0717:20170917133252j:plain

それぞれのミニチュア11つがとにかく細かいんです!

 

部屋の内部・看板の広告など、

通常見ないであろう部分までしっかり細工されています。

 

また大人も楽しめるような工夫もされており、

例えばアルプスにはハイジとペーターがいます。

その他にも隠れキャラクターがあちこちにいます。

 

場されるパンフレットに隠れキャラクターが紹介されているので、

ただ見るだけでなくキャラクター探しも十分に楽しむことができます。

 

馴染み深い場所ばかり

f:id:kunisfa0717:20170917132548j:plain

f:id:kunisfa0717:20170917132545j:plain

f:id:kunisfa0717:20170917132716j:plain

f:id:kunisfa0717:20170917132729j:plain

f:id:kunisfa0717:20170917132744j:plain

ここに展示されているミニチュアの世界はどれも馴染み深い場所ばかりです。

 

スイスのマッターホルンや、イタリアのナポリ・バチカン市国、ドイツのノイシュヴァンシュタイン城などなど、

一度は聞いたことあるような地域ばかりです。

 

開館した当初はヨーロッパだけだったそうですが、

今ではグランドキャニオン・ラスベガスなどのアメリカエリアも展示されています。

アメリカのエリアでは、細かく再現された山肌を列車が走っていたりと、

まるで自分がそこにいるかのような気分になりました。

 

今後もエリアは拡大していくそうなので、

行くたびに楽しみが増えそうですね(^^)

 

 

昼と夜の設定

f:id:kunisfa0717:20170917133051j:plain

f:id:kunisfa0717:20170917133053j:plain

なんとここではミニチュアの世界にも関わらず、昼と夜の設定がされています。

 

30分程度の間隔で昼夜が切り替わり、

夜になると各場所でライトアップされるので、

昼の世界とはまた違った世界を楽しむことが出来ます。

 

ミニチュアなのに制御室!?

f:id:kunisfa0717:20170917133122j:plain

どこの階か忘れましたが、館内にはミニチュアの世界を制御する制御室まであり、

こで人・列車・昼夜などを操作しています。

 

オープンルームになっているので、

その周りには目を輝かせた子供と大人で溢れかえっていました。

 

また、制御室だけでなく日々ミニチュアを作る制作室もオープンルームになっているので、こちらも人で溢れかえっておりました。

まさに職人技としか言いようがない器用な手つきです。

 

子供も大人も夢中になること間違いなしです!

 

 

オススメエリア

f:id:kunisfa0717:20170916134833j:plain

f:id:kunisfa0717:20170917133206j:plain

f:id:kunisfa0717:20170917133201j:plain

僕がこのミニチュアワンダーランドで一番オススメしたいエリアはクヌッフィンゲン空港エリアです。

 

というのも、ここでは飛行機の離着陸を忠実に再現しており、ミニチュアの飛行機が実際に離着陸します。

 

さらに凄いのはこれだけではないんです。

僕が魅了された最大の凄さは、着陸した飛行機がそのまま滑走路からターミナルへ移動し、

荷物を受け取る車が飛行機に近づいてくるところまで再現されていました。

このリアルさには、僕含めて周りの大人たちも釘付けになっていました。笑

 

飛行機に興味がなかったとしても間違いなく感動するので、行った際は絶対に見てください!

 

Googleマップで動画が見れる!?

行ってから知ったのですが、Googleマップでミニチュアワンダーランドの世界を体験できるみたいです。

実際の目線で見てみると、上から見るのと違った面白さがありますね!

www.google.com

 

行く前に知っておきたいこと

予約制

これは行ってからの知ったのですが、ミニチュアワンダーランドの入場は予約制になっています。

 

予約制といっても時間帯指定されているだけなので、

希望の時間帯が空いていれば難なく入れますし、

当日入れないということはないのでご安心を。

 

僕は土曜日の昼過ぎという子連れが多い時間帯に行ったのですが、

到着時間+1時間くらいで入場することができました。

 

また、ここは待ち時間の過ごし方までよく考えられています。

館内には大きなお土産エリアに、豊富な座席数があるカフェも併設されています。

高速の無料Wi-Fiまで完備されているので、本当に文句なしです!

 

学割が適用される

これはこの施設に限らないのですが、

ヨーロッパの施設は学割が適用されるところが比較的多いです。

 

僕は当時持っていなかったのですが、

受付の人が気を利かせてくれて学生扱いにしてくれました。

 

ただ、毎度そうとは限りませんし、5ユーロ程度も割引されるので、国際学生証は携帯しておくことをオススメします!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

大人も子供も楽しむことが出来るミニチュアワンダーランド。

 

魅力たっぷりで夢中になること間違いなしですので、

ハンブルクに行く際はぜひ行ってみてください(^^)

 

 

ランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク