ドイツ旅行

【ドイツ旅行・観光】ミュンヘンを女子旅におすすめする4つの理由

f:id:kunisfa0717:20190430192231p:plain

ノイシュヴァンシュタイン城やローテンブルクに行ってみたいと思ってドイツのミュンヘンに女子旅で行こうと考えている。女子旅にミュンヘンってどうなんだろう?

 

今回はそういった"女子旅でミュンヘン旅行を検討している人"に向けた記事になります。

タビジョ(旅女)シリーズ第4弾!

 

ドイツといえば、ソーセージにビール!それにベンツやBMWといった車も有名ですよね。ベルリンの壁やケルン大聖堂だったりと、有名な観光地も多いドイツ。

 

そんなドイツの都市でおすすめなのがミュンヘン

ミュンヘン周辺にはシンデレラ城のモチーフになったノイシュヴァンシュタイン城や、中世のヨーロッパの街並みが残るローテンブルクがあったり。

 

そして、なんと、国境を越えてオーストリアのザルツブルクへ日帰りで行くことも

もちろん、名物には白ソーセージや白ビールがあったり、グルメ面でもおすすめなんです◎

 

ロマンと活気が溢れる街。それがミュンヘン。

 

今回はそんなミュンヘンの都市を女子旅でおすすめする4つの理由とミュンヘン女子旅で絶対に訪れるべきインスタ映えスポットを記事にまとめました!

 

女子旅でミュンヘン旅行を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください~!

ドイツ旅行関連のおすすめ記事

女子旅にミュンヘンをおすすめする4つの理由

おとぎの国を実感できる可愛らしい街をたくさん周ることが出来る!

おとぎの国といわれるドイツ。

その理由はミュンヘン周辺にあるロマンティック街道があるから。

ここは中世の面影を残る街が連なる街道なんです。

 

f:id:kunisfa0717:20190430214112j:plain

例えば、後ほど紹介するローテンブルク。

ここは木組みで出来た可愛らしい小さな街です。

 

f:id:kunisfa0717:20190430214146j:plain

その他にもソーセージが有名なニュルンベルクであったり。

個性と歴史溢れる街がロマンティック街道には多くあるんですよね!

 

そんな街をいーっぱい周ることができるのも、ミュンヘンを拠点にした旅行ならではの魅力なんです。

また、バイエルンチケットといってバイエルン州の電車を1日自由に乗り降りできるチケットが売っていので、それを使えば1日でいくつもの街へ訪れることも!

 

バイエルンチケットは利用人数によって料金が変動するんですが、1人だと1日€25ですが、5人の場合だと1日€10程度で乗ることも!ぶっ飛んだ破格です。笑

(参考)バイエルンチケット オンラインとアプリでの購入方法から利用範囲まで徹底解説 | Amazing TRIP

周辺観光地へのアクセスも◎

ミュンヘン周辺には観光地が多くあります。

さらに、ミュンヘン含むバイエルン州では、先ほど紹介したバイエルンチケットで1日電車が乗り放題になるので、非常にアクセスしやすいんですよね。

 

f:id:kunisfa0717:20190430214243j:plain

バイエルンチケットを使えば、ノイシュヴァンシュタイン城やローテンブルクはもちろん、オーストリアのザルツブルクへ行くことも!

 

ミュンヘンを拠点に旅行をすれば、色々なニーズを持つ女の子のわがままを叶えてくれますよ~!その点でも、ミュンヘンは女子旅におすすめなんですよね!

物価が(西ヨーロッパと比べて)安い

これはミュンヘンに限った話ではないんですが、ドイツは西ヨーロッパ諸国に比べて物価が少し安いんです。

 

西ヨーロッパの物価が高い代表国パリやロンドンは日本の1.25~1.5倍ぐらいの感覚です。

ドイツ国内でも東と西で格差はありますが、物価の高いと言われている西ドイツのミュンヘンでも日本と同等、あるいはそれよりも少しだけ高め(日本×1.1倍)といったところ。

 

例えばバイエルンチケットが最大で1日€10というのは、安さを直に実感できるポイントであるはず。

物価が安いと現地で使うお金の心配も減るので、より旅行を楽しめますよね!

 

ただ!

外食費だけは店によってばらつきがちなので要注意ですよ~!

(例えば、日本食だと€10でボリューム満点の量を食べることが出来ますが、そこそこちゃんとしたレストランでドイツ料理を食べてビールも飲むと€25程度したりします。こればっかりは店に依るところが大きいので、一概に安い高いは言い難いんですよね。)

 

 

世界最大のビールの祭典!オクトーバーフェスト!

4つ目はオクトーバーフェスト!

 

世界最大のビールの祭典であり、ドイツがビール大国といわれる所以ですね!

9月中旬から10月初旬にかけて世界から600万人もやってくるんだとか!

 

f:id:kunisfa0717:20190430214752j:plain

これはネットから拝借した写真。

ドイツのビールは本当に美味しいので、美味しいビールをこんな活気の中で飲めるなんて…!もうね。この雰囲気。最高です。

(お酒で羽目を外すことは殆どない僕ですが、これは流石に羽目を外さずにはいられません、、、!)

 

僕は冬に行ったため、あいにく参加することは出来なかったのですが、ドイツのミュンヘンといえば、真っ先にオクトーバーフェストが挙がってもおかしくないくらい有名。

こんな活気あふれる場所で思う存分わいわいできる!

この点でもミュンヘンを拠点にした女子旅におすすめなんです!

 

インスタ映え!女子旅でミュンヘンを訪れるなら絶対にここは外せない4つのスポット!

レジデンツ

f:id:kunisfa0717:20190430215037j:plain

f:id:kunisfa0717:20190430215041j:plain

1つ目はレジデンツ!

 

その前に、最初に1つ断らせてください!

僕、ここに行っていません…!

 

ただ、仲良い旅好きのタビジョが一押ししていたので、女子受けスポットであることは間違いありません!断言できます!

 

以下、タビジョ友達から言葉を頂いているので、それを紹介させていただきますね。

 

圧倒的な迫力や装飾のきめ細かさが本当に凄くて、ヨーロッパに来たんだな~、ということを凄く感じました!
天井に散りばめられた装飾や絵が本当に綺麗で、女の子なら魅了されること間違いありません。


私が世界史を勉強していたこともあって、歴史に触れられたっていうのも大きいかも!

豪華絢爛さがありつつも、人も多くないので、のんびり過ごすこともできますよ~◎

ただ、建物自体がとても広いので、全部見て周りたい方は2,3時間ぐらいの余裕を持つことをおすすめします!

ノイシュヴァンシュタイン城

f:id:kunisfa0717:20190430215118j:plain

2つ目はノイシュヴァンシュタイン城!

言わずもがな。ミュンヘン、いやドイツの定番観光地ですね!

 

男の僕でも、ここに来た時はドイツで一番といっていいくらい興奮しましたね~!笑

 

山の中に静かにたたずむ様子が、まさにおとぎの国の城といった感じ。

お姫様が眠っていそうな雰囲気なんです。

 

ノイシュヴァンシュタイン城は山の中腹に建っているので、山の麓から城に近づくにつれて感じる高揚感、わくわくはきっとあなたを海外旅行に来たという実感を与えてくれるはず!

 

f:id:kunisfa0717:20190430215253j:plain

おすすめはマエリン橋から見るノイシュヴァンシュタイン城

時期によっては閉鎖されていることもあるそうですが、行けるなら絶対に行ってください!孤高にそびえ立つノイシュヴァンシュタイン城の美しさがより際立ちます。

本当に息を飲み込むほどの美しさなんです…!

ロマン溢れる、まさにインスタ映えな景色です◎

ローテンブルク

f:id:kunisfa0717:20190430215237j:plain

3つ目はローテンブルク!

 

中世のヨーロッパを感じることができる街並み。

木組みで出来た街並みは本当に可愛らしいんです…!

 

なんかね、歩いているだけでメルヘンの世界に来た気分になる感じ。

(男の僕が一人旅で行っただけでそう感じたので、女子旅で行ったらヒィヒィ待ったなし。)

 

f:id:kunisfa0717:20190430215319j:plain

これ適当に撮った路地裏なんですが、中々様になっていません?笑

そう。どこを切り取ってもインスタ映えになるような街なんです!

 

日本人が経営するお店だったり、クロネコヤマトの宅急便が使える店があったりと、そのことからも日本人が特に好きな街であるということも伺えますね!

(ただその分、日本感が出ているので海外感はちょっと落ちますが、、、。)

f:id:kunisfa0717:20190430215356j:plain

街自体は小さいので観光地時間は2時間もあれば十分なのですが、ミュンヘンからは片道でも3時間以上はかかります

なのでアクセスだけはかなり悪い、その点ご注意を…!

 

タカ
僕がここへ行った時の状況は「男×一人旅」といういかにも寂しい(笑)状況だったので、一人歩いているだけでむなしさも感じました、、、笑」

 

ホフブロイハウス

f:id:kunisfa0717:20190430215443j:plain

4つ目はホフブロイハウス。

ミュンヘンにあるビアホール!

 

ここは3,000を収容できるほどの大きさを持つ超有名なビアホールなんです!デカすぎ!

 

また、ビールを1ℓジョッキで飲むこともできるんですよね!

 

1ℓジョッキなんて日本では中々おめにかかることは出来ないので、写真を撮ったら即インスタ行きですよ!笑

 

店内には人の活気はもちろん、音楽隊による演奏があったり、相席したドイツ人が気さくに話しかけてくれたりと、日本では絶対に体験できないビアホールなんです。

もちろん、ミュンヘン名物の白ビールや白ソーセージも食べることが出来ます◎

f:id:kunisfa0717:20190430215530j:plain

もうね、色々と規格外すぎて一人で行っても楽しすぎました。笑

ビール好きの女子はもちろんですが、ただわいわい飲みたい、話したい女の子も楽しめること間違いないんで、ぜひ行ってみてくださいね!

 

ミュンヘン旅行はツアーも検討すべし【おすすめのツアー会社も紹介】

f:id:kunisfa0717:20190612173554p:plain

安く旅行をする=個人手配」という考えが主流になりつつあります…が!

ツアーにはツアーのメリットもあり、安く旅行をするのならば個人手配だけでなくツアーも検討すべきです。

というのも、

  • 旅行会社と提携しているホテルは格安で泊まることができる
  • 旅行会社が買った団体用航空券をバラで売りしている場合がある
  • 自分でホテル・航空券を比較する手間を省ける(=時間をお金で買う)
  • 旅行中での万が一に対応してくれる(旅行前・中・後の手厚いサポート)

などなど。

場合によっては安く旅行をいける時間・安心感をお金で買うというメリットもあったりと、個人手配が流行りつつある海外旅行ですが、こういった観点からもツアーでの旅行もまだまだ見逃せません。

「ツアーのメリットはわかった。んで、ツアーもしっかり検討すべきだということもわかった。でも、旅行会社の種類も多いし、ツアーの種類も多いからどういう風に検討したら良いかわからない。」

そういった人におすすめなのが『タウンライフ旅さがし』というサービス!

タウンライフ旅さがしの特徴

  • 問い合わせ料は無料
  • 希望する具体的な旅行内容に応じた最適なプラン・予算見積もりを提示
  • 1度に複数の旅行会社に問い合わせが出来るので、プランや予算を最適化
  • 利用者のニーズにぴったりはまるようなプランを提示
  • 海外旅行のプロから貰える+αのアドバイス
  • 航空券・ホテル・現地ツアーなどを1度にまとめて予約が可能

僕も実際に使ってみましたが、問い合わせ方法も簡単でしたし、回答も早かったのでスムーズにやり取りをすることが出来ました。

そして、なにより問い合わせから担当者の方とのやり取りを複数回行っていくことで、その国の旅行のイメージがかなり湧いてくるんですよね。

もちろん、内容に納得いかなければそのまま他のツアーなりを検討してOK。
なので、ドイツ旅行に少しでも興味を持っているのなら、漠然とでもOKなので、ぜひ問い合わせをしてみましょう~!

まとめ|ロマンと活気あふれるミュンヘンは女子旅におすすめ!

おとぎの国ドイツ。

ロマン溢れるノイシュヴァンシュタイン城や中世のヨーロッパを感じることができるローテンブルク、そして豪華絢爛さを感じることができるレジデンツ。

また、白ソーセージや白ビールといったグルメ面でも充実しているミュンヘン。

 

オクトーバーフェストやホフブロイハウスといった活気も溢れているので、わいわい楽しめること間違いなしです!

 

また、治安もそこまで気にするほど悪くありません。

 

ぜひ、気をつけて、楽しい女子旅をミュンヘンで過ごしてくださいね!

 

 

以上、学生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)でした!

-ドイツ旅行

Copyright© 得する旅、損する旅 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.