マレーシア旅行

初めてのクアラルンプール観光におすすめの日数は?【効率よく観光できるモデルコースも紹介】

f:id:kunisfa0717:20190916162856p:plain

初めてクアラルンプールへ行く人「今度初めてクアラルンプールへ行く予定。有名どころとかを効率よく見て周りたいんだけど、どれくらいの日数が必要なんだろう。日数とその日数にあったモデルコースを知りたい。」

今回はそういった人にぴったりの記事!

 

マレーシアの首都クアラルンプール。

クアラルンプールといえばランドマークでもあるペドロナスツインタワーが有名ですよね。

だけど、それ以外の観光地って何があるんだろう?

そういった人もきっと多いはず。

 

僕もクアラルンプールへ行ってみるまではそういう感じでしたし、実際にクアラルンプールへ行った友達にも「クアラルンプールは見どころがないからめっちゃ暇やで」と言われました。笑

 

ですが!

実際にクアラルンプールへ行ってみると、思っていたよりも観光地が多くてびっくりしました!改めて、実際に訪れてみることの大事さを確認しましたね。

 

今回の記事では、そんなクアラルンプールを初めて訪れる人に向けて必要な観光日数・おすすめのモデルコース・行く前に知っておきたいことを記事にまとめました。

タカ
「クアラルンプール観光をする予定の人はぜひ最後までご覧くださいね~!」

初めてのクアラルンプール観光に必要な日数

気になる日数ですが、

ズバリ…、2

2日あれば初めてのクアラルンプール観光は十分楽しめるんじゃあないかなと!

  • クアラルンプール市内での必須観光地が少ない
  • 郊外にある観光地は1日あれば十分見終わる
  • 交通網が発達しており、配車アプリGrabがかなり普及している

クアラルンプールはただビルがそびえ立った、虚栄の都会ではなく、交通網も発達し、配車アプリのGrabもかなり普及しており、予想以上の都会具合でした。

今回の記事でも何度か登場しますが、Grab(Uberのようなアプリ)はとにかく便利でしたね。

 

それでは、次にそんなクアラルンプール観光のおすすめモデルコースを見てみましょう!

初めてのクアラルンプール観光におすすめのモデルコース

モデルコース

  • 1日目 午後:クアラルンプール着
  • 2日目 午前:バドゥ洞窟、KLセントラルマーケット
  • 2日目 午後:KLタワー、パビリオン、ペドロナスツインタワー
  • 3日目 午前:ブルーモスク観光
  • 3日目 午後:ピンクモスク観光、帰国

わりとゆとりをもったモデルコースなので、このモデルコースをべースにしてもらいあとは行きたいところを随所に追加してもらえれば良いかな、と!

また、ペドロナスツインタワーが一番の見どころかと思いきや、意外と粒揃いの観光地が揃っているんですよね。笑

 

このなかで個人的にはブルーモスクがおすすめ

世界で4番目の大きさを誇るブルーモスクはその大きさも見事ながら、青と白のコントラストの美しさも見ものです。かなり写真映えしますね。

さらに、ブルーモスク内では無料でガイド(英語)もしてもらうことができ、イスラム教・モスクについて勉強することが出来ます。これがかなり良かった!

ブルーモスクはクアラルンプール観光で一番おすすめ!

京大旅ブロガーが解説!ブルーモスクとピンクモスクを1日で効果的に周る方法とは

おすすめの航空会社・フライトスケジュール

クアラルンプールへはLCC含めいくつかの航空会社が直行便を出しています。

なので、スケジュールは比較的自由に決めることができるんですよね。

ということで、今回はマレーシア航空の週末弾丸旅行を想定してみました☟

航空会社:マレーシア航空

  • 行き(金曜日):955分 関空発 ⇒ 1555分クアラルンプール着
  • 帰り(日曜日):2240分 クアラルンプール発 ⇒ 540分(+1)関空着

あるいは、

f:id:kunisfa0717:20190914152735j:plain

航空会社:エアアジアX

  • 行き(木曜日):2200分 関空発 ⇒ 410分 (+1)クアラルンプール着
  • 帰り(日曜日):1415分 クアラルンプール発 ⇒ 2140分関空着

というスケジュールも良いかなと思います。

 

おすすめポイント

  • 預ける荷物がなく、値段を抑えるならエアアジア
  • 預ける荷物があり、快適性などを求めるならマレーシア航空

f:id:kunisfa0717:20190914184207j:plain

ちなみに、僕は時間があったので経由便ですがベトナム航空を利用しました。

ベトナム航空のポイント

  • 往復総額は3.2万円
  • 座席が広い
  • 機内食が美味しい
  • 充実した機内映画

といった感じで、コスパが抜群に良かった航空会社でした。

気になる方はぜひ☟のレビュー記事をご覧ください◎ 

評判が気になるベトナム航空(B787-9)に乗ってきた!【座席・機内食・荷物など】

LCC顔負け!ベトナム航空(A321)に乗ってきたのでレポートする【座席・機内食・荷物など】

クアラルンプール観光1日目

f:id:kunisfa0717:20190916171402j:plain

観光初日。空港からまずは市内への移動ですが、基本的にクアラルンプール観光での移動は全部Grabがおすすめです。

Grabの特徴

  • 自分の希望場所に迎えに来てくれる
  • 配車するまでの時間が短く、呼べばすぐに来る
  • 事前に移動料金がわかる上に、安い
  • クレジットカードを登録することで、車内での金銭のやり取りなし

行きは空港でリムジンタクシーを手配したのですが、荷物料金込みで1120RMほど。

対して、市内から空港へ行く際にGrabを利用したところ172.8RMGrabでは荷物料金・深夜料金などは発生しません。ただし、高速料金はかかります。)

1RM=26円程度なので約1,500円もお得です。

 

なので、移動の際はGrabを使うことを強くおすすめします◎

f:id:kunisfa0717:20190916171412j:plain

f:id:kunisfa0717:20190916171414j:plain

f:id:kunisfa0717:20190916171433j:plain

f:id:kunisfa0717:20190916171415j:plain

ホテルは『ホテル イビス クアラルンプール シティ センター』がおすすめですね。

  • 11室あたり7,000
  • 2018年に出来たので建物が綺麗
  • 部屋からツインタワーが見える(全室ではないので予約時に伝える)
  • 昼夜問わずお湯が出る
  • 屋上にあるインフィニティプールからツインタワーが見える
  • 豪華な朝食付き

といった感じで、コスパ抜群

そのほか、ツインタワーやKLタワーへも比較的近いので観光の拠点としても最適。

 

f:id:kunisfa0717:20190916171459j:plain

f:id:kunisfa0717:20190916171500j:plain

f:id:kunisfa0717:20190916171520j:plain

チェックインしたあとは、夜市へ行きましょう。

観光者向けの夜市なので値段は少し高めですが、それでも日本と比べるとだいぶ安い。

マレーシア料理は中華系の料理が多く、スパイシーで美味しいものが多いので、ビールと抜群に相性が良いですよ◎

クアラルンプール観光2日目

f:id:kunisfa0717:20190916171540j:plain

観光2日目の朝は、Grabを使ってまずバドゥ洞窟へ。(1台・約500円)

バドゥ洞窟はヒンドゥー教関連の施設でして、随所にヒンドゥー教の神々が祭られています。

なので、ヒンドゥー教の神々について予習しておくとより面白いですよ。

(宗教施設にはなっていますが、一応半ズボンでも行くことは可能です。)

f:id:kunisfa0717:20190916171552j:plain

最近修繕されたようでして、綺麗なカラフル階段です。

ただ、登るとなれば話は別でかなり急峻。手すりを持たなくても登ることは出来ますが、体力に自信がない方は無理をせず、手すりを持ちながらゆっくり上りましょう◎笑

 

また、階段あたりからサルが出没してきます!

このサルたちは人間の持ち物を常に狙っているので、決して油断せず、荷物をがっつり守ってくださいね。(一瞬のスキに取られます、マジで。)

f:id:kunisfa0717:20190916171617j:plain

f:id:kunisfa0717:20190916171618j:plain

洞窟、もとい鍾乳洞は涼しいかと思いきや、そんなこともなく、結構湿度も高め。

売店もあるのでこまめな水分補給を忘れずに。

f:id:kunisfa0717:20190916171633j:plain

バドゥ洞窟からはGrabを使って市内へ戻っても良いのですか、わりと駅直結なので電車を利用するのも良いですね。

ということで、電車を使って次はKLセントラルマーケットへ。(1人約100円)

 

f:id:kunisfa0717:20190916171645j:plain

KLセントラルマーケットにはお土産やフードコートがあります。

お土産はガイドブックに載っているものも多くあり、マレーシア名物のナマコ石鹸やハンドクリームなどはここで安く買うことが出来ます。

なので、KLセントラルである程度お土産を買っておくのがおすすめ。

 

あわせてフードコートで食事もとっておきましょう◎

 

f:id:kunisfa0717:20190916171737j:plain

f:id:kunisfa0717:20190916171738j:plain

そのあとは、Grabを使ってKLタワーへ。

KLタワーは夜にも登ることが出来るのですが、個人的には昼間に登るのがおすすめ。

というのも、一番上にあるスカイデッキというテラス×鏡張りという高所恐怖症殺しの体験が出来るから。

タカ
「高所恐怖症の僕は普通に腰が引いてしまいました^^;(その横で彼女は平然と立っていたのですが…。笑)」

また、夜景はこのあと紹介するHeri Loung Barでたっぷり堪能できるので、Klタワーはぜひ昼間に登りましょう◎

 

KLタワーのあとはパビリオンへ。

パビリオンはショッピングモールでして、ファッションからグルメなどさまざまあります。

f:id:kunisfa0717:20190915162001j:plain

f:id:kunisfa0717:20190915161954j:plain

ここではtealiveというマレーシアで一番人気のタピオカを飲んで一息休憩です。

タピラー太鼓判!日本未上陸のタピオカtealiveをおすすめする3つの理由

 

f:id:kunisfa0717:20190916171829j:plain

f:id:kunisfa0717:20190916171842j:plain

また、ついこの間日本に初上陸した幸福堂という台湾発祥のタピオカもありますので、そちらを飲むのもありですね。

海外では日本と違って、並ばず・安くタピオカを飲むことが出来ます。なので、休憩がてらにタピ巡りをするのもおすすめですよ~!

 

この時点で時刻は夕方。

本日最後の観光はペドロナスツインタワー!

外から見るのも良いですが、ペドロナスツインタワーは中に登ることもできます。

(ただし、事前に予約する必要があります。)

 

f:id:kunisfa0717:20190916171915j:plain

f:id:kunisfa0717:20190916171924j:plain

f:id:kunisfa0717:20190916171926j:plain

2段階で登る仕様になっておりまして、まず初めにツインタワーのデッキ部分へ。

ぶっちゃけここはあまり迫力がないんですが(笑)、中腹から左右のタワーを見上げる、見下ろせば、きっと近未来感を感じるはず!

タカ
「10年ちょっと前に出来たタワーとは思えないほど、近未来感を感じましたね~。」

デッキ部分は15分?(うろ覚え)程度しか滞在出来ず、そのあと頂上の方へ移動します。

f:id:kunisfa0717:20190916172029j:plain

流石にこの高さになってくると、迫力満点。

特に、真横にもう一棟のツインタワーが並んでいるのを見ると、自分のいる高さに恐怖すら感じましたね…。

 

こちらは20~30分ほど?滞在可能。そのあとは、中腹のお土産エリアに寄って終了。

タカ
1階にもお土産エリアはあり、そっちのほうが種類は豊富でしたので、1階で買うのが個人的にはおすすめです。」

f:id:kunisfa0717:20190916172053j:plain

帰ることにはあたりは夜になっているはずですので、最後は下からパシャリとツインタワーを収めましょう◎

 

f:id:kunisfa0717:20190916172117j:plain

そして、1日の〆はさきほども少し触れたHeli Rounge Barで!

f:id:kunisfa0717:20190916172207j:plain

屋上のヘリポートを活かしたバーでして、周囲には柵などの遮るものがなくかなり開放的。

音楽なども流れていて、雰囲気は抜群です。

f:id:kunisfa0717:20190916172356j:plain

KLタワーも見ることが出来ますが、一番人気はツインタワー側の座席。

週末になると混雑するそうなので、ホテルの人などに伝えて予約しておくのが良いかと!

クアラルンプール観光3日目

観光最終日は2大モスク観光。

まずはGrabを使ってブルーモスクへ。(1台・約800円)

f:id:kunisfa0717:20190916172423j:plain

ブルーモスクは観光者向けというよりも、イスラム教徒の方向け?のモスクでして、観光客はあまりいませんでした。

ここでは個人で周るのではなく、現地の方のガイドが同伴のもと周ります。

 

f:id:kunisfa0717:20190916172452j:plain

f:id:kunisfa0717:20190916172454j:plain

世界で4番目の大きさを誇るブルーモスクなので、その大きさは見事。

写真映えする青と白のコントラストの美しさも見ものですね。

 

f:id:kunisfa0717:20190916172425j:plain

また、ガイドは45~1時間程度の案内で思っていたよりも長めだったんですが、予想をはるかにうわ周るほど良かったです。

英語でのガイドなので聞き取れないこともしばしばあったのですが、とても聞き取りやすい英語でして、たとえ話などもふんだんに使ってくれるので英語が苦手な僕でもある程度理解できました。

 

イスラム教の基礎、モスクの基礎などを教えてくれるので、かなり有意義な時間でしたね。笑

 

f:id:kunisfa0717:20190916172511j:plain

そのあとは、Grabを使いピンクモスクへ。(1台・約1,400円)

ピンクモスクは、ブルーモスクとはうって変わり観光者だらけ。笑

観光バスなども多く泊まっており、イスラム教徒よりも明らかに観光客が多かったですね。

 

f:id:kunisfa0717:20190916172520j:plain

f:id:kunisfa0717:20190916172521j:plain

f:id:kunisfa0717:20190916172522j:plain

モスク全体がピンクなので、可愛さ的にピンクモスクが圧勝ですね。

個人差はあるかもしれませんが、インスタ映え的にもピンクモスクの方が軍配はありそうで、女性の方はほぼ間違いなくピンクモスクの方が好きになりそうな感じがしました。

 

ピンクモスクの周りにある川ではクルーズ船も運行しており、水辺からピンクモスクを取ることが出来ます。水面に映るピンクモスクを取りたい方は、ぜひ乗ってみてはいかがでしょうか。

 

また2大モスクを周るツアーがVELTRAなどで用意されていますが、ぶっちゃけ高額です。

ツアーではなくGrabを使えば、

  • ホテルから直接移動できる
  • 移動費などを含めても1121RM=3,146円)(2人だと半分)

ですので、かなりお得ですよね。

京大旅ブロガーが解説!ブルーモスクとピンクモスクを1日で効果的に周る方法とは

ツアーを利用することはしばしばあり、ツアーにはツアーの魅力はあるのですが…。

如何せん、Grabが神過ぎてクアラルンプールでは相手にならないのです^^;

 

話は戻して、ピンクモスク観光が終わればGrabを使って市内へ(1台約1,000円)

おそらく、この時点で市内に着くのは15~16時ごろ。

飛行機は夜発なので20時前ごろにGrabを使って空港へ向かえば大丈夫かと!

 

なので、それまでは各々に行きたいところへいってみてください◎

2日目のペドロナスツインタワーの予約が取れなかった場合は、この日に行くので良いかもですね。)

初めてのクアラルンプール観光の前に知っておきたいこと

クアラルンプール観光の前に知っておいて欲しい3つのこと

  • クアラルンプールは世界で一番5つ星ホテルが安い
  • クアラルンプールは蒸し暑く、時期によってはスコールもあるのでGrabは必須
  • 日数に余裕があればマラッカ・離島へ行くのもおすすめ(離島まで片道2,000円~) 

世界で一番5つ星ホテルが安い

f:id:kunisfa0717:20190916171302j:plain

クアラルンプールは世界で一番5つ星ホテルが安いと言われています。

あまりホテルには詳しくない僕ですら知っている「マリオット」「ウェスティン」といったホテルでも2人で泊まれば5,000円ちょっとで泊まれたりするんですよね。

日本ではなかなか手が届かないであろうホテルもクアラルンプールならお手ごろ価格で泊まることが出来るんです…!

 

f:id:kunisfa0717:20190916171316j:plain

ただ、今回の旅行ではホテルでゆっくりするという時間があまりないため、わざわざ5つ星ホテルに泊まる必要はないかなと思います。

なので、日数に余裕がある人のみ5つ星ホテルに泊まってみるのも良いでしょう◎

蒸し暑いのでGrabは必須

今回のモデルコースでも必須となっていますが、このモデルコースで周らないとしてもGrabを利用することを強くおすすめします。

観光1日目の項目でも紹介しましたが、Grabを使えば日本のタクシー配車アプリがいかにオワコンかということがわかる神アプリなんです。

 

利用には通信環境が必要なので、simフリー端末かポケットwi-fiの用意が必要ですが、その手間以上にメリットが大きいアプリ。

これがあるかないかで旅行の満足度もかなり変わってきます!(まじな話)

 

ですので、クアラルンプール旅行に向けて必ず準備しておきましょうね!

au限定ですがsimフリー設定に関する記事はこちら

【auユーザー向け】iphoneのsimロックを解除してsimフリー化する方法

Grabの利用方法などに関する記事はこちら

タクシー配車アプリ「Grab(グラブ)」の使い方 | TRIPPING!

日数に余裕があればマラッカ・離島へ行くのもおすすめ

今回はクアラルンプールのみに注目してプランを組みましたが、時間に余裕があればマラッカや離島へ行くのもおすすめです。

 

f:id:kunisfa0717:20190916171138j:plain

過去にマレーシアがヨーロッパ諸国に統治されていた影響で、マラッカではヨーロッパの街並み・建物の雰囲気を感じることが出来ます。

また、マラッカはかの有名な小説「深夜特急」でも登場しており、「夕日を見るためだけにマラッカに来た」と書かれている程、夕日がきれいな街。

 

f:id:kunisfa0717:20190916171151j:plain

実際、僕もマラッカで夕日を見たのですが、たしかにそれに値するほど美しい夕日でした。

タカ
「一緒に行っていた彼女も「夕日を見るためだけに来る価値はある」と言っていましたね。」

Grabを使えば空港から1160~180RM、日本円で4,200~4,700円程度で行くことが出来ますので、2人以上の旅行ならGrabを使って気軽に行ってみましょう◎

初めてのマラッカ観光に必要な日数は?【効率的に観光出来るモデルコースも紹介!】

タカ
「空港から約1時間半で行くことが出来ます。空港、マラッカともにクアラルンプール市内の南に位置するため、クアラルンプール⇒離島⇒クアラルンプール⇒マラッカ⇒クアラルンプールのプランが個人的にはおすすめです。」

f:id:kunisfa0717:20190916171228j:plain

そのほか、ボルネオ島・ペナン島・ランカウイ島へもクアラルンプールから格安で行くことが出来ます。(片道2,000円~)

 

f:id:kunisfa0717:20190916171217j:plain

ボルネオ島とランカウイ島には実際に行ったことがあるのですが、どちらも甲乙つけがたいくらい良かったですね。

タカ
観光&格安でマリンアクティビティを楽しみつくしたい人はボルネオ島のんびりリゾートホテルでゆっくり過ごしたい人はランカウイ島がおすすめかな?」

もし時間に余裕があるなら、このあたりにも寄ってみるのもかなりおすすめです◎

【マレーシア旅行・観光】コタキナバルを女子旅に“超”おすすめする5つの理由

初めてのランカウイ島観光に必要な日数は?【観光のモデルコースも紹介!】

行ってから後悔しないために!初めてランカウイ島へ行く前に知っておきたい5つのこと

海外旅行プランを旅のプロに決めてもらうという選択肢【無料で詳細プラン・見積もりまで】

f:id:kunisfa0717:20190612173554p:plain

ちなみにですが、巷には海外旅行プランをプロが無料で考えてくれるサービスがあります。それが『townlife旅さがし』というサービスでして、個人的にはわりとおすすめ。

townlife旅探しには特徴的な3つのメリットがあります。

その1.簡単に一括で複数の旅行会社に問い合わせが可能。

その2.同条件なので各会社の値段・プランを簡単に比較。

その3.各地域で得意とする旅行会社からのあなた専用のオリジナルプランの提案。

要は、『旅行で面倒なプランニングを自分でせず、旅のプロに納得感のあるオリジナルプランを作ってもらえる』ということ

 

そして、なんと!問い合わせ料金は無料です…!

もちろん航空会社の指定もOKでして、『飛行機の出発時間・トランジットの回数』といった細かい希望も聞いてくれます◎

思うに、townlife旅さがしはこういう考え・悩みを持つ人におすすめかと☟

✔海外旅行について右も左もわからないから、ざっくりプランを作って欲しい

航空会社の深夜便・早朝便指定や、トランジットでプチ観光をしてみたい

旅行プランをじっくり作りたいけど、どうしたら良いのかわからない

複数の旅行会社に行ったり、問い合わせしたりするのが面倒

現地に詳しい旅行代理店同士で値段やプランを比較したい。

大まかなプランを作ってもらって、細かいところを自分で決めてオリジナルプランにしたい

タカ
「「それでもなんか不安…」という方は、こちらの海外旅行プランを考える時間がないなら!タウンライフ旅さがしがおすすめ!という記事を読んでみるのもおすすめですね~!僕が実際に使用してみて感じたことやおすすめポイントなどをありのままでまとめていますので。笑」

海外旅行は決して安くありません。

なので、思い立ったらまずは即行動、勢いが大事。

townlife旅さがしなら、手軽に納得感のあるオリジナル海外旅行プランを無料で作ってくれるので、海外旅行の1歩を踏み始めるには最高のサービスです。

なので、少しでも気になったのであればぜひ問い合わせをしてみてくださいね◎

『townlife旅探し』で海外旅行の見積もりを無料で問い合わせてみる

まとめ|初めてのクアラルンプール観光は丸2(24日あれば十分!)

今回の記事のまとめ

  • クアラルンプール観光は丸2日あればOK
  • クアラルンプール観光にはGrabは必須
  • クアラルンプールは世界で一番5つ星ホテルが安い
  • 時間に余裕があればマラッカ・離島へ行くのもおすすめ

ということでした!

タカ
「以上、学生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)がお届けしました。」

☟合わせて読んでほしい記事☟

ひょっとするとあなたにぴったりの国は他にあるかも!?

f:id:kunisfa0717:20190608191340p:plain

【週末・弾丸で海外旅行!】初めての行き先でも3/4/5日間で楽しめる海外旅行先を一挙紹介!

 

-マレーシア旅行

Copyright© 得する旅、損する旅 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.