インドネシア旅行

タビジョ直伝!バリの女子旅を楽しむために必要な日数は?【物価・治安なども紹介!】

バリ島へ行く人「初めてのバリ島へ行く予定。観光にはどれくらいの日数が必要なんだろう?物価・治安・お土産など、バリ島旅行全般についてざっくばらんに教えて欲しいなあ~!」

今回はそういった人にぴったりの記事!

 

東南アジアで代表的なリゾート地であるバリ。

最近はマレーシア・タイなどのリゾート地が人気が高まってきていますが、依然としてバリもまだまだ人気。

おそらく、多くの日本人が一度は行ってみたいリゾート地の1つだと思います。

 

そして、バリはエステ天国であり、インスタ映えスポットやグルメが多くある場所ということもあって、おそらく女性の方が興味があるはず!

 

そこで今回の記事ではバリの女子旅で楽しむために必要な観光日数や、女子旅をより楽しむために知っておきたい物価・治安といったことを中心に紹介しつつ、バリ女子旅により興味を持ってもらえるような記事に仕上げましたっ!

 

ちなみに、僕はバリ島へは行ったことがありません…!

ということは…?

そうです、タイトルにもある通り、今回の記事は寄稿記事

今回のバリ女子旅の記事を書いてくれたのは、たびたび登場してもらっているYちゃんです!

 

Yちゃんはこれまでに計10ヵ国を訪れてるほどの大の海外旅行好き。

海外旅行の経験もかなり豊富なので、経験者の視点も交えながら記事を書いてもらいました!

普段は男視点での記事ですが、リゾート×女性視点ということでぜひ最後までご覧いただけたらなーと!笑

タカ
「それでは、ここからはYちゃんにバトンタッチ。」

「は~い、それじゃあ今回はタカ君に代わって私が担当します(^O^)/」
Yちゃん

今回の記事でわかること

  • バリ女子旅を楽しむために必要な日数
  • バリ島の気候・物価・治安・ご飯・衛生・お土産

バリ女子旅を楽しむのに必要な日数

十分楽しめるのは丸4日で、ゆとりを持つなら丸5日必要かなーと思います!

 

私は丸4日のプランでバリ観光をしました。

計画を立て始めた当初は余裕を持って観光できるかなと思っていましたが、調べていくうちに行きたいところがどんどん増え、最終的にはわりと駆け足のスケジュールになってしまいました^^;

 

ですが、この丸4日で行きたいと思ったところには全て行くことが出来たので、少し忙しなかったですが私としては4日間でも大満足!

 

もし、もう一泊できたらレンボンガン島という離島やバリ東部にあるランプヤン寺院にも行ってみたり、ビーチでもう少しのんびり過ごしていたかな?笑

実際のバリ女子旅のスケジュール

参考までに、私が実際にバリ島を旅行した時の様子を紹介しますっ!

 

予約はトラベルコちゃんの飛行機+ホテルのセットを選んで、料金は6.8万円でした。

ざっくりとしたスケジュールはこんな感じ☟

フライトスケジュール

  • 行き)8/16 23:25 関空発 → 8/17 9:35 デンパサール着
  • 帰り)8/21 10:25 デンパサール発 → 8/21 21:30 関空着
  • 航空会社:シンガポール航空
  • 観光日数:丸4日

それでは詳細を早速見て行きましょう~!

1日目

23時25分関空発のシンガポール航空に乗ってまずはシンガポールへ!

4時40分にシンガポールに着いて、トランジットは2時間ぐらい!

そのあと7時にシンガポールを出て、9時35分にバリ島のデンパサール到着!

 

空港に着いた後は、まずは空港内でSIMを購入!

 

到着ロビーにSIM売り場があって、とても目立つ場所にあるので絶対にすぐわかるはず!

 

赤色と青色の店の2店舗が並んでいましたが、私はTelkomsel(赤色の店)の方を選びました。

日本で言うdocomoやau的な立ち位置らしく、バリ島内で使える範囲が1番広いらしいです。

 

私たちの後に来た人もみんなTelkomselの方にしていたので、こっちの方が人気なはず!

Yちゃん
「青い方のスタッフが暇そうで少しかわいそうでした~。笑」

SIMは何種類かありましたが、1週間程度なら1番安いSIMで問題なく使えて、値段は1000~1500円程度でした!

 

注意してほしいのは、個人情報が登録されたsimカードしか使えないということ

バリは近年のテロ以降、SIMに対する取り締まりが強化され、個人情報が登録されたらしいですね。

 

そのため、観光地の露店やネットに売っているSIMは買っても登録をしに正規の店まで行く必要があり、二度手間になってしまうのでおすすめしません

 

空港だと値段は少し高くはなりますが、購入と同時にスタッフの方が登録もしてくれるので安心!

 

送迎車はトラベルコちゃんのプランの中に入っていて、事前に予約済み。

お腹がすいたと言ったら、運転手とガイドさん?みたいな人がおすすめのインドネシア料理のお店に連れて行ってくれました!

Yちゃん
「送迎だけだと思っていたから予想外のサービスがついていてラッキー!」

この時にファーストナシゴレンをいただきました、おいしかった~。

Yちゃん
「そして、ここから毎日ナシゴレンを食べることになるのであった…。笑」

 

泊まったホテルはthe sun hotel。

バリでおそらく1番有名なビーチであるクタビーチ近くにあって、お土産屋さんやコンビニも近くにたくさんあってとても便利な場所でした。

クタビーチの波はサーフィンにうってつけで、サーファーがとても多かった!

Yちゃん
「友達とイケメンサーファーを探して楽しんでいました。笑」

他にもパラソルの下でのんびりくつろいでいる人や、家族連れ、カップルで賑わっていましたね~。

ただ、日本人を狙った物売りが多くて、東南アジアっぽいとはいえどちょっと残念でした…。

 

スケジュール的にビーチに行けたのは初日だけだったのですが、もう少し時間に余裕があればビーチでのんびりできたらよかったなと思います!

ビーチの後はタクシーでロックバーへ移動。

ロックバーはアヤナリゾートというバリのリゾートホテル内にあるバーで宿泊者以外も利用できます。

事前予約はできないので良い座席を取るなら早めに行って席を確保しましょう

私が行ったときは道が混んでいて予定していた時間よりも遅く到着しましたが、何とかシーサイドのカウンター席を取ることができました!ラッキー!

 

また、このバーは一流のリゾートホテル内にあるので接客のクオリティーがとても高かったです!

日が沈むまでは日差しが強いため大きな日傘を貸してくれたり、写真撮影もスタッフさんから積極的に協力してくれました。

 

料理やドリンクの提供も早く、味も美味しかった上に見た目もインスタ映えで女子ウケは抜群でした!笑

しばらく料理を楽しんでいるうちに徐々に日が傾き、とてもロマンチックな雰囲気に…。

カップルにピッタリの場所ですね!

 

その日は天気も良く、目の前で広い海に沈んでゆく太陽をしっかりと目に収めることができました。

Yちゃん
「あまりの絶景に、すごいとやばいしか言ってなかった記憶が…。笑」

言葉で表すのは難しいですが、まさに圧巻のサンセットで最高の時間を過ごすことができましたよ!

次くるときはアヤナリゾートに泊まって来たいな…!

 

こんな感じで初日は終わりっ!

2日目

この日はウブドの遺跡や周辺の観光地を巡るツアーに参加!

予約したのはタビナカのツアーで、日本語を話せるガイドさんがリクエストに応えていろんな場所に連れて行ってくれました!

Yちゃん
「とても気さくで優しいガイドさんだったので、終始楽しく快適に観光できたので、結果的にタビナカのツアーを選んで正解でした!」

ウブドに到着後、まずはバリスイング!

バリスイングは緩やかな崖から飛び出すブランコのアクティビティのことで、まるで空中に浮いているかのような感覚を味わえます

Yちゃん
「そう、まさに気分はハイジ…!」

最初は少し怖いですが、慣れれば爽快感があってとても楽しかったです。

Yちゃん
「けど、高所恐怖症の人は結構怖いかもしれません。笑」

バリスイングを体験できるところはウブド内にいくつかあるみたいですが、中国からの観光客が多いところは民度が低い場合が多いらしく、ガイドさんが私たちの為に中国人の少ないところを紹介してくれました

なんという気遣い…!

 

そのおかげもあってストレスフリーに楽しめました。笑

また、ブランコ以外にもインスタ映えスポットがたくさんあって、思い出に残る写真が撮れること間違いなし!

私はさっそくLINEのアイコンにしました!笑

バリスイングを楽しんだあとはライステラスでランチ!

ライステラスは日本で言う棚田のことで、そんな棚田の田園風景を眺めながらナシゴレンを食べました。

田んぼとか日本で見慣れているはずなのに、なぜかライステラスだとおしゃれに感じます。

海外マジックですね、不思議!

のんびりとした雰囲気の中でとても癒されるランチタイムでした。

 

食後はバリで有名なコーヒーをいただきました!

バリはコーヒーの産地!

無類のコーヒー好きの私としてはどうしてもバリの美味しいコーヒーが飲みたい!その熱いを伝えると、なんと、ガイドさんがコーヒー農園へ案内してくれました…!

そこではコピルアックという希少価値の高い高級なコーヒーを飲むことができました。

コーヒー豆を主食とするジャコウネコという猫のフンから集めた豆で作られたコーヒーで体内で消化される過程で豆に独特の風味が加わるんだとか。

Yちゃん
「フンというワードを聞くと抵抗感を感じるかもしれませんが、全く変な匂いはしないので安心してください。笑」

とても味わい深いコーヒーで、かなり飲みやすく美味しかったです!

 

日本で飲もうとすると高くてとても手が出せない(1杯数千円するそうです。)のでバリに来た際はぜひ味わってみてください!

現地だとそんなに高くない(数杯分で1,000円ぐらい)のでお土産にもおすすめです!

 

コーヒーを楽しんだ後は世界遺産の遺跡観光へ!

ウブドには遺跡がたくさん残されていますが、私が行ったのはゴアガジャ遺跡とティルタウンプル寺院の2つ。

ゴアガジャ遺跡は何かの生き物(魔女という説がある)の大きく開いた口が洞窟の入り口になっていて、その見た目のインパクトはかなりでかいです。

 

洞窟の中にはヒンドゥー教の神様が祭られていて、とても神秘的な雰囲気でした。

ティルタウンプル寺院はパワースポットとしても有名で、泉から湧き出る聖なる水で沐浴をしている人がたくさんいました。

日本では見ることのできない光景がとても新鮮でした。

Yちゃん
「触ってみるとけっこう冷たい水で私は入りたいとは思いませんでしたが、記念に沐浴体験してみるのもありかも?笑」

遺跡観光のあとにウブド市内を少し散策して、そのあとバリの伝統舞踊であるレゴンダンスを鑑賞しました。

私たちが買い物を楽しんでいるうちにガイドさんが一番前の席を確保してくれていたので、伝統的な楽器によって奏でられる音楽に合わせて煌びやかな衣装をまとったダンサーさん達が優雅に舞う姿を目の前で見ることができました。

 

迫力満点のパフォーマンスに見入ってしまい、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

Yちゃん
「ちなみに座席確保のためにガイドさんは1時間以上も待ってもらってくれたそう!…感謝しかない…!」

至れり尽くせりな神(ガイドさん)のおかげで行きたいところにも全部行けた、とても満足度の高いツアー内容でした!

なので、個人的にはタビナカのツアーはかなりおすすめです!

3日目

この日は朝からマリンスポーツを楽しみました!

事前にベルトラで数種類のマリンスポーツが楽しめるパッケージツアーを申し込んでいました。

 

私が体験したのは、パッケージツアーに入っているバナナボート・シーウォーカー・パラセーリングに加えてフライフィッシュ(当日現地で追加申し込みしました)の4つ!

特に、宇宙飛行士が被るようなヘルメットを装着して海の中を歩くシーウォーカーが楽しくて一番印象に残っています

ヘルメットに繋がれたパイプを通して酸素が送られてくるので、全く息苦しいと感じることなく顔も濡れないのでメイクも落ちません。(女子としてはけっこう嬉しいポイント!)

正直海の透明度は思ったより高くはなかったですが(笑)、魚の餌やり体験ができたり、記念写真や動画を撮ってくれたりしたので十分な満足感がありました。

 

水中の写真や動画も有料ですがデータでもらうことができるので、思い出もしっかり保存することが出来ます!

マリンスポーツを楽しんだあとは地元でも人気のあるオーガニックフードのカフェでランチ!

 

新鮮なフルーツや野菜を使ったフルーツボウルやスムージーがカラフルでインスタ映え!

店内もおしゃれな内装で女の子はみんな好きなはず!

 

私はアサイーボウルを頼みましたが、盛り付けもかわいくて食べるのがもったいなかった。笑

もちろん、見た目だけでなく味も美味しかったので、お気に入りのお店になりました!

ランチのあとはタクシーで近くのビーチクラブに移動。

わりと最近新しくできた若者に人気のビーチクラブと聞いて、せっかくなので行ってみることにしました。

 

料金システムが少しややこしかったですが、何とか中に入って周りを見渡してみるとイケイケの欧米人ばかり!

日本人の私たちはとても芋臭く感じてしまいました…。笑

 

とりあえずプールの中にあるバーのカウンター席に座ってカクテルを注文。

こなれた感じにドリンクを飲みつつ、なんとか、それっぽく周りに溶け込むことに完了。

 

その後はインフィニティプールで遊んだりDJブースから流れてくる音楽に合わせて少し踊ってみたりと、初めてのビーチクラブを満喫しました!

 

また、レストランも充実していて、夕日を眺めながらのピザとビールは本当に最高だった…!

最初は少し勇気がいるかもしれませんが、ノリノリの音楽とともに南国気分を味わえて誰でも楽しめる空間になっているので、ぜひ行ってみてください!

4日目

明日の朝の飛行機で帰るので今日が事実上の最終日!

この日の朝食は、バリで流行りのフローティングブレックファースト!

水着を着てプールに入りながら、プールに浮かんだおしゃれな朝食を食べるのですが、めちゃくちゃインスタ映えする反面、正直言ってものすごく食べにくい。笑

 

水面は不安定なので、ワッフルをナイフで切るのも一苦労…。

 

周りの人も写真を撮った後はすぐプールサイドに上がって食べている人がほとんどでインスタ映えの裏側をリアルに感じた瞬間でした。笑

 

とはいっても、料理の味はかなり美味しかったですし、ずっと写真を撮っていたくなるような非日常的な映え空間でバリ体験ができたので、とても良い思い出になりました!

 

明日には帰国するということで、旅の締めくくりにバリで1番人気のスパであるフランジパニでエステ体験をしました。

 

私が選んだのは何と5時間のコース!笑

自分で選んだものの、あまりの長さに恐怖すらも感じます

本格的なエステは初体験だったので、最初は5時間も何をするんだろうと思っていました。

ですが、いざ始まってみると心地いいマッサージに終始リラックスしっぱなしで、時間を持て余すことなく終わってしまいました。

 

全身コースだったので、髪の毛の先から足のつま先まで美しく生まれ変わったような気分になり気持ちはベイビー。

しかも値段が約12000円と、とても良心的でコスパ最強だったのも嬉しかったです!

 

日本で同じようなエステをするといくらかかるのか…考えると恐ろしいですね。

バリ島はエステ天国の国らしいので、これほどお得にエステが出来る経験はおそらくバリならでは。

こうやって普段はなかなか出来ないことが出来るのも、海外旅行のいいところだなと改めて思いました。

5日目(最終日)

この日は飛行機に乗って日本へ帰るだけです。

 

10時25分の飛行機に乗ってバリを出発して、シンガポールに13時ちょうどに到着!

乗り換え時間が55分しかなくてかなりあわただしかったですが、なんとか飛行機に間に合い、21時30分に日本に到着!

 

こんな感じの、私のバリ旅行でしたっ!

初めてのバリ旅行をより楽しむために知っておきたい4つのこと

気候について

私が行った8月はオンシーズンの乾季ということもあって毎日晴れていました

 

日中の最高気温は28℃くらいで、湿度も低くカラッとしているので非常に過ごしやすかったです。

 

日本の8月と比較すると想像以上にバリが涼しかったのが衝撃でした。笑

ただ日差しは強いので日焼け対策はきちんとした方がいいかなー?

物価・治安について

バリの物価は本当に安くて、特にタクシー料金が日本と比べ物にならないくらい安かったです。(初乗りがなんと54円…)

暑いバリで徒歩はなかなかしんどいので、値段の安さからも考えてバリでの移動手段はほぼタクシー一択ですね。

注意ポイント

バリでタクシーに乗る際は、水色の車体のBlue Birdタクシーがおすすめです!他のタクシーだと高確率でぼったくられますが、ブルーバードはメーターで走ってくれるので安心です。(実際に私たちもよく似た青色の車体のBaliタクシーに乗ってぼったくられました…。)日本人は特に舐められやすいので気を付けてください!

治安も良いので女子だけの旅行でも安心です。

現地の人はみな気さくで優しいですが(特に女の子だとかわいいね~ってめちゃくちゃ言われます。笑)、お土産屋さんとかだと高めの値段設定をされることが多いので、誉め言葉にのらずに値切り交渉を頑張りましょう!笑

 

ちなみに、インドネシア語で「安くして」は「カシムラ」です。

これさえ覚えておけば買い物上手になれます!笑

ごはんについて

バリで食べたごはんはお世辞抜きで全部美味しかったです。

特に毎日食べたナシゴレンは店によって微妙に味が違っていたので、飽きることなく食べることが出来ました。

 

その結果、日本に帰ってからもナシゴレンが恋しくなって自分で作るほどはまってしまいました。笑

でも、日本のお米はもちもちしていて本場の食感を再現することはできませんでした…、残念…!

 

また、コーヒーが美味しいというのもコーヒー好きにはいいと思います。

前述したコピルアック以外にも、キンタマーニコーヒーやジャワコーヒーなどもおすすめですね。

 

日本で普段飲むコーヒーとはまた違う風味がくせになります。笑

衛生面について

ホテルや街中のトイレはどこも比較的きれいでした。

ただ、トイレットペーパーがない場合もあるので、ポケットティッシュを持ち歩くことをおすすめします。(遺跡のトイレは汚さがこわくて入れませんでしたが…。笑)

 

一つ気になったのは、ホテルの部屋のシャワーの水圧がすごく低かったことです。

体を洗えなくはないですが、本当に必要最低限しかお湯が出ませんでした。

 

私が泊まった部屋がたまたまだったのかもしれませんが、いいホテルでもそういうトラブルがあるということは一応念頭に入れておいたほうがよいと思います。

海外旅行プランを旅のプロに決めてもらうという選択肢【無料で詳細プラン・見積もりまで】

f:id:kunisfa0717:20190612173554p:plain

ちなみにですが、巷には海外旅行プランをプロが無料で考えてくれるサービスがあります。

それが『townlife旅さがし』というサービスでして、個人的にはわりとおすすめ。

townlife旅探しには特徴的な3つのメリットがあります。

  1. 簡単に一括で複数の旅行会社に問い合わせが可能。
  2. 同条件なので各会社の値段・プランを簡単に比較。
  3. 各地域で得意とする旅行会社からのあなた専用のオリジナルプランの提案。

要は、『旅行で面倒なプランニングを自分でせず、旅のプロに納得感のあるオリジナルプランを作ってもらえる』ということ。

 

そして、なんと!問い合わせ料金は無料です…!

もちろん航空会社の指定もOKでして、『飛行機の出発時間・トランジットの回数』といった細かい希望も聞いてくれます◎

思うに、townlife旅さがしはこういう考え・悩みを持つ人におすすめかと☟

こんな方におすすめ

  • 海外旅行について右も左もわからないから、ざっくりプランを作って欲しい
  • 航空会社の深夜便・早朝便指定や、トランジットでプチ観光をしてみたい
  • 旅行プランをじっくり作りたいけど、どうしたら良いのかわからない
  • 複数の旅行会社に行ったり、問い合わせしたりするのが面倒
  • 現地に詳しい旅行代理店同士で値段やプランを比較したい
  • 大まかなプランを作ってもらって、細かいところを自分で決めてオリジナルプランにしたい

タカ
「「それでもなんか不安…」という方は、こちらの海外旅行プランを考える時間がないなら!タウンライフ旅さがしがおすすめ!という記事を読んでみるのもおすすめですね~!僕が実際に使用してみて感じたことやおすすめポイントなどをありのままでまとめていますので。笑」

海外旅行は決して安くありません。

なので、思い立ったらまずは即行動、勢いが大事。

 

townlife旅さがしなら、手軽に納得感のあるオリジナル海外旅行プランを無料で作ってくれるので、海外旅行の1歩を踏み始めるには最高のサービスです。

なので、少しでも気になったのであればぜひ問い合わせをしてみてくださいね◎

「タウンライフ旅さがし」で問い合わせをしてみる

まとめ|初めてのバリ島は丸4日間あれば十分楽しめる!

今回の記事のまとめ

  • 初めてのバリ島は丸4日間あれば十分楽しめる
  • バリ島の人はとにかく優しい
  • オンシーズンの8月では毎日晴れていた
  • 物価が安く、治安も良いので女子旅にもおすすめ
  • 全部美味しく、特にナシゴレンがおすすめ
  • トイレットペーパーがない場合もあるので、ポケットティッシュの持参がおすすめ

ということでした~!

スポンサーリンク

-インドネシア旅行

Copyright© 得する旅、損する旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.