飛行機搭乗記録

評判が気になるマリンドエア(B787-800)に乗ってみた!【歴代最強のLCC確定】

f:id:kunisfa0717:20190914141407p:plain

マリンドエアに乗る人「今度乗る予定のマリンドエアに関する情報を知りたい。」

今回はそういった人にぴったりの記事!

 

先日、マレーシア旅行に行ってきまして、マレーシアを拠点に運行するLCCマリンドエアに乗ってきました。

 

マリンドエアは知る人ぞ知る、隠れおすすめLCC

というのも、マリンドエアは格安料金で乗れるにも関わらず、座席が広く、モニター付きで、20kgまでの受託荷物が無料という、最強のLCCといっても過言ではないくらいコストパフォーマンス抜群の航空会社なんです!

 

今回はそんなマリンドエアに関する料金・機材・座席などを中心に記事をまとめました!

タカ
「マリンドエアに乗る予定の人や、マレーシア旅行を検討中の方はぜひ最後までご覧くださいね~!」







マリンドエアのフライト情報

f:id:kunisfa0717:20190914142045j:plain

今回利用したマリンドエアのフライトはこんな感じ☟

1335分クアラルンプール発 ⇒ 14:45分ランカウイ着

 

1時間のフライトです。

出発が10分ほど遅れたので、到着も5分ほどのdelay

 

クアラルンプールから手軽に離島に行くことができ、ランカウイ島のほかにペナン島へは1時間弱、ボルネオ島・コタキナバルへは3時間弱で行くことが出来ますね。

【マレーシア旅行・観光】コタキナバルを女子旅に“超”おすすめする5つの理由

クアラルンプールへもLCCを使えば往復2.5万円程度で行くことが出来ますし、フルキャリアの航空会社を使っても3万円ちょっとでいくことができます。

ので、マレーシアはリゾート巡りが最適な国

 

ちなみに、僕はクアラルンプールまではベトナム航空を利用しまして、往復料金で総額3.5万円。

荷物を預けることが出来ますし、なにより座席も広い。

料金が少し高くなりますが、個人的にはベトナム航空はかなりおすすめです。

評判が気になるベトナム航空に乗ってきた!【座席・機内食・荷物など】

マリンドエアの料金

f:id:kunisfa0717:20190914142048j:plain

今回利用したマリンドエアの料金はこんな感じ☟

  • 予約クラス:Economy・Value
  • 料金:4,500

料金には、20kgまでの受託荷物の料金も含まれているのでかなりお得です!

タカ
「今回は短い路線でしたが、長い路線だと機内食も料金に含まれるんだとか」

座席指定は料金に含まれてなかったのですが、事前にオンラインチェックインをすれば座席を無料で選ぶことが出来ますので、問題ないかと!

 

ちなみに、これよりも安い料金で予約できるsuper saveという予約クラスがあります。

そちらだと受託荷物が有料となり、追加で荷物を預ける場合はかなり割高になるのでおすすめしません

マリンドエアの機材・座席

f:id:kunisfa0717:20190914142023j:plain

今回の機材はB787-800で、座席は3-3配列。

 

f:id:kunisfa0717:20190914141938j:plain

f:id:kunisfa0717:20190914141941j:plain

f:id:kunisfa0717:20190914141945j:plain

シートピッチはLCCとは思えないほど広く、身長180cmある僕でも拳2個分ほどの余裕が出来るほど。

座るとわかるんですが、びっくりするほど広いです。笑

 

f:id:kunisfa0717:20190914142001j:plain

また、マリンドエアではLCCにも関わらずモニターが付いています

モニターの下にはUSBプラグもあり充電も可能

f:id:kunisfa0717:20190914142012j:plain

f:id:kunisfa0717:20190914142017j:plain

f:id:kunisfa0717:20190914142020j:plain

映画の内容もかなり充実していて、日本語対応しているものは1つもないんですが…。

とはいえ、有名どころの映画がたくさんあるので、日本語でなくても雰囲気で楽しめるかと!

タカ
「フライト時間がかなり短いので映画を見る気すら起きなかったりするんですけどね…^^;笑」

ちなみに座席の占有率は9割程度で、ほぼ埋まっていましたね。

f:id:kunisfa0717:20190914142027j:plain

一番座席だと、前の壁にもモニターが付いていました。

変な映画とか見るわけではないですけど、これはなんか嫌。笑

タカ
「飛行機のおすすめの座席や選び方のポイントについてまとめた【1分で理解できる図解付き】飛行機(エコノミークラス)の座席でおすすめはここだ!もぜひ合わせてご覧ください~!」

マリンドエアの機内サービス

マリンドエアはLCCなのでこれといった機内サービスはありませんが、今回のフライトでは離陸後すぐに水の配布がありました。

また、路線によっては機内食が配布される場合もあるんだとか

 

ちなみに、機内販売のラインナップはこんな感じ☟

f:id:kunisfa0717:20190914141953j:plain

f:id:kunisfa0717:20190914141956j:plain

1RM=26円ですので、全体的に料金はかなり良心的です。

マリンドエアの受託荷物

予約クラスにもよるんですが、こんな感じ☟

エコノミークラス (ダッカ線を除く)

  • バリュー(Value)20kg
  • フレクシ(Flexi) 30kg

エコノミークラス (ダッカ線)

  • バリュー(Value) 35kg
  • フレクシ(Flexi) 35kg

ビジネスクラス 

  • 40kg

先ほども少し触れましたが、受託荷物が含まれないsuper saverというクラスも存在するので、荷物を預けたい人は間違えて予約をしないようにしてくださいね。

荷物についての詳細は公式ホームページをご覧ください◎

Baggage | Marind Air

タカ
「ちなみにTrip.com経由で予約したところsupersaveで予約してしまいました。その時の体験談や、LCCを予約する際の注意点なども書いていたりするので、ぜひこちらの記事もどうぞ!☞人生で初めて航空券をキャンセルしました【航空券の予約は公式サイトから】

マリンドエアはオンラインチェックインも可能

f:id:kunisfa0717:20190914141932j:plain

最近ではどこの航空会社でも普通になってきましたが、マリンドエアはオンラインチェックインが可能です。

 

手順はいたって簡単で、出発48時間前から4時間前までにWebにアクセスし、予約番号を入力すればOK。

あとは画面に従えば大丈夫です。

 

公式ホームページは日本語表記はないのですが、チェックインする人の選択・座席選択・荷物の注意点確認ぐらい。

なので、英語が出来ない人でも苦労することはないかと

 

オンラインチェックインを使えば、事前に座席を選ぶことが出来ます。

極力お金を抑えたい方は有料で座席指定をするのではなく、オンラインチェックイン可能時間になったらすぐに座席を抑えるのがおすすめですね。

まとめ|マリンドエアはコスパ最強のLCC

f:id:kunisfa0717:20190914142032j:plain

今回の記事のまとめ

  • マリンドエアはLCCにも関わらず、座席が広く、モニター付きで、受託荷物が20kgまで無料(ただし、予約クラスに注意)
  • 路線によっては機内食も付いてくる
  • オンラインチェックインが可能で、無料で座席選びも可能

ということでした!

タカ
「以上、学生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)がお届けしました。」

スポンサーリンク

-飛行機搭乗記録

Copyright© 得する旅、損する旅 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.