一人旅

【京大旅ブロガーが解決!】海外一人旅を初めてする前に知っておくべき9つのこと。

この記事を開いたあなた。

「海外一人旅でクレジットカードは何枚持っていくべきだろう?」

「海外一人旅での貴重品ってどういう風に管理すれば良いんだろう?」

「海外一人旅であれば便利なアプリってなんだろう?」

たとえば、こんな不安を持っていませんか?

もしこんな不安を抱えているなら、この記事を開いて正解です!

 

一人海外旅行は、自由度が高く、相手に気を使うことなく、のんびりと好きなように旅行をすることが出来ます

その一方で、言語が通じない不自由な環境で起こるアクシデントを全て自分で解決をしなくてはいけません

 

なので、普段の友人・家族・恋人と行く海外旅行に比べて難易度はグンっと上がります。

 

しかし、ご安心を!

今回の記事は、海外一人旅をする人が抱えている不安にフォーカスした記事となっています

タカ
「僕の海外一人旅の経験もふんだんに取り入れた記事でして、この記事を読めば、海外一人旅の不安もすっきりなくなります◎」

今回の記事では、海外一人旅をする前に知っておくべき9つのことを中心に記事をまとめました。

今回の記事で得られること

  • 海外一人旅をする前に知っておくべき9つのこと
  • 海外一人旅におすすめの国とその理由
  • 海外一人旅をするにあたってのメリット・デメリット
  • 一人旅に慣れたあとに行きたい、LCCを使った格安でいける国
  • 週末(+有給)で行ける弾丸海外旅行先

日本はビザなしで渡航できる国が世界で一番多い、世界で最強のパスポートです。

こんな幸せな恵まれた環境の国に生まれたんですから、たくさん海外旅行をしないと勿体ない!

 

なので、ぜひとも今回の記事を読んで、一人旅の不安をなくし、誰かとだけでなく一人でも海外旅行をどんどんしてくださいね◎

海外一人旅を初めてする前に知っておきたい9つのこと

今回紹介する9つのことは、主に「お金・言語・治安」に関する不安になっています。

一人旅においては特にこの3つの不安が、主な不安要素になってきます。

 

なので、基本的にこの3つの不安さえ取り除いておけば、一人旅でもそれほど不安になることはないかと思いますので、この3つに焦点を当てて解説していきますね。

一人海外旅行でのツアーは割高になることに注意すべし!【お金】

航空券+ホテルのセットになっているようなツアーでは、一人参加の場合だと一人料金が加算されます。

その結果、同じプランにも関わらず複数人で行く場合に比べて少し割高になります

 

ツアーによっては1人料金が加算されないツアーもあるといえばあるのですが、基本的には1人参加料金がかかるツアーが多いですね。

 

とはいいつつも、HISのような大手旅行会社だと一人海外旅行者向けのツアーも出していたりします

海外一人旅(ひとり旅)特集 |HIS

なので、個人手配は不安なのでツアーで安心感を得たいという人はHISのような一人海外旅行者向けのツアーを利用するのがおすすめじゃないかなーと!

宿泊費用を抑えるならゲストハウス、高くても安心感を買うならホテルにすべし!【お金・言語・治安】

基本的に海外のホテルは1室あたりで宿泊費が設定されています。

つまり、2人用のベッドの部屋を1人で泊まった場合、2人で泊まった場合と比べて料金が倍かかります

 

というわけで、1人海外旅行でホテルに泊まるというのはシンプルに割高になるんですよねぇ…。笑

タカ
「とはいっても、物価の低い国であれば設定されている料金自体がかなり安くなっているので、1室5,000円ほどでそれなりに良いホテルに泊まれたりもします!」

割高でホテルに泊まるのが嫌な人にはゲストハウスに泊まるのがおすすめです。

 

ゲストハウスは相部屋にはなってしまいますが、低料金でかなりのクオリティの部屋に泊まることが出来ます

 

過去に泊まったゲストハウスでびっくりした例だと、

  • 1泊2,000円ほどなのに館内にオープンテラスの共用スペースがある
  • 1泊900円でオーダー制の豪華な朝食や温水プール付き
  • 1泊1,000円で食べきれないほどの朝食と、チェックアウト後のシャワーサービス

といった感じで、ゲストハウスの方が全体的にホスピタリティ精神が高く、融通も利きやすい印象です。(チェックアウト後のシャワーなど)

 

さらに、ゲストハウスだと同じような1人旅の人が止まっている場合も多いですね。

なので、1人旅同士で仲良くなることもあり、1人の寂しさを感じることもなくなるはず。

 

英語も話せなくて大丈夫

日本人は英語が話せない人が大半ということを外国人は周知しています。

会話をしたいという意志さえ見せれば、きっと優しい英語で会話してくれますからね!

 

個別でロッカーが用意されている場合がほとんどですので、セキュリティも心配不要です◎

貴重品はこれでもかというくらい用心すべし【治安】

一人旅でスマホ・パスポート・財布といった貴重品が盗まれると、一人旅の難易度が10倍ぐらいあがります。笑

 

というのも、誰かといる場合であれば失くしても連れがいるという安心感があるからですね。

 

もし、連れがいない場合だと、

「スマホがないから調べることもできない。地図がないからどこへ行けばいいかわからない…」

「パスポートがないから帰れない…、大使館はど、ど、どこ??」

「お金がない…、何も買うことが出来ないし、これからの宿代金はどうしよう…」

といった状況になることが予想されます。

 

なので、貴重品の管理はこれでもかというくらい用心しましょう。

 

例えばですが、友人の話によると手提げの中にいれているスマホがいつのまにか取られたということもあったそうです。

 

ショルダーバッグを使って常に自分の前に荷物がある状態にすること」と「お金などは色々な箇所に分散して持つこと」をおすすめします◎

パスポート・カードのコピーなども用意すべし【お金・治安】

先ほどの内容と少し被りますが、万が一すられた場合のことも見越してパスポート・カードのコピーは持っておきましょう

 

特にパスポートは必須です。

パスポートを失くし、再発行の手続きをする際に身分証明となるようなものが必要になります。

その際にパスポートのコピーがあれば手続きもスムーズに進みます。

なので、万が一の時に備えてパスポートのコピーは携帯しておきましょう。

国内および国外でパスポートを紛失した時の対処法と再発行の手続きについて|エアトリ

 

カードのコピーも同様で、紛失した時にカードを停止させるためにあると便利なので持っておきましょうという感じですね◎

クレジットカードは最低3枚持つべし【お金・治安】

これまた先ほどと少し似た内容にはなるんですが、盗難に備えてクレジットカードは3枚ほど持っておくのがおすすめです。

 

海外で大金を持つのは危険ですから、現金を持たなくても良いクレジットカードはかなり役立ちます。

例えば、僕であれば旅行全体費用の1/3程度しか現金は持っていかないので、それ以外の出費分は全てカードで支払っています

 

さらに、海外に持っていく3枚のクレジットカードは同じ場所にしまうのではなく分散して持ちましょう

 

僕が普段持っている例としては、

  • 海外で使う財布に1枚
  • 日本で使っている財布に1枚(キャリーorホテルの金庫に保管)
  • 首からぶら下げるシークレットポーチ内に1枚

といった感じです。

 

また、クレジットカードにはキャッシング機能付きのカードがおすすめです。

キャッシング機能のメリット

  • ATMでいつでも現金を引き出せる
  • 両替所よりも手数料が安い

キャッシング機能付きのクレジットカードのおすすめについては下記の記事をご覧ください◎

タカ
「クレジットカードはかなり便利ですが、もちろん、カードだけでなく現金も持っておきましょう。国によってはカードが使えない場合もあります。旅行日程などにもよりますが、5万円ほどあればなんとかなるはずです。(超感覚的ですが。笑)」

高くても海外旅行保険には入っておくべし!【治安】

安心感を買うという意味で海外旅行保険には入っておくのが良いですね。

 

クレジットカードにも保険が付いているのですが、クレジットカードの保険についてはある程度自分で調べる必要があります。

 

しかし、慣れない一人旅。

そんな一人旅ですから「自分で調べた内容で本当に大丈夫だろうか?あっているのかな?」という心配も出てくるはず。

 

一方、保険会社の海外旅行保険に加入すれば、困った時のQ&Aのようなパンフレットも一緒にもらえるので万が一の時にも安心です。

 

なので、お金を払って安心感を買うという意味で保険会社の海外旅行保険に加入するのがおすすめです◎

simカード・ポケットWi-Fiは必ず持っておくべし【治安(?)】

今の時代、スマホ1台あればなんでもすることが出来ます。

しかし、海外では海外のキャリアのsimカードがなければ日本でのように自由に通信をすることが出来ません

 

なので、海外のsimカードを購入して日本で使っているように海外でスマホを使えるようにしましょう。

その手順は以下の通り

  1. simロックされているスマホをsimロック解除する(※)
  2. Amazonでsimカードを購入
  3. 日本で使っているsimカードと海外用のsimカードを交換

※:キャリアによって方法は異なるので、各自調べましょう

という感じで、正直、めちゃくちゃ簡単です。

simロック解除は無料で出来ますし、simカードもかなり安いです。

例えばアジア圏であれば500円・3日間4G無制限のsimカードもあったりするんですよね。

一方で、

「simカードがよくわからない…。」

「sim解除できるスマホじゃない…。」

という方にはポケットWi-Fiがおすすめです。

おすすめポイント

  • 電源を入れればすぐに接続が可能という手軽さ
  • simカードに比べて割高
  • 地域・通信プランによってはかなり高額になることも

といった感じですね。

 

個人的にはsimカードをおすすめするも、一長一短という感じですかね。

タカ
「とはいっても、今ではauやソフトバンクでも海外プランというものが存在します。割高ですが、面倒な方はそちらを使うのが便利かと!」

オフラインで使えるアプリをダウンロードしておくべし【治安・言語】

先ほども紹介したようにsimカードやポケットwi-fiは必須です。

とはいえ、ポケットwi-fiだと電池が切れた時が心配ですよね。

 

なので、オフラインでも使えるアプリを入れておくのがベスト

  • マップ系:Googleマップ、Maps.me
  • 翻訳系:Google翻訳
  • 天気系:weather map

Googleマップ・Maps.me・Google翻訳はオフラインで使えるように事前のダウンロードが必要ですが、オフラインとは思えないほど役に立つアプリですので必ず入れておきましょう◎

 

あとは友人がおすすめするにはPocketというアプリも良いそうで。

事前にサイトを保存しておくことでオフラインでも見ることができるんだとか!

 

とはいえ、iphoneであればサイトをpdfで保存することもできます

pdf化しておけば、ibooksからいつでも見ることができます◎

どちらの方法でも良いので、ネットで調べた情報をオフラインでも見られるようにしておきましょうね

飛行機の時間には余裕を持つべし【治安(?)】

最後、空港には余裕をもって到着しておきましょう。

  • 空港周辺は混雑しやすく、渋滞に巻き込まれやすい
  • 唐突なストライキなどで交通状況が変わる場合がある
  • 不慣れな海外の空港で迷子になる可能性あり

ギリギリについてハラハラするくらいよりも、時間が余ってお土産を見るくらいの余裕があるほうがベスト

 

ちなみに僕は空港には2~3時間前には着くようにしていて、余った時間にお土産を買うようにしています。

初めての海外一人旅におすすめの国3選

京大旅ブロガー厳選!120%楽しめる一人旅におすすめの海外旅行先3選。

続きを見る

海外一人旅のメリット・デメリットとは

最強の自己成長ツール!一人海外旅行のメリット・デメリット、気になる疑問を解説する。

続きを見る

一人旅に慣れたら!LCCを使って格安で色々な国へ行こう

LCCの直行便で行ける海外旅行先10選と、乗り継ぎ便で行ける国4選を紹介する。

続きを見る

一人海外旅行でも楽しめる!週末(+有給)で行く海外旅行先とは

【弾丸旅行で海外へ!】京大旅ブロガー厳選、3~5日間で楽しめる海外旅行先を大公開!

続きを見る

まとめ|初めての海外一人旅の不安は事前に無くそう!

今回の記事のまとめ

  • 一人海外旅行でのツアーは割高になることに注意すべし!
  • 宿泊費用を抑えるならゲストハウス、安心を買うならホテルにすべし!
  • 貴重品はこれでもかというくらい用心すべし!
  • パスポート・カードのコピーなども用意すべし!
  • 飛行機の時間には余裕を持つべし!
  • クレジットカードは最低3枚持つべし!
  • 高くても海外旅行保険には入っておくべし!
  • simカード・ポケットWi-Fiは必ず持っておくべし!
  • オフラインで使えるアプリをダウンロードしておくべし!

ということでした!

タカ
「以上、京大旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)がお届けしました~!」
スポンサーリンク

-一人旅

Copyright© 得する旅、損する旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.