ベトナム旅行

旅ブロガー太鼓判!ハノイの宿泊はリトルチャームハノイホステルがおすすめ!【レビュー】

f:id:kunisfa0717:20190904162253p:plain

ハノイ観光をする人「ハノイでおすすめの宿泊場所を知りたい。」

今回はそういった人にぴったりの記事!

 

今回紹介するのはリトルチャームハノイホステル。

ハノイ旧市街にあるゲストハウスになります。

 

先に言っておくと、20ヵ国旅してきた中で過去一番にコストパフォーマンスの高いゲストハウスでした!超絶おすすめです。

 

今回の記事では、そんなリトルチャームハノイホステルの場所・宿泊料金・おすすめポイントなどをまとめました!

「ハノイ観光をする予定の人で、宿泊場所がまだ決まっていない人は、ぜひ最後までご覧くださいね~!」

リトルチャームハノイホステルの場所

リトルチャームハノイホステルの場所は旧市街近く。

 

ハノイの人気観光地であるホアンキエム湖やハノイ大聖堂などは徒歩10分圏内

週末開催されるナイトマーケットまでは徒歩5分程度で、すぐ近くにはコンビニはありませんが、徒歩7分程度のところにサークルKサンクスがあり、それなりに立地は良いですね!

 

空港からは85番のバスに乗って3 Hang Muoiで降りて、そこから徒歩8分程度で着きます。なので、空港からの所要時間は40~50分程度と、空港からのアクセスもぼちぼち良いですね。

ノイバイ空港からハノイ市内への行き方【行きはバス、帰りはタクシーがおすすめ】

リトルチャームハノイホステルの料金

f:id:kunisfa0717:20190904163542j:plain

部屋のタイプは4種類あり、それぞれの値段は変わってきます。

✔男女共用8人部屋 747

✔男女共用6人部屋 747

✔女性用6人部屋 1,067

✔女性用4人部屋 1,493

日付によって宿泊料金は変動しますので、あくまでも参考程度にどうぞ!

 

f:id:kunisfa0717:20190904163551j:plain

f:id:kunisfa0717:20190904163552j:plain

僕は男女共用6人部屋に宿泊しまして、部屋はこんな感じ☝

800円の部屋とは思えないクオリティ・綺麗さ!

「荷物が乱雑な上に、わりと雑に撮ってしまったので、綺麗さが上手く伝わるかどうか怪しいのですが…^^;

f:id:kunisfa0717:20190904163525j:plain

部屋のキーはカードキーとなっていて、そのカードキーで部屋の中にある個人ロッカーも開閉できるため、南京錠も持っていかなくOK

個人ロッカーの大きさも申し分なしでして、40Lのバックパックも余裕で入りました!

恐らくですけど、60Lのバックパックがパンパンでも入るレベルの許容量。神か。

 

また、ベッドにはカーテンはもちろん、小さい個人ロッカー兼テーブルも用意されています

個人ライトも用意されているので、これで夜中に作業することもできますね◎

 

f:id:kunisfa0717:20190904162916j:plain

地味にアミニティとして歯ブラシも用意されていました

今回の記事で重ね重ね言うと思いますが、800円でこのクオリティはマジでエグイです。笑

リトルチャームハノイホステルのおすすめポイント

f:id:kunisfa0717:20190904163644j:plain

部屋のクオリティと立地の良さだけでも800円の価値は十分あるのですが、リトルチャームハノイホステルはまだまだ魅力的なサービスが充実しています。

「もはや、親切を通り越して暴力的。」

その1.毎日交換してくれるタオル&毎日ベッドメイキング

リトルチャームハノイホステルでは、タオルの無料貸し出し&毎日交換をしてくれます。

「???ここゲストハウスだよね??」

そもそも無料でタオルを貸してくれるゲストハウス自体少ない中で、毎日交換って…w

 

さらに、ベッドメイキングも毎日してくれるんですよね

ここまでくると、もうホテルに泊まっている気分です。

 

もちろんですが、シャンプーはシャワールームに備え付けられていて、洗面台にはドライヤーが用意されているのでそれらの用意は一切不要ですよ~。

宿泊費800円とは思えないクオリティの朝食

予約する部屋タイプ関係なく、全宿泊客には無料で朝食がついてきます

ゲストハウスについている朝食はパン・フルーツ・ヨーグルトといった簡素な場合が多いんですが、リトルチャームハノイホステルは朝食までハイクオリティのサービス。

 

f:id:kunisfa0717:20190904162928j:plain

f:id:kunisfa0717:20190904162932j:plain

f:id:kunisfa0717:20190904162936j:plain

基本は☝のビュッフェ形式でして、麺類・フルーツ・ジュース・コーヒーなんですが、

 

f:id:kunisfa0717:20190904162953j:plain


☝のメニューから好きな1品を選ぶことが出来るんです…!!

「こんなゲストハウス見たことがあります??ねえ??」

2泊したので、1日目はスクランブルエッグを、2日目はフォーを頼んだのですが、無料の朝食とは思えないクオリティ。

「ふわふわのスクランブルエッグをベトナムの朝食で食べることが出来るなんて思ってなかった…!」

相場以下で空港送迎のリムジンタクシーを用意

ハノイ市内から空港までタクシーを使うと、相場で40万ドン/台。日本円にして約2,000円。

しかし、リトルチャームハノイホステルで呼んでもらえば35.5万ドン/で手配してくれます。日本円にして1755円。

 

事前にリトルチャームハノイホステルで清算するので、メーターによるトラブルも回避できます手配してもらってから5~10分で車が到着、早すぎ。

YouTubeも快適な高速Wi-Fi

今では当たり前となりつつありますが、WiFiもしっかり高速でした。

時間問わずYouTubeは楽々、快適に見ることが出来ましたね。

 

通信速度を計測し忘れてしまったのですが、動画のアップロードなど、通信負荷の大きいもの以外はまあ問題ないかと。

無料の室内プール付き

f:id:kunisfa0717:20190904163408j:plain

僕は利用しませんでしたが、室内プールもついていて無料で利用することが出来ます

 

時間は忘れましたが、一応利用時間は決まっているそうです。

ハノイは湿度が高く、じめじめしていて、いつのまにかじわっと汗をかいているような感じの暑さなので、ハノイ観光でかいた汗をプールで流すのも良いかもですね~◎

悪いところはないけど、強いて言うなら部屋の位置取りが大事

悪い点をあげるところがないくらい快適に過ごすことが出来たのですが、強いて言うなら部屋の位置取りが大事だなと思いました。

 

f:id:kunisfa0717:20190904163036j:plain

リトルチャームハノイホステルは5階建てになっていて、一部吹き抜け部分があります。

吹き抜け部分の1階は食事スペースになっていて、一般向けのレストランとしても開放しているのでかなり活気があるんです。

f:id:kunisfa0717:20190904163041j:plain

なので、吹き抜け部分周辺の部屋には音がわりと響いたりするんですよね。

「特に夜はBARとしても営業するので、さらに盛り上がります^^;

流石に夜中の時間帯は多少静かになりましたが、神経質な方は予めその点だけは注意しておくのが良いかと!

 

ただ、こればっかりは個人でどうしようもできないところでもあるので、宿泊するときに静かな部屋を希望してみて、無理でしたら素直に諦めましょう。笑

 

念のために耳栓などを持っていくと良いかもですね。

その他|ベトナム旅行の前に知っておきたいこと

f:id:kunisfa0717:20190714143915j:plain

ここからは当ブログで紹介してきた、ベトナム旅行に関する記事を紹介!

見るのはタダ!初めてのベトナム旅行の前に見ておかないと損ですよ~!

 

✔初めてのハノイ旅行者必見!これさえ見れば初めてのハノイ旅行も大丈夫!

初めてのハノイ観光に必要な日数は?【効率的に観光できるモデルコースも紹介】

✔旅行前に旅ブロガーがおすすめする旅行グッズは確認しておきましょう!

海外旅行に必要な持ち物リスト10項目!最低限これだけは持っておこう!

✔保険はクレジットカード?保険会社?悩んでいるならいますぐこの記事を!

【クレジットカードvs保険会社】海外旅行の保険どうしていますか?

✔学生の方!海外旅行へ行くなら学生必携の2つのカードは持っておきましょうね!

海外旅行で学生にオススメのクレジットカード【選ぶポイントも紹介】

まとめ|リトルチャームハノイホステルは旅ブロガー太鼓判のおすすめゲストハウス!

f:id:kunisfa0717:20190904163422j:plain

今回の記事をまとめると、

✔周辺観光地へのアクセスも良く、空港からのアクセスもまずます

✔宿泊料金は約800円~

✔毎日タオル交換&ベッドメイキング

✔シャンプー、ドライヤーも備え付き

✔無料の朝食なのに、好きな料理を1品注文可能

✔無料のプール&高速Wi-Fi完備

✔相場よりも安いリムジンタクシーを素早く手配

ということでした!

「以上、学生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)がお届けしました。」

-ベトナム旅行

Copyright© 得する旅、損する旅 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.