初めてのバンコク観光に必要な日数は?【旅費総額4~5万円でいけます】

スポンサーリンク

f:id:kunisfa0717:20190606154112p:plain

初めてバンコク旅行をする人「初めてバンコクを観光する予定だけど、観光日数はどれくらいなんだろう?あわよくば、モデルコースや費用も一緒に教えて欲しい。」

 

微笑みの国タイ。

その首都であるバンコクは大都会の面をもちつつも、物価は日本の半分程度。熱帯地域ゆえにスコールが多発する時期もありますが、比較的温暖で過ごしやすい気候で、東南アジアを代表する人気海外旅行先の1つです。

 

今回はそんなバンコクを初めて観光するのに必要な日数・モデルコース・旅行費用を記事にまとめました!

 

「初めてバンコクを観光する人は、ぜひ最後までご覧くださいね~!」

 

初めてのバンコク観光に必要な日数

f:id:kunisfa0717:20190606152703j:plain

初めてのバンコク観光に必要な日数ですが、

ズバリ…、23

 

23日あれば、初めてのバンコクをたっぷりと堪能することが出来ます!

 

バンコクへは日本からだと直行便で5~6時間程度

直行便はタイ国際航空やJALANAといったレガシー航空や、スクート航空やエアアジアといったLCCも就航していたりと、アクセスはかなり良いですよ。

 

なので、週末弾丸海外旅行にもかなりおすすめ

ちなみに今回の観光プランは金曜日を休んで金土日で行く週末弾丸バンコク観光を想定しています

 

初めてのバンコク観光のモデルコース

f:id:kunisfa0717:20190606152728j:plain

初めてのバンコクへ行く人向けの観光モデルコースはこんな感じ☟

 

1日目

午後:バンコク到着、バンコク三大寺院、カオサン通り

2日目

午前:アユタヤ

午後:アユタヤ、鉄道市場、ゴーゴーバー

3日目

午前:ターミナル21

午後:HwangJaeOctave、バンコク発

 

23日で行ける理由としては、

✔神がかったフライトスケジュール(その結果、23日でも2.5日分使える)

✔エリアごとに観光地が集まっている

2点が大きな理由かな、と!

「バンコクのおすすめ観光地について言及しているバンコク観光丸わかりエリア別ガイド記事!【2泊3日~行くことが出来ます】という記事も一緒に読むとバンコク観光のイメージがより実感しやすくなるので、ぜひそちらも読んでみてくださいね~!」

 

バンコクへはノックスクート航空で。

関空発の便にはなりますが、

 

行き:関空発(8:30)→バンコク着(12:45)

帰り:バンコク(23:45)→関空着(7:10)

 

となっていて、神ががったフライトスケジュールなんですよね~!

LCCにしては快適だったし、割とおすすめの航空会社ですね。

(【評判は?手荷物は?】ノックスクート航空でバンコクへ行ってきた!裏技も紹介!にレビューを書いてありますので、ぜひ合わせてご覧ください!)

 

今回は週末弾丸バンコク観光を想定しているので、金曜日のお昼過ぎにバンコク着いて、日曜日の夜にバンコクを出発して月曜日の朝に関空に到着するっていう感じ!

 

また、先にネタバレしておくと、今回の23日のモデルコースだと航空券代や宿泊費諸々込みで、総額4~5万円程度で行くことが出来ます!バンコク、安すぎる…。

 

このあたりは次項で詳しく説明するとして、早速モデルコースを見ていきましょう~!

 

バンコク観光1日目-午後-

f:id:kunisfa0717:20190606152742j:plain

ノックスクート航空に乗って、お昼過ぎにバンコク到着。

まずは空港からカオサン通りへ。

行き方は【タクシー・バス・電車】ドンムアン空港からバンコク市内への行き方 を参考にしていただければ、バス一本で空港からカオサン通りへ行くことが出来ますので!

 

f:id:kunisfa0717:20190606152855j:plain

カオサンはバックパッカーの聖地といわれているので宿はたくさんあるのですが、個人的におすすめなのがTales Khaosan

一言でいうとコスパが良い。レビュー記事を書いてありますので、詳細はカオサン通りのゲストハウスならここ!『Tales Khaosan』をご覧ください!

 

f:id:kunisfa0717:20190606152904j:plain

荷物を置いた後は、近くにあるバンコク三大寺院へ!

バンコクの寺院といえば、ワット・ポーが有名ですがバンコクには3つの寺院があって、それぞれに特徴があります。

三大寺院についてはバンコク三大寺院『ワット・プラケオ/ワット・ポー/ワット・アルン』を徹底解説 という記事にまとめてありますので、詳細はそちらをどうぞ!

 

f:id:kunisfa0717:20190606152925j:plain

f:id:kunisfa0717:20190606152932j:plain

三大寺院を全て見終わったら、カオサン通りに戻り、1日目の〆を。

飲んで食べても1食数百円程度で、マッサージも数百円と、とにかく物価が安いので値段を気にせずに満喫しちゃいましょう。

旅行全体を通してお土産はここで買うのが一番安いと感じたので、気に入ったものはカオサン通りで買っちゃいましょう!

 

「タイ定番のタイパンツはカオサン通りにて200円ほどで購入。カオサン通りで人生初めての本格的なマッサージを経験したし、蜘蛛やサソリも初めて食べたし、カオサン通りはめっちゃ楽しいw」

 

バンコク観光2日目-午前-

バンコク観光2日目はアユタヤ遺跡へ。

 

と、その前に。

アユタヤ遺跡へ向かうタイ国鉄のフラワボーン駅はカオサン通りから遠く、アクセスも悪いです。

1日目をカオサン通り付近で宿泊している場合は宿の移動をおすすめします。

 

f:id:kunisfa0717:20190606153034j:plain

フラワボーン駅周辺でおすすめの宿は「Tiny Taladnoi Hostel」

控えめに言って神ゲストハウス。チェックアウト後も荷物を預かってくれる神対応なので、翌日のことを考えて、ここに泊まるがおすすめですね。

カオサン通りから水上バスに乗って楽々に移動も出来ますよ~!

ゲストハウスの詳細は⇒バンコクのゲストハウスで迷ったらここ!『Tiny Taladnoi Hostel』

 

話を戻しますね。

この日は夕方までアユタヤ観光です。

 

f:id:kunisfa0717:20190606153053j:plain

アユタヤについてなんですが、行き方や観光のモデルコースなどはアユタヤ遺跡を個人で日帰り(4時間)観光したおすすめモデルコースにまとめてあります。アユタヤ観光についてかなり詳しく書いてありますので、ぜひそちらをご覧ください!

 

バンコク観光2日目-午後-

夕方、バンコク到着。

今日の夜はバンコクのインスタ映えスポットの1つである鉄道市場へ。

 

鉄道市場というと、

「電車でもいっぱいあるんか?w」

と思いがちですが…、

 

f:id:kunisfa0717:20190606153111j:plain

どどーん!

昔鉄道が走っていた場所にできた屋台エリアです!

これは鉄道市場近くにあるショッピングモールの駐車場から撮った写真で、迫力満点でした◎

「これぞまさにインスタ映え…!」

 

f:id:kunisfa0717:20190606153142j:plain

f:id:kunisfa0717:20190606153121j:plain

たくさんの屋台はもちろん、屋台の周りを囲むようにBarなどのお店も多くあります。

なので、鉄道市場で安く美味しいものをいっぱい食べましょう!

 

鉄道市場を堪能した後は、電車に乗って帰り道にあるスクンビットエリアへ。

ここは言わずもがな、バンコク旅行の醍醐味の1つでもあるゴーゴーバーなどがあるエリア。

「ここでは詳細を述べることが出来ませんが…、世の男性諸君…!楽しんできてください…!!!」

 

バンコク観光3日目-午前-

バンコク3日目の最終日は比較的のんびり。

チェックアウトを済ませたら、スクンビットエリアにあるターミナル21へ。

 

f:id:kunisfa0717:20190606153214j:plain

ここは世界の空港をイメージしていて、各階でエリアが分かれています。

 

f:id:kunisfa0717:20190606153241j:plain

f:id:kunisfa0717:20190606153242j:plain

もちろん、日本のエリアもあり、柱で相撲取りをしていたりと、歩いているだけで楽しい。笑

カオサン通りに比べると値段が少し高くなりますが、お土産向けの商品も多く売っていますよ~!

 

ここではのんびりショッピングをしつつ、フードコートでお昼ご飯を食べましょう◎

 

バンコク観光3日目-午後-

f:id:kunisfa0717:20190606153300j:plain

ターミナル21を楽しんだ後は、スクンビットエリアにあるHwangJaeへ。

韓国人が経営する理髪店で、約2,000円でタイの若い女の子が身なりを整える神理髪店。

 

日本で中々経験することができないようなお店ですし、何よりサービスが抜群に良いんですよね。もちろん、健全なお店ですよ???(食い気味)

 

HwangJaeについては【行き方・料金・感想】エロい理髪店?バンコクの『HwangJae』に行ってきたの記事で詳細を書いてありますので、ぜひそちらをご覧ください!

 

f:id:kunisfa0717:20190606153318j:plain

f:id:kunisfa0717:20190606153328j:plain

f:id:kunisfa0717:20190606153329j:plain

少し時間が余るかもしれませんが、17時になればマリオットホテルの屋上にあるOctaveへ。Octaveは屋上にあるBar、通称ルーフトップバーになっていて、お酒を飲みながらバンコクの街並みを一望できるんです…!

 

f:id:kunisfa0717:20190606153338j:plain

さらに!平日であったら17~19時の間はハッピアワーとして指定のドリンクが半額に!

今回は日曜日ということもあって半額料金にはなりませんが、それでも11,400円でこの雰囲気を楽しめるのは割とお得かなー、と。

 

f:id:kunisfa0717:20190606153402j:plain

1,2杯飲んで1時間半滞在していてもお咎めはなかったので、節約をしたい方は1杯飲んでのんびりするっていうのもありでしょう。

 

Ocatveの詳細は⇒バンコクの夜景なら絶対にここ!ルーフトップバー『オクターブ(Octave)』

 

f:id:kunisfa0717:20190606153413j:plain

f:id:kunisfa0717:20190606153418j:plain

ホテルの周辺には屋台があるので、そこで軽く晩御飯でも食べて空港へ向かいましょう!

 

23日の週末弾丸バンコク旅行、お疲れさまでした~◎

 

23日のバンコク観光プランの旅費

f:id:kunisfa0717:20190606153447j:plain

今回の23日のモデルコースでかかる旅費総額は、先にネタバレした通り4~5万円

 

ざっくりですが、内訳はこんな感じ☟

 

航空券:24,200

宿泊費:2,000

食費:5,000

観光費:5,000(バンコク三大寺院+アユタヤ遺跡)

交通費:2,000

娯楽費:+α(ゴーゴーバー、HwangJaeOctave)

 

「まあ、娯楽費は男か女かでだいぶ変わるかな。w」

 

今だとライオンエアという最強のLCCも関空に発着していて、そっちだと通常でも2万円を下回る時もしばしば。

フライトスケジュールは変わってしまいますが、往復2万円以下でバンコクへ行けるのは衝撃ですよね。笑

 

その他|初めてのバンコク観光の前に知っておきたいこと

ここからは当ブログで紹介してきた海外旅行に関する記事を紹介!

見るのはタダ!初めてのプラハ観光の前に見ておかないと損ですよ~!

 

✔バンコク・アユタヤ観光の際に保存しておきたいガイド記事!

【初めてのタイ旅行者必見】バンコク・アユタヤ丸わかりガイド 

 

✔旅行前に旅ブロガーがおすすめする旅行グッズは確認しておきましょう!

海外旅行に必要な持ち物リスト10項目!最低限これだけは持っておこう!

 

✔保険はクレジットカード?保険会社?悩んでいるならいますぐこの記事を!

【クレジットカードvs保険会社】海外旅行の保険どうしていますか?

 

✔学生の方!海外旅行へ行くなら学生必携の2つのカードは持っておきましょうね!

海外旅行で学生にオススメのクレジットカード【選ぶポイントも紹介】

 

まとめ|初めてのバンコク観光は23日あれば十分!

f:id:kunisfa0717:20190606153902j:plain

今回の記事をまとめると、

 

✔本数・種類の多い日本⇔バンコク路線

✔なので、神がかったフライトスケジュールがある

✔観光地はエリアごとに分かれている

✔なので、初めてのバンコク観光は23日で十分

✔タイは物価が安いので旅費総額4万円で旅行可能

 

ということでした!

 

「以上、学生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)がお届けしました!そのほかの人気都市についても【週末・弾丸で海外旅行!】初めての行き先でも3/4/5日間で楽しめる海外旅行先を一挙紹介!でたっぷり紹介していますので、引き続き見ていってくださいね~!」