オーストラリアへ行くならLCC・ジェットスターがおすすめ!【評判・機内食】

スポンサーリンク

f:id:kunisfa0717:20190525102915p:plain

 

オーストラリアへ行く予定の人「オーストラリア発着のジェットスター。LCCのJetstarは席が狭いイメージだけど、実際はどうなんだろう?乗った感想を知りたい。」

 

今回はそういった人にぴったりの記事です!

 

オーストラリアへ行ったのは3年前の夏。

その際に利用したのがジェットスター。

 

ジェットスターといえば、LCCの代名詞でもあり、席はかなり窮屈な印象ですよね

実際、国内線はもちろん、関空⇔台湾の国際線でも利用したことありますが、まあ窮屈でしたね。笑

 

なので、オーストラリアへ行くときは片道7時間のフライトだったので、まあそれはかなり怯えて搭乗しましたよ。笑

 

ですが!

実際に乗ってみるとめちゃくちゃ席が広い!快適!の予想を大きく上回るパフォーマンスでした!

もちろん、LCCなので、JALやANAといったレガシー航空会社よりも料金はかなり安く抑えることが出来ています◎

 

そこで、今回の記事ではオーストラリア発着のLCC・ジェットスターのエコノミー席に関する機内設備や座席・機内サービスなどを記事にまとめました!

また、今回はStarplusというオプション料金も払いましたので、その点も記事に書いています。

 

オーストラリアへ行く予定の方は、ぜひ最後までご覧ください~!

 

 

  

ジェットスターのフライトスケジュール

僕が今回利用したジェットスター・オーストラリア線のフライトスケジュールはこんな感じでした↓

 

2017.8.24(木) 21:00 関空発 → 2017.8.25(金) 5:15 ケアンズ着

2017.9.4(月) 13:00 ケアンズ発 → 2017.9.4(月) 19:30 関空着

 

時差が1時間ほどあるので、フライト時間は7時間ほど!

機内では快適に過ごすことができたのでさほどしんどくはなかったですよ!

このあたりはまた後述しますね◎

 

ジェットスターの料金

料金は探してみたんですが見当たりませんでした、、、、!

そのため、うろ覚えになるんですが、

 

片道基本総額:25,000円

Starplus片道分:7,500円

 

だった気がします!はい、気がします!

 

なので、Starplusをつけての関空⇔ケアンズの往復総額は6.5万円程度だったはず。

オーストラリアに往復5万円から行けるっていうのはかなり衝撃的でしたね。

 

Starplusはジェットスターのオプションセットのことでして、これを追加することで、「座席指定・機内食・受託荷物・ヴァウチャー」などを受け取ることが出来るんです◎

 

ジェットスターの座席と機材

f:id:kunisfa0717:20170905224332j:plain

座席は3-3-3。

ジェットスターの国内線と比べると機体はかなり大きい。

 

なので、ジェットスターのオーストラリア線はLCCにも関わらず座席が広いんですよね!

身長180cm・体重60kgほどの細長い体型の僕でも足元の窮屈感は全くなかったですし、足を組むのも余裕でした◎

 

モニター付きなので座席もしっかりしているので、後ろの人の振動もそこまで伝わってきません。(レガシー航空会社と同じくらいかな?)

ただし、モニター利用は有料なので、機内映画などは見ることが出来ませんのでご注意を。

 

僕はタブレットなどを持参して時間を潰していましたね!

「飛行機のおすすめの座席や選び方のポイントについてまとめた【1分で理解できる図解付き】飛行機(エコノミークラス)の座席でおすすめはここだ!もぜひ合わせてご覧ください~!」

 

ジェットスターの機内食

Starplusにしたので、行き帰りともに機内食がありました。

 

f:id:kunisfa0717:20170905224329j:plain

こちらが行きの機内食!チキンでした!

レガシー航空会社に比べると簡素な機内食にはなりますが、それでもあるだけ十分。

味も日本人好みのしっかりとした味で、美味しく完食することが出来ました

 

帰りは写真撮り忘れてました、、、失態、、、。

 

ジェットスターに乗るならStarplusがおすすめ

ジェットスター(というよりLCC全般)は素乗り料金がベースとなっています。

で、そこから必要なオプションを追加していくというシステムになっているんですよね。 

 

そのため基本運賃では機内サービスはおろか、荷物の預けるのもお金がかかりますし、

座席も事前に指定するにもお金がかかります 

これらを1つずつ付けていくと結構値段が嵩張るんですよね!

 

そこでおすすめなのが先ほども少し紹介したStarplus

基本料金に追加でStarplus料金を追加すれば、受託荷物の追加・事前の座席指定・機内サービス(機内食など)・マイル(orバウチャー)などがセットになったパックを付けることができます◎

(マイルはカンタス航空のみ加算できるマイルなので、僕はマイルを選ばずにバウチャーを選択。往復で合わせて5千円分相当のバウチャーがもらえました~!)

 

単品でそれぞれのサービスを頼むくらいより、Starplusで一括数千円払う方が断然お得!

 

ジェットスターの旅を快適にするグッズ

オーストラリアまでは片道8時間の長旅になります。

そんな長時間のフライトを快適に過ごすためには、座席はもちろんですが快適グッズも必要。

 

 

これまで約40回のフライト経験をし、その中でより良い快適グッズを試行錯誤しながら探してきました!

最近のお気に入りだとこちらのDIY-SPACEのネックピロー

いわゆるトラベルピローと言われるものですが、従来のU字タイプとは異なりマフラーのように首に巻くタイプ。

良い感じにフィットしてくれるので、首がかっくん…、なんてことは今は昔の話ですね。笑

 

そのほかについてはこちらの約40回のフライト経験ありの京大旅ブロガー厳選!機内で快適に過ごすためのグッズ9選!という記事で、経験のエッセンスを詰め合わせておりますので、ぜひそちらをご覧ください。

 

オーストラリアへ最安で行きたいならtownlife旅探しで

オーストラリアへ行ってみたいと思った方。

どうせ行くなら最安値で行きたくありませんか?

 

そんな人の中で、

旅行プランをじっくり作りたいけど、どこが良いのかわからない。

複数の旅行会社に行ったり、問い合わせしたりが面倒。

現地に詳しい旅行代理店同士で値段やプランを比較したい。

といった悩みを持つ方。

 

そんな方にオススメしたいのが、

海外旅行見積もり・プラン一括問い合わせサイト『townlife旅探し』です!

 

townlife旅探しには他社にない3つのメリットがあります。

その1.簡単に一括で複数の旅行会社に問い合わせをすることができる。

その2.同条件なので各会社の値段・プランを簡単に比較できる。

その3.各地域で得意とする旅行会社からのプランを知ることができる。

 

そして、問い合わせ料金は無料です。

一切料金はかかりません!もちろん、航空会社の指定もOKです。

 

「「それでもなんか不安…」という方は、こちらの海外旅行プランを考える時間がないなら!タウンライフ旅さがしがおすすめ!という記事を読んでみるのもおすすめですね~!僕が実際に使用してみて感じたことやおすすめポイントなどをありのままでまとめていますので。笑」

 

面倒な準備をせずに、最適なプランでオーストラリアを楽しみたいと思っている方。

 

海外旅行は思い立ったら即行動が大事。

ぜひ今すぐに問い合わせをして、最安値でオーストラリアへ行きましょう!

>>『townlife旅探し』でオーストラリア旅行の見積もりを無料で問い合わせてみる

  

その他|オーストラリア旅行前に知っておきたい記事

ここからは当ブログで紹介してきた、オーストラリア旅行に関する記事を紹介!
オーストラリアへ行く前に絶対に確認しておきましょう!

オーストラリアの魅力はいっぱいありますからね。

見るのはタダです!見ないと損ですよ~!

 

✔オーストラリアに行く前にオーストラリアの魅力は確認した?

自然大国オーストラリア!オーストラリアをオススメする5つのわけ

✔ケアンズで遊ぶならまずはここ!

オーストラリアのケアンズで外せないオススメ観光地3選!

✔オーストラリアで夜遊びするならゴールドコーストのナイトクラブで決まり!

【2018年最新版】ゴールドコーストでオススメのナイトクラブ6選!【行き方・治安】

✔広大な大地を駆け巡る!海外での初ドライブならオーストラリアで!

評判が気になるJetstarの国際線に乗ってきた【座席・機内サービス・感想】

✔オーストラリアへ行くなら飛行機の情報もチェック必須!

【ドライブ旅行記】絶景だらけのオーストラリア東海岸をレンタカーで縦断した話 

  

まとめ|オーストラリアへ行くならLCCのジェットスターがおすすめ!

国際線と言えど、LCCジャットスター。

乗る前に敬遠をしがちになるかもしれませんが、オーストラリア線に限って言えば、LCCとは思えないほどの快適さでした!

 

値段も内容も満足なジェットスターのオーストラリア線。

もしオーストラリアに行くならば、ジェットスターは料金・内容ともにかなりおすすめです◎

 

以上、学生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)がお届けしました~! 

 

注目記事>> 海外旅行でオススメのクレジットカード

人気記事>> 事前に必要な海外旅行の持ち物リスト10項目