中国旅行

2泊3日の香港旅行でかかった費用は?【旅行の費用を抑えるコツも紹介!】

f:id:kunisfa0717:20190525163202p:plain

香港へ旅行をする人「香港旅行に費用ってどれくらいかかるんだろう?」

今回はそういった人にぴったりの記事になっています◎

 

3年ほどの前の話になりますが、香港へ2泊3日の弾丸旅行をしてきました!

「めっちゃ前の話掘り起こしてくるやん。さてはお前、記事稼ぎやな?
「最近弾丸旅行流行ってるやん?弾丸香港旅行はコスパ的にかなりおすすめやから、それを伝えないなーと!」
タカ

そこで、今回の記事では香港旅行にかかった費用・香港旅行の内容・費用を抑える方法を中心に記事をまとめました。

23日の香港旅行の内容

2泊3日の週末弾丸香港旅行はこんな感じの内容でした☟

  • 1日目

午後:香港到着、ヴィクトリアピークのみ

  • 2日目

午前:甘牌燒鵝でランチ

午後:香港島散策、シンフォニーオブライツ、Harlan’s、ランカイフォン

  • 3日目

午前:雲桂米香線でランチ

午後:點點心でランチ(2食目)、香港発

旅行の詳しい内容は旅行記にまとめていますので、気になる方はぜひそちらをご覧いただけたらなーと!

また、この後も触れますが、使ったのは香港エクスプレスというLCCでしてフライトスケジュールはこんな感じでした☟

  • 行き)() 12:45 関空発 ⇒ 15:35 香港着
  • 帰り)() 18:05 香港発 ⇒ 22:50 関空着

結果的に返りの便が4時間ほど遅れてしまい、その日中に関空には帰れなくなってしまい3泊4日になりました。

それでもプラン上では2泊3日で海外旅行をすることは十分可能です!

香港旅行の費用内訳

気になる費用ですが!

ズバリ…、驚愕の25,000円

もう一度言います、25,000円!

もう一回!25,000円!

 

正直、行った僕が言うのもあれですが、安すぎてビビりますよね。笑

3年経ち、色々な国へ旅行した身から考えても、この金額ははっきり言って安すぎます。

そして、気になる内訳ですが、こんな感じでした☟

  • 航空券費用9,410
  • 宿泊費用5,000/2
  • 食費:6,000円
  • 観光費0
  • 交通費:4,000円

 食費と交通費はかなりざっくりでして、合計で1万円は超えていないかなという感じ。

香港は食費がそれなりに安くて、交通費がめちゃくちゃ安いんです。

 

なので、抑えるべきポイントは宿泊費と航空券です。

その2点の費用の抑え方のコツを含めて、各項目での費用の抑え方などをこのあと紹介していきますね。

香港旅行の費用を安く抑えるためのポイント

今回、23日の香港旅行の費用をここまで安く抑えることが出来たコツは以下の3つ

  • セールを狙って飛行機代を安くする
  • 早期予約でホテルの費用を安くする
  • 無駄な観光費は使わない

特に香港は宿泊費がかなり高いので、宿泊費を抑えることが出来るかどうか、これが一番大きなポイントです。 

タカ
「航空券も大きな要素になりますが、セールなどは半分運もあります。なのでまずは確実に抑えることができる宿泊をしっかり押さえましょう◎」

航空券:セールを狙って安くする

f:id:kunisfa0717:20190525163947j:plain

結論から言うと、香港へ行く際は香港エクスプレスという香港発着のLCCのセールを狙うのがおすすめです。

香港エクスプレスは通常期でも片道1万円ほどで乗ることができるんですが、セールを利用することで最大で片道5,000円ほどで行くことが出来ます。

 

どういうセールかというと、片道運賃490円という顎が何回外れるかわからいような乞食バンザイなセール。

僕もこのセールを利用して香港へ行きました。

なので、航空券の値段は1万円に抑えることが出来ました。(正確に言うと9,410円)

 

もちろんLCCなので乗り心地・サービスなどは期待できませんが、お金を少しでも抑えたい人にはこの値段の安さはこの上なく嬉しいはず。

また、香港エクスプレスはセールの頻度が多く、最低月1回はしている印象です

これは他のLCCではあまり考えられないような頻度感でして、そこに高い割引率のことも考慮すれば、香港エクスプレスはコスパ最強のLCCの1つだといっても過言ではありません

なので、今までセールで航空券を取ったことがないという人も十分に狙えるチャンスはあります!

タカ
「ちなみに僕がセール航空券デビューしたのも香港エクスプレスでした。」

宿泊費:とりあえずホテルを早期予約して安くする

香港の宿泊費は異常に高いです。

なので、ホテルはとりあえず仮押さえでも良いので航空券を取り次第抑えておくのがおすすめです。

 

特に週末なんかになると、

「え、このクオリティで1万円もするの…?」

となることもしばしばあります。

 

たしかに香港にも安く泊まることができる場所はあるんですが、安いと値段相応に部屋の内容もチープになります 

物価が安いバンコクとかであれば11,000円でもかなり綺麗な部屋に泊まることは出来ますが、香港ではまず不可能でしょう。

香港の建物の密度が高く、おそらく新しく建物を建てるスペースがほとんどないために地価が高騰し、ホテルの宿泊費も上がるという仕組みなのでしょう。

 

そのほか、ホテルの宿泊費を安くする方法は別記事にてまとめています!

気になる方はぜひそちらも合わせてご覧くださいね◎

f:id:kunisfa0717:20190525164750j:plain

引用:booking.com

ちなみに僕が泊まったホテルは『3Dイン香港ロマンス』でして、週末に2泊して1人5,000円でした。

部屋はかなり狭いんですが、香港島に近いという好立地だったので値段相応に満足でしたね。 

食費:全体的に安いが、屋台を使えばさらに安くすることも◎

食費は全体的に安かったですね。

例えば、ミシュラン1つ星を獲得しているお店でも1人3,000円~4,000円(うろ覚え)ほどで食べることが出来ます。

そのほかだと、☝のようなヌードル系のお店でも400円から食べることが出来ますし、

☝のような小籠包のお店でもそれなりにしっかり食べて1人1,000円以下でしたからね。笑

 

さらに屋台料理を食べればもっと安くすることが可能です。

☝の料理は屋台で食べた、香港一…、いや今まで食べた中華で一番美味しかったといっても過言ではない料理だったんですが、何とお値段が1つで500円程度!

写真では伝わりにくいんですが、ボリュームも半端ない。味だけでなく、量もあって、コスパ◎◎◎ぐらい。

セットで麻婆豆腐と大瓶ビールを頼んでも1人1,000円いきませんでした。

なので、食費に関しては日本の2/3程度で考えてもらえれば良いかなと。

観光費:香港はお金を使わなくても十分楽しめる!

今回の旅行で使った観光費は0円でした。

0円で楽しむことができるのかと気になる方もいるかと思いますが、香港はお金を使わなくても十分に楽しむことが出来る街です。

例えば、香港で有名な元祖100万ドルの夜景。

特別な展望スポットへ行けばお金がかかるんですが、そこへいなくても☝の写真を無料で撮ることが出来ます

また、シンフォニーオブライツという香港のビルを使った光のショーも無料で見ることが出来ます

香港は中国の中でも大都会の街の1つですが、屋台といったローカルなスポットもかなり多いので、そこらへんを散策するだけでもかなり楽しい

ランカイフォンというクラブ街もあったりするので特別入場料などを払って観光する場所に行かなくても楽しむことが出来ます!

さらにいえば、フェリーに乗って1時間ほど移動すればマカオへも行くことが出来ますね。

 

もちろん、お金を使って香港ディズニーへ行って楽しむという選択肢もあります。

なので、お金のない人はお金がないなりに楽しむことができて、お金がある人はお金があるなりに楽しむことができますよ~!

交通費:公共交通機関は日本よりも全体的安い!

交通費は4,000円ほどかかりました。(うろ覚え)

はっきりとデータで残っているのは以下の通り。

  • 空港→市内(バス):1,000円
  • ヴィクトリアピーク・トレイン(往復):600円
  • 市内トラム:50円
  • フェリー:50円

ここに香港市内→空港までの電車代と市内観光をした際にかかった電車代・深夜のバス代などがかかったのでざっくり4,000円ほどかなと。

 

ざっくり見てもらってもわかる通り、交通費の値段が異常に安いです。

 

空港→市内はそれなりにしますが、香港市内に来てからはほとんどお金がかかりません。まじで誤差レベル。

なので、香港旅行では交通費で節約する必要はないかなと。

まとめ|香港旅行の費用は25,000(23)なので、週末弾丸旅行におすすめ!

f:id:kunisfa0717:20190525164011j:plain

香港旅行にかかった総額費用は25,000円!

セールは頻度も多いので誰でも十分に狙える可能性はありますし、ホテルも早めに抑えすれば23日の香港旅行を25,000円程度で行くことが出来ます!

 

なので、国内旅行するよりも安く旅行することが出来るんです

それ以外にも、香港は関空から片道4時間程度で行くことが出来るという点もあり、週末海外旅行に最適

 

気分転換に海外旅行へ行きたい社会人の方も気軽に行けます。

少しでも気になる方はぜひ行ってみてくださいね!

タカ
「以上、学生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)がお届けしました~!」

スポンサーリンク

-中国旅行

© 2020 得する旅、損する旅