バンコクのゲストハウスで迷ったらここ!『Tiny Taladnoi Hostel』

f:id:kunisfa0717:20190207145909p:plain

 


初めてのバンコク旅行、どこのゲストハウスに泊まったら良いかわからない。

 

今回はそういった"初めてのバンコク旅行でどこのゲストハウスに泊まったら良いかわからない人"に向けた記事になります。

 

今回、僕が紹介するゲストハウスは『Tiny Taladnoi Hostel』というゲストハウス。

バンコクの中心となる国鉄『フラワボーン駅』から徒歩10分圏内に位置し、チャイナタウンまで徒歩10分、フェリーの発着場であるMarineDept桟橋まで徒歩3分のところに位置する、好立地なゲストハウスです。

 

料金は1900円という安さながらも、超豪華な朝食付きの清潔感溢れるゲストハウスでした。

 

今回の記事ではバンコクの中心国鉄近くに位置するオススメのゲストハウス『Tiny Taladnoi Hostel』に関する情報をまとめました。

 

 

 

この記事で得られる情報

✔行き方

✔料金

✔ベッドルーム・水回り・共有スペースなどの使用感想

✔朝食内容

✔アメニティ類の有無

✔防犯性

Wi-Fiの速度

✔宿泊した感想

 

 

行き方

Tiny Taladnoi Hostelは国鉄フラワボーン駅南西、徒歩10分の距離に位置します。

 

駅周辺にはバイクタクシーも多く、バイクタクシーで行くと20B(70)ほどで行くことが出来ます。

 

f:id:kunisfa0717:20190207150009j:plain

f:id:kunisfa0717:20190207150010j:plain


ゲストハウス周辺には24時間空いているセブインレブンやカフェ、そしてフェリーの発着場でもあるMarineDept桟橋があり、フェリーを使えば三大寺院やアジアティーク・ザ・フロントまでも15Bで行くことが出来ます。利便性抜群です!

 

 

料金

f:id:kunisfa0717:20190207150048j:plain


料金は以下の通り。

 

✔ドミトリー:1,000

✔ツインルーム:2,500

✔ダブルルーム:3,200(専用バスルーム付きの場合3,800)

 

ドミトリーは6人部屋と4人部屋があり、それぞれで男女共用部屋と女性専用部屋が用意されています。

 

現金払いのみが多いバンコクですが、クレジットカード(Master,VISA)での支払いも可能

 

 

ベッドルーム・水回り・共有スペースなどの使用感想

ベッドルーム

f:id:kunisfa0717:20190207150217j:plain

f:id:kunisfa0717:20190207150215j:plain


ベッドルームは6人部屋と4人部屋、ダブルルーム、ツインルームの4種類あります。

(6人部屋に泊まったので6人部屋タイプのみの紹介になります。)

 

ベッドにはカーテンがついており、コンセントの口が2つと小さな棚がついています。

 

f:id:kunisfa0717:20190207150250j:plain


部屋には鍵付きのロッカーがついており、中にはバスタオルと館内用のサンダルが入っています。

大きな荷物を入れることは出来ませんが、ある程度の容量はあります。

 

大きな荷物はフロントにある倉庫に預けることが出来るので、もし不安ならばフロントで預けることをオススメします。そういう意味で防犯性は◎

 

 

水回り

f:id:kunisfa0717:20190207150128j:plain


1
階にトイレが2つと、それ以外の階にトイレとシャワーが3つずつありました。

全館ではトイレが8つとシャワーが6つあります。

 

バンコクで泊まったゲストハウスの中で、水回りが一番きれいでした

もちろん、トイレはトイレットペーパー完備。

(ただし、トイレの中にペーパーを流すことは出来ません。)

 

シャワーは水圧・お湯の加減ともに◎

シャンプー類が用意されている上に、バスタオルまで貸してくれるので、シャワー用品の準備は一切いりませんでした

 

 

共有スペース

f:id:kunisfa0717:20190207150150j:plain


共有スペースは1階にある外のテラスと中にあるテーブル・ソファになります。

外では屋台でご飯が売っていたり、飲み物が売ってあります。

 

さらに、1階エリアには飼い猫が3匹おり、いつでもじゃれ合うが出来ます

 

フロントは朝の3時まで対応

それ以降はオートロックでの入館になります。

 

 

朝食

全宿泊プランに朝食が含まれています

1階の共有スペースで用意されています。朝の7時半には用意されていました。

10or12時まで食べることが出来るみたいです。

 

f:id:kunisfa0717:20190207150318j:plain

f:id:kunisfa0717:20190207150320j:plain



よくあるゲストハウスの朝食(食パンとジャム、シリアルのみ)ではなく、カットフルーツからサンドウィッチ、マフィンなど、宿泊料金1,000とは思えない程豪華な朝食でした。

飲み物もコーヒーや紅茶、牛乳、ジュースなどが用意されています。

 

今まで宿泊してきたゲストハウスは数十カ所になりますが、これほど豪華な朝食が用意されてあったのは今回が初めて。日本で食べる以上に朝食をいただいてしまいました。笑

 

 

Wi-Fi

Wi-Fiの速度は十分に速かったです。

LINEやインスタはもちろん、動画も快適にスイスイ見ることが出来たので、速度の申し分はありません。

 

ただし、3階の部屋では時折遅いことがあったので、場所に依っては届きにくいことがあるのかもしれません

 

 

宿泊した感想

f:id:kunisfa0717:20190207150341j:plain


立地・料金・快適さ、全ての点で満足したコスパ最強のゲストハウスだと感じました。

その中で、特に感動したのは豪華な朝食とスタッフの親切さです。

 

重ね重ねになりますが、あれほどの豪華な朝食は今まで見たことがありません

山盛りのフルーツに加えて、手作りのサンドウィッチやマフィン。

オーナーのおばちゃんがこれでもかというくらいオススメしてくれるので、遠慮せずに食べてしまいました。笑

 

それに加えて、ゲストハウスのスタッフの方々が本当に親切

 

チェックインの日、「どこに観光しに行く?」と行き先やオススメをスタッフから教えてくれたこと。

チェックアウトの日、1日アユタヤに行くということで荷物を夜まで預けたのですが、嫌な顔1つせずに笑顔で預かってくれたこと。

帰ってきた時に、「汗かいているならシャワー浴びていく?タオルも新しいもの使っていいよ。」と言ってくれたこと。

 

とにかく、宿泊者に気を使ってくれていることがひしひしと伝わりました。

低料金にも関わらず、これだけのホスピタリティ精神をもって接してくれることに、ただただ感動しました。

 

バンコクで泊まるゲストハウスに悩んでいるなら、『Tiny Taladnoi Hostel』に泊まることをオススメします!満足すること間違いなしです。

 

 

まとめ

✔国鉄フラワボーン駅から徒歩10分、バイクタクシーで20B(70)

✔フェリー発着場が徒歩3分圏内、三大寺院などの有名観光地へのアクセス◎

✔徒歩1分圏内に24時間空いているセブンイレブンあり

✔料金は11,000円で、快適なベッドルームに綺麗な館内

✔全プランに豪華な朝食付き

✔ホスピタリティ精神溢れるスタッフ

 

 

>> タイ旅行に関する情報をもっと知りたい方はこちら 

 

注目記事>> 海外旅行でオススメのクレジットカード

人気記事>> 事前に必要な海外旅行の持ち物リスト10項目