世界一位の評判を持つカタール航空の機内食・サービスなどはどうなのか?

f:id:kunisfa0717:20180222194026p:plain

画像

こんばんは、タカです!

 

今回は久しぶりの搭乗レビューをしようと思います。

利用した航空会社は、中東の航空会社カタール航空。

飛行機にあまり乗らない方からすると、中東という響きに不安があるかもしれませんが、カタール航空は2017年の航空会社ランキングで1位を取った実力派航空会社です。

同年でANA3,JAL21位を取っており、日系航空会社をも上回っています。

 

利用した路線は羽田⇔ドーハ、ドーハ→ワルシャワ、ミュンヘン→ドーハ。

関連記事

盛りだくさん!ドイツ、ミュンヘンとその近郊の観光スポット8選!

本当に首都?ポーランドのワルシャワに行ってみたらイマイチだった!

 

このレビュー記事では、カタール航空の機内食とサービス、そしてドーハ空港を紹介していきたいと思います。

 

それでは早速見ていきましょう!

 

 

 

 

シートと機材

f:id:kunisfa0717:20180222192653j:plain

エコノミークラス最大のシートピッチを持つといわれるカタール航空。

実際に利用してみた感想としては、3-3-3のシート配列な上に、天井も高いため、飛行機内で感じた広さとしては過去一番に広く感じました

また、シートピッチは身長が180cmほどある僕でも楽々に足を組むことが出来るほど。

リクライニングもある程度に倒すことが出来るので、十分寝ることが出来ました。

ただ、他の搭乗記録では「狭い」などの声も上がっており、個人差はあるのかもしれません。

 

席には『枕・ブランケット・アメニティ』が用意されています。

アメニティの中には『靴下・耳栓・アイマスク・歯ブラシ』と旅の必需品が用意されています。最近になって他の航空会社でもこのサービスが定着しつつあるみたいですが、至れり尽くせりです。

 

f:id:kunisfa0717:20180222192711j:plain

 

機材も中東のオイルマネーのおかげで最新機材です。

ディスプレイはタッチパネル式で、ゲームをはじめとしたコンテンツも豊富です。

 

なんといっても嬉しいのが豊富な種類の映画

僕が行った時は絶賛公開中ながらも、『君の名は』を見ることができ、かなりのジャンル幅をカバーしたラインナップでした。

 

また、ミュンヘン→ドーハでは飛行機の飛んでいる様子もモニターで見られる機能がついており、ちびっ子だけでなく大人も楽しめる工夫が満載です。勿論、USB充電も可能。

 

 

機内食

機内食ですが、予め用意された日本語で書かれたメニューがあるので、英語のわからない人でも安心して選ぶことが出来ます

 

また、カタール航空の人気の1つに機内食が美味しいという理由もあります。

器や食器もちゃんとしたガラス製のものを使っていたという点も驚きでした。

 

で、本当はここで美味しい機内食の写真を張りながら説明をしたいところなのですが、何故か当時の僕はメインディッシュの蓋を閉めたまま撮っていました。笑

というわけで、メインディッシュ以外の雰囲気だけお楽しみください。

 

 

f:id:kunisfa0717:20180222192609j:plain

f:id:kunisfa0717:20180222192614j:plain

f:id:kunisfa0717:20180222192524j:plain

f:id:kunisfa0717:20180222192525j:plain

 

機内サービス

勿論ギャレーにはお菓子が用意されています。

ただ、エールフランスに乗った時に比べて種類は少なかったように思います。

関連記事

フランスへの直行便、エールフランス航空を辛口評価します 

 

取りに行った時間が遅かったとかも関係あるのでしょうか?

 

最初の15分以降は有料になりますが、Wi-Fiも使うことが出来ます

カタール航空の機内サービスが光るのはビジネスクラス以降のみらしいので、永遠にそのサービスを受けることはなさそうです。笑

 

飛行機の旅を快適にするグッズ

カタール航空の悪い点はフライト時間が長いということ。

 

カタールを経由してヨーロッパまで行くとなると12時間以上は裕に超えることになります。以下はそんな長時間のフライトで快適に過ごすためのグッズです!

 

トラベルピロー

折り畳めるだけではなく、ボタンで膨らませることが出来るトラベルピロー。

コンパクトなサイズなので、使わない時は収納出来て便利です!

 

サンダル

長時間のフライトでは、気軽に靴を着脱できるスリッパも必携です。

クロックスもオススメですが、よりオススメなのがコンパクトに携帯できる折り畳みのスリッパ。

 

ホテルでも使えるので1足常備していると、様々な場面でかなり役立ちます。

 

 

 

 

ドーハの無料ツアー

f:id:kunisfa0717:20180222192739j:plain

f:id:kunisfa0717:20180222192749j:plain

ドーハ空港ではトランジット時間に応じた無料のツアーを行っています。

 

僕は生憎トランジットの時間が合わず利用することは出来ませんでしたが、カタールに無料で入国できるチャンスですので、利用できる方はぜひ利用することをオススメします。

詳しいことはこちらのサイトに書いてありましたので、そちらをご覧ください。

市内観光が無料!ドーハ空港での乗り継ぎ方法とトランジットの過ごし方 | TABI JOZU

 

また、このドーハ空港では有料で利用できるラウンジもあります。

通常だとビジネスクラスしかラウンジが利用できないところが多いですが、ドーハ空港にはラウンジの種類も多く、ビジネスはビジネス用にラウンジがあるみたいです。

料金は5時間ほどで6,000円くらいだったはず。利用したのに値段をメモし忘れていました。笑

勿論、シャワーや軽食、横になれるソファー(座席数に限りあり)などもありますので、ゆっくりしたい方にオススメです。

航空券はSkyscanner

カタール航空の格安航空券を探すのにオススメなのがSkyscanner

最安値で買える月や、月内の最安値も調べることができる大変便利なサイトです。

 

 

Expediaも有名ですが、なぜSkyscannerの方が良いのかはこちらの記事をご覧ください。

【保存版】オススメ!安く海外旅行へ行くために知っておくべきこと

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

初めて乗った中東系のエアーラインでしたが、カタール航空は期待以上の良さのある航空会社でした。

遅延が多いなどの意見もありますが、ヨーロッパへ安く、そして快適に行くための航空会社の1つとであることは間違いありません。

 

ぜひ、機会あればご検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

↓あわせて読んでほしい記事↓

✔ 【まとめ】2017年春休みin東ヨーロッパ【一人海外旅行】

✔ 海外旅行に踏み出せない方必見!僕がこれまで訪れた世界の国々を紹介します!

迷ったらここ!大学生のうちに見ておきたい海外の絶景ベスト5

日程・観光スポットまで完全網羅!予算別のオススメの国を紹介!