クラクフ⇔プラハ間の移動はLEO EXPRESSがオススメ【レビュー】

スポンサーリンク

f:id:kunisfa0717:20190114200106j:plain


 

 

ポーランドのクラクフとチェコのプラハの最適な移動手段を知りたい。

 

今回は、そういった"クラクフ⇔チェコ間の最適な移動手段を知りたい人"に向けた記事です。

 

僕は3年前のこの時期にポーランドとチェコを訪れました。

その旅行で、ポーランドのクラクフからチェコのプラハに移動した際に利用したのが、今回紹介する『LEO EXPRESS』です。バスと電車を乗り継いで移動します。

 

今回はそのLEO EXPRESSの魅力や料金を記事にまとめてみました。

 

 

 

 

 

LEO EXPRESSの魅力

○値段が安い

f:id:kunisfa0717:20190114200255j:plain


LEO EXPRESS
の魅力の1つは、その値段の安さにあります。

 

僕が利用したクラクフ→プラハの片道料金は2,000(2等車両)

ポーランドとチェコの国境を跨ぐにも関わらずこの安さです。

 

ワンランク上の1等車両を乗ったとしても、片道料金は倍の4,000円程度

どちらにしても非常に安く、バックパッカーも安心して乗ることが出来ます。

 

ちなみに、参考程度ですが、フランスで乗ったTGVという新幹線は、今回の区間の半分以下の距離で約3倍の6,000円ほど取られました(2等車両)

物価の安さも大きく関係しているのでしょう。

 

○移動時間が短い

移動時間が短いのも魅力の1つ。

 

クラクフとプラハは約500kmも離れています。大阪と横浜ぐらいの距離でしょうか。

LEO EXPRESSはこの距離を、約6時間で移動することが出来ます。

 

たしかに、新幹線と比べると倍の時間がかかっているので、遅く感じる人もいるかもしれません。

 

ただ、バスと電車を乗り継いで移動するLEO EXPRESS以外で1日で移動する手段は現在のところなく、さらに値段も考慮すれば、かなり短い移動時間だといえるでしょう。

 

 

○車内が綺麗

バス、電車ともに車内がとても綺麗

 

意外と思われるかもしれませんが、

ヨーロッパの車内は日本と比べるとかなり汚いです。

国によって違いはあるとは思いますが、僕が行った国では日本より汚かった印象でした。(ドイツを除く)

 

f:id:kunisfa0717:20190114195624j:plain


外装は黒と黄色で高級感のあるデザイン。

中も落ち着いていて、バスに限ってはリクライニングも十分すぎるほど。

 

2,000円で国境を移動しているようには思えませんでした。

 

○サービスが良い

サービスがとても良いです。

 

値段が値段だけに期待していなかったので、これは良い裏切りでした。

Wi-Fiがある(速度も申し分なし)

・ドリンクサービスがある(水またはジュース)

・トイレ付き

・深いリクライニング

 

ポーランド国鉄に乗った際も、手厚いサービスを受けました。

物価の安い国だからサービスが良いのか、それともたまたま良かっただけなのか、謎ですね。

>>ポーランド国鉄PKPに乗った時の話はこちら

 

○本数が多い

1日の運行本数が多い点も見逃せません。

 

実際に公式サイトで検索していただけるとわかりますが、

15本以上は運航しており、旅行のアレンジにも融通が効きます。

 

○乗り換えに失敗しない

f:id:kunisfa0717:20190114195834j:plain


バスと電車を乗り継いで街を移動しますが、

乗り換えに失敗することは100%ありません。断言します。

 

というのも、このLEO EXPRESSは出発駅と終着駅を結んでいます。

途中、ボフミーン駅で乗り換えになりますが、ほかの乗客たちも目的地は一緒。

ですので、彼らについていけば難なくつくことができます。

 

「もしほかに乗客がいなかったらどうしよう」「ボフミーン駅での乗り換えホームが心配」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、LEO EXPRESSの電車は他の電車とデザインと異なり、黒と黄色の異色電車ですので絶対に気づきます。ご安心ください。

 

まとめ

クラクフ⇔プラハ間の移動はコスパ最高なLEO EXPRESSがオススメ!

 

 

注目記事>> 海外旅行でオススメのクレジットカード

人気記事>> 事前に必要な海外旅行の持ち物リスト10項目