絶景だらけのトルファンで必ず訪れて欲しい、オススメの観光地3選

f:id:kunisfa0717:20180322132704p:plain

どうも!こんばんは、タカ(@g_b_trip)です。

 

今回紹介する場所は新疆ウイグル自治区内にあるトルファン

 

ルファンはウルムチの南東200kmに位置する小さな街。

街の雰囲気は、インドに似た感じで、かなりディープな雰囲気が漂っています。

 

今回は、ここ、トルファンを訪れたら絶対に行って欲しい近郊にある観光地3を紹介します。どの観光地も砂と岩が織りなす絶景ばかりです。

 

それでは早速見ていきましょう!

 

 

トルファンへの行き方

トルファンへはウルムチ南郊にある長距離バスステーションから30分間隔に1本出ています。

事前情報では位置情報がなかったので、Googleマップを張っておきます。

街の中心地からタクシーで約15元、日本円にして約300円程度です。

 

バスの料金は片道45元、始発は950分発です。

新幹線もあるそうです。

 

f:id:kunisfa0717:20180322153930j:plain

 

バスに乗っている人の多くはウイグル人。

 

トルファンまでは片道3時間強で、途中にトイレ休憩と検問が1回ずつあります。

行きのバスの中はお世辞にも綺麗とは言えませんが、道中の景色は山々があったりと、とても綺麗でした。

f:id:kunisfa0717:20180322154045j:plain

他の人たちがよく挙げている風力発電もありましたが、空気が汚かったせいで、奥のほうまで見えなかったのが残念。写真では曇っていますが、天気はこの後回復しています。それでも奥のほうまで見えません。笑

 

 

f:id:kunisfa0717:20180322154011j:plain

帰りのバスは行きよりも綺麗で、綺麗さは田舎の日本の市バスぐらい。

また、帰りの道中では、行きに降っていなかった雪が山々に積もっており、行きに見た景色以上に良さがあり、一石二鳥でした。笑

 

営業時間

: 8:30-21:00

: 8:40-20:30

 

 

トルファン近郊オススメ3

火焔山

f:id:kunisfa0717:20180322130607j:plain

f:id:kunisfa0717:20180322130702j:plain

西遊記にも登場する場所でもある観光地であり、トルファンを代表する観光地でもある火焔山。

 

名前の由来は日が当たる姿がまるで炎が燃えている様子に似ているからだとか。

西遊記では牛魔王と戦った場所でもあり、西遊記ファンなら高まること間違いなしです。

 

ただ、こちらの火焔山の裏側には次に紹介するベゼクリク千仏洞があります。

そのため、そちらからも正面のような景色ではありませんが、火焔山の一部にあたるため、西遊記などに特に興味がなければ行かなくても良いかもしれません

入場料は40元でした。

 

ベゼクリク千仏洞

f:id:kunisfa0717:20180322130719j:plain

f:id:kunisfa0717:20180322130720j:plain岩山の麓に位置する仏教遺跡、ベゼクリク千仏洞 

 

ここには83個の洞窟があり、その一部が観光客に公開されています。

中には壁画やお墓的なものがあり、英語での解説もあるので、歴史がわからない人でも内容を理解することは出来ます。

それぞれの洞窟前には警察がおり、内部は撮影禁止となっています。

 

ただ、正直、歴史を知らない人からすると、雰囲気を楽しむ場所になるかもしれません

 

f:id:kunisfa0717:20180322130746j:plain

 

しかし、ここのオススメは、ベゼクリク千仏洞自体ではなく、ベゼクリク千仏洞の入り口近くにある岩山を登ったところから見る景色にあります。

写真を見てもらってわかるように、岩山の麓に位置する遺跡が街のように見え、まるでオアシス都市のような風景を見ることが出来ます。

 

ベゼクリク千仏洞は個人によって良し悪しがあると思いますが、ここからの風景は絶対に見たほうが良いくらいオススメできる場所です。

載せている写真の風景も旅行の中でもお気に入りの1枚。

 

登る距離自体はたいした距離ではなく、5-10分ほどで登ることができます。

さらに、ラクダに乗って登ることも出来るので、体力のない人もぜひ登ってみて、その景色を堪能してください。入場料は40元。

 

f:id:kunisfa0717:20180322130756j:plain

 

余談ですが、僕が行った時は、ウイグル人のおじさんが楽器を演奏しており、ここの雰囲気をより一層掻き立ててくれました。あのおじさんは毎日いるのでしょうか。

 

 

 

 

クムダク砂漠

f:id:kunisfa0717:20180322130818j:plain

トルファンに行った際は絶対に行って欲しい場所、クムダク砂漠。

 

ここは観光地化した砂漠ではありますが、その規模の大きさには驚かされます。

 

写真を見ていただいてわかりますように、果てしなく続く砂砂漠が広がっています。

どこを見ても砂、砂、砂。

 

ここまで到達するのに、入り口から30分ほどかけて砂山を登りますが、登る甲斐は十分にあります。値段はうろ覚えですが、120元ほどでバギーに乗っていくこともできます。

 

f:id:kunisfa0717:20180322130833j:plain

f:id:kunisfa0717:20180322130836j:plain

 

人の歩いた足跡も1つの景色として様になりますし、人の歩いていないところも1つの景色として様になります。まさに、皆さんが思い描くような砂漠です。

 

f:id:kunisfa0717:20180322130922j:plain

鳥取砂丘を見たときも感動したことを覚えていますが、感動はその比にならなかったですね。笑

夕方の砂漠も綺麗でした。

 

入場料も30元と安い上に、トルファンから車で2時間なので日帰りでも行けます。

ぜひとも行ってみてください。感動すること間違いなしです

 

オススメの周り方

ここまでオススメの観光地を紹介してきましたが、トルファンからは少し距離が離れています。

 

そこで、紹介するオススメの周り方はタクシーをチャーターして周ることです。

トルファンから火焔山とベゼクリク千仏洞はチャーターせずとも行ける距離ではあるのですが、クムダク砂漠はトルファンから片道2時間のピチャという街にあるため、チャーター以外では厳しいと思われます。

 

僕たちは日本語がペラペラの運転手のタクシーをチャーターして1台750/日という高値でした。他にはいないと言っていたので、承諾したのですが

日本語を少し喋れるタクシー運転手を街中でちらほら見かけました。笑

(ただ、とても親切な運転手で、宿泊施設などで問題が生じた時も通訳として助けていただき、内容にはかなり満足しています。)

 

ですので、もう少し安く行けるはずです。ぜひ探してみてください。

 

まとめ

f:id:kunisfa0717:20180322131005j:plain

トルファンの観光地は砂と岩が作る絶景だらけ!

 

 

 

↓あわせて読んでほしい記事↓

✔ これさえ見れば丸わかり!中国最果ての地、新疆ウイグル自治区まとめ 

✔ マイナー路線、天津経由の天津航空が案外オススメできる件

✔ 中国であって中国ではない新疆ウイグル自治区へ旅行した理由