モンサンミッシェルの行き方からオムレツまで徹底解説します!

f:id:kunisfa0717:20180212184457j:plain

こんばんは!タカです!

今日は久しぶりの観光スポット紹介です。

 

紹介する得する場所は『フランス/モンサンミッシェル

フランスの有名な観光地の1つで、フランスへ行く日本人旅行者の多くが訪れる場所です。

 

今回はそんなモンサンミッシェルに関するお得な情報をお届けします!

 

 

 

 

行き方

f:id:kunisfa0717:20170910183015j:plain

モンサンミッシェルはノルマンディー地方という、パリから約330kmも離れた田舎のところにあります。さらに、最寄り駅からバスで1時間とあまりアクセスは良くありません。

行き方は大きく分けて2種類。『電車+バス』と『ツアー』です。

電車+バス

上述したようにモンサンミッシェルはアクセスがあまりよくありません。

パリからTGVで片道約2時間かけてレンヌ駅へ行き、そこからバスに乗り換えになります。駅発のバスはお昼過ぎまでしか出ていないので、なるべく早めに行かなければなりません。

 

また、モンサンミッシェルは物価が高く、宿泊費や食費も少し高くつきます。

修道院内に入る費用も掛かるので、複数人数で宿泊費を安く抑えられる方以外にはこの方法はあまりオススメ出来ません。

 

ツアー

僕のオススメはツアーです

ツアーだと確実にモンサンミシェルまで行けますし、モンサンミシェルは人気の観光地だけあってツアーの種類豊富ですが豊富です。(日帰りプランや1泊2日プランなど)

 

僕が利用したツアーはVELTRA

1泊2日のプランで、行きの道中では田舎の村に寄って散策も出来ます。

f:id:kunisfa0717:20180211152914j:plain

僕はラブイユ村というところへ行きましたが、長閑な街で良かったです。

 

モンサンミッシェルにはお昼過ぎに着きましたが、1泊2日なので時間もたっぷりあります。

1日目はモンサンミッシェル周辺などを観光し、2日目の朝に人の少ない修道院をゆっくり観光しました。

移動費・宿泊費・昼食代・修道院代で2万程度と、『電車+バス』と比較するとかなりお得に行けたと思っています。

 

得するのはツアー

 

 

宿泊場所

モンサンミッシェルでの宿泊場所も『島内』と『島外』の2種類あります。

島内

f:id:kunisfa0717:20180211154311j:plain上述したように島内は物価が高く、島外よりも宿泊費は高くなります。

さらに、島内は閉まる時間が早いので、夕方以降の買い出しは島外まで行く必要があり、かなり不便です。良い点は、世界遺産に宿泊することが出来る上に、異国情緒溢れる雰囲気を楽しめるのは島内なので、それを味わいたい人には良いかもしれません。

 

 

島外

f:id:kunisfa0717:20180211154522j:plain

僕のオススメは島外。

 

島外の宿泊場所もいくつか種類があり、モンサンミッシェルと陸をつなぐ橋の麓と、駅から着くバス停近くです。

 

橋の麓は部屋からモンサンミッシェルが見えるというメリットがある一方で、値段が少し高くなるというデメリットがあります。

バス停近くは値段が安く、スーパー的なショップに近いというメリットがある一方で、部屋からモンサンミッシェルが見えないというデメリットがあります。

 

いずれにせよ、モンサンミッシェル全体を見ることが出来るのは島外なので、どちらに宿泊してもその美しい景色を十分に堪能できるのは島外でしょう。

 

得するのは島外

 

治安

モンサンミッシェル周辺の治安はかなり良いです。

人気の少ない朝と夜でも特に危険を感じることはありませんでした。

 

時間帯

修道院見学

f:id:kunisfa0717:20180211154629j:plain

f:id:kunisfa0717:20180211154643j:plain

f:id:kunisfa0717:20180211154723j:plain

なるべく朝早くがオススメです。

というのも、観光客の多くはお昼過ぎから来るため午前中は宿泊客しかいません。

お昼以降はモンサンミッシェルが観光客で溢れかえるので、落ち着いた雰囲気の修道院を見ることが出来るのは午前中だけでしょう。

 

修道院の見学時間自体は1時間ほど。

数百年前に建てられた建造物はどこも見ごたえのある部屋や建造物ですので、ぜひ人の少ない時間帯でじっくりと修道院を見学してください。

また、修道院は周りの景色を眺望できるので記念撮影にもピッタリの場所です。

 

修道院見学で得するのは朝

 

モンサンミッシェル(外観)

f:id:kunisfa0717:20180211155029j:plain

by flicker

夕方~朝になります。

 

僕は生憎の天気で見ることは出来ませんでしたが、友人曰く、ライトアップされるモンサンミッシェルも幻想的で十分に綺麗で、夕方と朝のモンサンミッシェルは昼・夜にはない日に照らされ刻々と姿を変える姿を現し、なんとも言えない悠々とした幻想的な姿を見ることができます。

またこの時間帯は日帰り客の人たちが帰っている時間帯でもあるので、昼の観光客の騒々しさもなく本当に静かな時間が流れるのでかなりオススメです。

 

得するのは夕方~朝

 

モンサンミッシェルのここに注意

どこを取っても素晴らしいモンサンミッシェルですが、行く前に知っておきたい2つのことがあります。

 

観光客の多さ

これはどこの人気観光地でも当てはまる話ですが、観光客がとても多いです。

朝と夕方以降は上述したように日帰り客がいなくなりますが、昼の多さには正直うんざりします。

お金がない人でも時間があるならば、ぜひ1泊して静かなモンサンミッシェルの雰囲気を楽しんでほしいです。

 

オムレット

f:id:kunisfa0717:20180211155222j:plain

モンサンミッシェルには昔から伝統的なオムレツがあり、日本では食べたことのないようなオムレツです。

ただ値段がとても高い上に、味があまりありません

僕はツアーの昼食にセットでついていましたが、話によると島内で食べれば4,000円弱ほどするとか。

なので、味を期待して食べたい人にはオススメはしません。

 

まとめ

1泊2日のツアー

島外に宿泊

島内の観光は朝

夕方~朝

 

↓あわせて読んで欲しい記事↓

ランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク