飛行機搭乗記録

評判が気になるエアアジア(A320)に乗ってみた!【過去最高の窮屈感でした】

f:id:kunisfa0717:20190914153133p:plain

エアアジアに乗る人「今度乗る予定のエアアジアに関する情報を知りたい。」

今回はそういった人にぴったりの記事!

 

10年連続ワールドベストLCCを受賞しているエアアジア

海外旅行好きはもちろん、そうでなくても知っている人は多いはず!

格付け会社の航空会社ランキング2018、世界1位はシンガポール航空、ANAは2年連続で3位に ―スカイトラックス | トラベルボイス

 

かれこれ直近3年間で40回ものフライトを経験しましたが、実は今まで乗ったことがありませんでした。

ですが、先日のマレーシア旅行で乗れるチャンスを発見したので、良い機会だと思い乗ってきました!

 

ただ、先に結論から言ってしまうと、もう二度と乗りたくないですw

言葉選ばずに言うと、マジで豚箱。たった1時間のフライトだったんですが、普通に体調不良になりました。笑(彼女も体調不良に)

 

今回はそんなエアアジアに関する料金・機材・座席などを中心に記事をまとめました!

「エアアジアに乗る予定の人はぜひ最後までご覧くださいね!(最後まで読んで乗りたくなるかもですが。笑)」

 

エアアジアのフライト情報

f:id:kunisfa0717:20190914152739j:plain

今回利用したエアアジアのフライトはこんな感じ☟

1335分ランカウイ発 ⇒ 1500分クアラルンプール着

 

定刻通りの出発で、到着も時間通り。

1時間のフライトでしたが、座席が狭すぎるのでそれでもきつかったですね。笑

 

マレーシア国内ではマレーシア航空をはじめ、マリンドエア・ファイアフライ航空・ライオンエアなどの様々な航空会社が多く飛んでいますが、その中でもエアアジアは本数がかなり多いです。

 

なので、時間の融通がかなり利きやすく、旅行のスケジュールに組み込みやすいのが一番のメリット

「僕も本来ならマレーシア航空・マリンドエアなどを使いたかったんですが、時間・値段を考慮した結果エアアジアを使うことになりました。」

エアアジアの料金

f:id:kunisfa0717:20190914152823j:plain

今回利用したエアアジアの料金はこんな感じ

予約クラス:エコノミー・バリューパック

料金:4,297円(諸税込みの総額)

 

乗るだけなら3,000円ぐらい?だったんですが、今回は預け荷物もあったのでバリューパックにしました。

エコノミーでも予約パターンは「素乗り」「バリューパック」「プレミアムフレックス」の3種類あります。

 

内容はこんな感じ☟

(バリューパックが1,000円ちょっと、プレミアムフレックスが3,000円ぐらい)

バリューパック(コスパ重視)

✔受託荷物20kg

✔機内食付き

✔荷物・遅延補償

プレミアムフレックス(柔軟性重視)

✔受託荷物20kg

✔ホットシートorスタンダートシート

✔機内食

✔荷物・遅延補償

✔予約変更×2

✔優先チェックイン、搭乗、受託荷物受取

 

僕の場合は受託荷物onlyを付けた場合とバリューパックにした場合とで数百円しか変わらなかったので、それだったら機内食も付いたバリューパックにしてしまおうということでバリューパックにしました。

 

ここらへんは個人差があるところでしょうが、荷物を預けるならバリューパックの方がコスパ良いと思います。(公式サイトにもコスパ重視と書かれていますが。笑)

エアアジアの機材・座席

f:id:kunisfa0717:20190914152820j:plain

f:id:kunisfa0717:20190914152747j:plain

今回乗ったのはAK6305便のA320

フライト時間は1時間程度と短距離路線なので、座席は3-3

 

f:id:kunisfa0717:20190914152751j:plain

シートピッチは写真を見てもらえば一目瞭然ですが、激せま。

身長180cmの僕だと普通に座っても前に膝が付くという…、なんだこれ。笑

 

f:id:kunisfa0717:20190914152754j:plain

身長160cmちょっとの彼女ですらこの幅感。

本人曰く、今まで乗ってきた飛行機がいかに贅沢だったのかを痛感したとのこと。笑

 

座席も少し固めの革を使っており、控えめに言っても全く快適ではないです。笑

 

LCCだと座席が狭いので、機内用の快適グッズを使っていかに快適に過ごせるかがポイント。最近の愛用グッズはDIY-SPACEのネックピロー

 

従来のトラベルピローとは違っていて、人工学に基づいたトラベルピローです。

使う前の期待値は0だったんですが、思っていた以上に快適でして、首の負担は従来のトラベルピローよりも明らかに楽でしたね

 

値段も手頃なので、"従来のトラベルピローの不満のある方"や"変わったトラベルピローなどに興味のある方"はぜひ買ってみてはいかがでしょうか。

「そのほかについてはこちらの約40回のフライト経験ありの京大旅ブロガー厳選!機内で快適に過ごすためのグッズ9選!という記事で、経験のエッセンスを詰め合わせておりますので、ぜひそちらをご覧ください!」

エアアジアの機内サービス

LCCなので通常だと機内サービスは全くありません。

ただ、今回はバリューパックにしたので1時間のフライトですが機内食が出てきました。

 

f:id:kunisfa0717:20190914152813j:plain

味はまあ普通、ちゃんと完食しました。

ただ、座席が狭すぎるので機内食どころではないw

 

f:id:kunisfa0717:20190914152809j:plain

f:id:kunisfa0717:20190914152803j:plain

一部ですが、機内販売はこんな感じ。

1RM=26円ぐらいなので、エアアジアの機内販売は比較的リーズナブル。

 

f:id:kunisfa0717:20190914152806j:plain

simカードも売っていましたね~。

エアアジアの機内荷物・受託荷物

おそらくエアアジアに乗る人が一番気になるであろう項目、荷物。

情報はいつ変わるかわからないので公式ホームページで最新版を必ずチェックするようにしましょう◎

荷物について-機内持ち込み&受託手荷物 | エアアジア

 

ちなみに、LCCに乗る際は荷物はかりを持っておくのがおすすめです。

僕も最近買ったのですが、事前に荷物のおもさを測っておくだけで空港のチェックイン時の重量オーバーの心配がなくなりました。

値段は1,000円と少し高いと思うかもですが、将来的に使えるものですので1グループで1つは持っておくことを強くおすすめします。

エアアジアに乗る前に知っておきたい注意点①事前のチェックインが必要

f:id:kunisfa0717:20190914152729j:plain

今回ランカウイ発の便を乗ったのですが、この便ではセルフチェックインが必要でした

セルフチェックインは出発予定日の14日前からエアアジアのウェブサイト・モバイルアプリ・空港のキオスクのいずれかで可能

 

f:id:kunisfa0717:20190914152732j:plain

また、セルフチェックインを行った際に、搭乗券が表示されるんですがそれも印刷する必要があります。

 

ただし、印刷は空港にあるキオスクからも印刷することが出来るので心配は不要です。

「日本発の便ですとチェックインカウンターでのチェックインも可能のようですが、かなり混雑するようですね。なので、日本・海外問わずセルフチェックインをして、時間を節約するのがおすすめです◎」

エアアジアに乗る前に知っておきたい注意点②受託荷物がある場合は、セルフでタグの発見が必要

LCCなので受託荷物がある人・ない人に分かれると思いますが、受託荷物がある場合は、荷物タグも事前に発券する必要があります。

 

こちらも搭乗券同様に空港のキオスクで発券することが出来ますので、搭乗券とセットで空港で発券するのが良いでしょう。

まとめ|本数が多いのが魅力だが、それ以外の理由ではエアアジアはおすすめしない!

f:id:kunisfa0717:20190914152735j:plain

今回の記事をまとめると、

✔エアアジア(A320)の座席は狭くて固い

✔ただし、本数が多いので旅行プランに組み込みやすい

✔荷物を預けるならバリューパックでの予約がおすすめ

✔事前チェックインで当日の混雑を回避

✔当日は空港で搭乗券・荷物タグの印刷が必要

ということでした!

「以上、学生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)がお届けしました。」

スポンサーリンク

-飛行機搭乗記録

Copyright© 得する旅、損する旅 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.