【上海】トランジットで滞在するならここで決まり!『ブファン インターナショナル ホステル』

スポンサーリンク

f:id:kunisfa0717:20190325141436j:plain

 

トランジットで上海に1泊する予定だけど、なるべく安いところに泊まりたい。

 

今回はそういった"上海のトランジットで安い宿を探している人"に向けた記事になります。

 

そんな人におすすめの宿が浦東空港近くにあるゲストハウス「ブファン インターナショナル ホステル」

先日のヨーロッパ旅行のトランジットで上海に宿泊した際に利用したゲストハウスです。

 

「ブファン インターナショナル ホステル」に宿泊してみて、トランジット用のコスパの良いゲストハウスだと感じました。

そこで、今回の記事では「ブファン インターナショナル ホステル」の宿泊料金や部屋の様子など徹底的にまとめました。

 

「ブファン インターナショナル ホステル」の概要

行き方

場所は浦東空港駅から2号線に乗って4駅目にある「Chuansha駅」から歩いて10分のところに位置します。

 

f:id:kunisfa0717:20190325140843j:plain

f:id:kunisfa0717:20190325140846j:plain

上海の中心地から少し離れているため、長閑な住宅街のような雰囲気がありますが、周辺施設はかなり充実していました

24時間営業のFamilymartや、地元のレストランなど、トランジット用に1日の滞在には申し分がないくらいに充実しています。

 

f:id:kunisfa0717:20190325140850j:plain

ちなみに僕が昼に食べたこちらのラーメンは一人前で20元。

 

f:id:kunisfa0717:20190325141317j:imageそのほか、夜に食べたローカル屋台のミニ臭豆腐鍋は6元。

豆腐を食べた時に、広がる豆腐に染み込んだスープがたまらないくらい美味しかったですね~。辛い物が好きということもあって、中国で食べた料理のトップ3に入るくらい美味しかった!

 

 

料金

2019.3.8-3.9の金晩に4人部屋を宿泊しましたが、1泊料金はなんと893円!!

 

上海という大都会にも関わらず、土日前に11,000円以下で泊まることができました。

一人旅のバックパッカーも安心して宿泊することができますね。

 

そのほかの部屋は以下の通り。

✔ドミトリールーム 女性用

✔スモール ダブルルーム

✔スタンダード ダブルルーム

✔クイーンルーム

✔ファミリー ダブルルーム

※料金は時期によって変動するため、直接予約サイトでご確認ください。

 

 

施設

ベッドルーム

f:id:kunisfa0717:20190325140744j:plain

僕が宿泊した4人部屋は閑散期だったのか、2つのベッドしか稼働していませんでした。

なので、実質二人部屋として活用できたのでだいぶ快適に過ごすことができました。

 

ただ、ベッドは少し小さめで、身長180cmある僕の場合だと少し足が外にはみ出る感じ。

 

ベッド周りにライトはなく、あるのはコンセントだけだったのが少し不便だったかな。

 

 

水回り

f:id:kunisfa0717:20190325140812j:plain

洗面台やシャワー、トイレは全て1つの部屋の中で完結しているタイプでした。

それが各部屋11つについている感じ。

 

スペース自体はとても清潔感のある綺麗さでした

 

ただ、Booking.comの口コミに書かれているように、同部屋の人の使い方によるところも大きいみたいなので一概になんとも言えなさそう。今回は同部屋の人に恵まれていたみたいですね。

 

シャワーはお湯がしっかりでますが、水圧は少し弱め

ドライヤーも僕の部屋では用意されていました。

(かなり私物感満載だったので、もしかすると同部屋の人がずっと置きっ放しにしているものだったかも?笑)

 

 

共有スペース

f:id:kunisfa0717:20190325140834j:plain

共有スペースは綺麗なカフェといった感じの雰囲気

 

キッチンスペースはありませんが、お湯などは自由に飲むことが出来ます。(中国人らしいですね!)

f:id:kunisfa0717:20190325140836j:plain

また、共有スペースにはファミコンがありました。懐かしいなあ、、、!

 

また、ソファやカウンタースペースにもコンセントがこれでもかというくらい完備されているので、珈琲を飲みながら本を読んだり、作業をすれば本当にカフェにいるような感じが感じました。とにかく快適。この一言に尽きますね。

 

 

Wi-Fi

Wi-Fisweatspotsというアプリで回線速度を調べてみたところ、20-100Mbpsでした。

使用した感じからすると、Youtubeをなんとか見ることはできるけど快適ではないといった感じでした。

 

最低限は使用できる程度の期待で留めていた方が良いと思います。

また、VPNは接続することが出来ました。

(VPNに関しては、こちらの中国旅行には無料で使えるVPNネコがオススメ!【使い方についても紹介します】をご覧ください!)

 

 

その他

英語が通じる人と通じない人がいる

名前にインターナショナルがついているので全員英語が話せるのかと思ったら、一部の人のみ英語を話すことができるみたいです。

(全然インターナショナルちゃうやん!と突っ込みたくなる。笑)

 

僕の時は、昼間は完璧に英語対応可能、夜は全く不可、早朝は△といった具合でした

 

支払いは現金のみ

Booking.comにも書いてありますが、現金のみの支払いとなっています。

近くに銀行があるのでそこでキャッシングをすればOK

 

24時間フロント対応可能

立地的にトランジット関係で利用する人が多いからか、フロントは24時間対応でした。

 

どの時間帯でもフロントに人がいるのはありがたいですね。

(夜中は受付で寝ていましたが。笑、それでもいるだけありがたい!)

 

 

宿泊した感想

1900円にしてはクオリティは高いと感じました。

トランジット利用で、と考えると立地の良さと値段は売りになるでしょう。

 

f:id:kunisfa0717:20190325140851j:plain

また、特に良いなと思ったのが空港までの送迎サービス

 

僕は浦東空港を朝745分出発の便だったので、朝の545分には空港についておきたかったのですが、その時間帯に地下鉄は走っていません。

タクシーを呼ぶことも可能ですが、深夜のタクシーは不安がある上に、一人だと料金も高くつきがち。

 

その点、「ブファン インターナショナル ホステル」の送迎サービスは時間指定が可能で一律60元という固定価格

オーナーらしき人がマイカーで送ってくれました。

これは一人旅かつ早朝便の僕にとってはめちゃくちゃ嬉しいサービスでしたね。

 

空港に近いだけでなく、送迎までのフォローをしてくれる点も高評価ポイントでした。(また、上海ディズニーまでの送迎もあり、そちらは50元でした。)

 

 

上海でのトランジットで1泊宿泊するなら「ブフォン インターナショナル ホステル」

低価格で施設のクオリティも高く、周辺施設やサービスも充実している「ブフォン インターナショナル ホステル」

 

なにより、空港からのアクセスが良い

トランジットだけの上海滞在だと、コスパは間違いなく良いですね。

 

上海でのトランジットで1泊宿泊することがあるのであれば、

ぜひぜひ、一度「ブファン インターナショナル ホステル」に泊まってみてはいかがでしょうか!!

 

以上、学生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)でした!