【荷物・マイル】評判が気になる中国南方航空に乗ってきた!

スポンサーリンク

f:id:kunisfa0717:20190311055643p:plain

 
関空
上海で利用する中国南方航空。エコノミークラスの座席やサービスなどはどうなんだろう。

 

今回はそういった"関空上海路線の中国南方航空エコノミークラスに関する情報が欲しい人"に向けた記事になっています!

 

パリへ行くための経由地であった上海へ向かうために利用しました。

事前に下調べはしたものの、あまり情報がなかった航空会社。

 

結論から言えば、

本当におすすめ!というレベルではないけど、安く抑えるならまあまあ

といった感じでした。笑

 

今回の記事ではマイナー航空会社である中国南方航空のエコノミークラスに関する情報を徹底的にまとめましたので、利用を検討中の方はぜひ最後までご覧ください!

 

 

 

 

利用した中国南方航空について

行き;2019.2.24 CZ8390

帰り;2019.3.9

 

料金;ヨーロッパまでで往復総額6.7万円

 

 

中国南方航空のエコノミーシート・座席

f:id:kunisfa0717:20190311055750j:plain

3-3配列の座席。

The・短距離路線な飛行機でした。

もちろん、モニターはなしです。

 

f:id:kunisfa0717:20190311055838j:plain

f:id:kunisfa0717:20190311055843j:plain

前にビジネスクラスが4席あり、その後ろが全てエコノミークラス。

ビジネスクラスが4席と少なめでしたが、そもそも、値段が値段だけにビジネスクラスを乗る人が少ないのかもしれません。

 

f:id:kunisfa0717:20190311055917j:plain

シートピッチも普通で、身長180cmある僕でも楽々で足を延ばすことができる広さです。なので、座席に関しては可もなく不可もなくといった感じでした。

  

また、行きの座席ではUSBプラグなかったのですが、帰りの座席にはありました。

今の時代、USBプラグはマストで欲しいところですね。

「飛行機のおすすめの座席や選び方のポイントについてまとめた【1分で理解できる図解付き】飛行機(エコノミークラス)の座席でおすすめはここだ!もぜひ合わせてご覧ください~!」

中国南方航空の機内食

f:id:kunisfa0717:20190311060038j:plain

3時間半のフライトにも関わらず機内食が出てきました。

ちょうど正午発の飛行機だったのでこれは嬉しいサプライズ。

 

メインはチキンかビーフを選べます。

中国国際航空は1種類しかなかったので、この点は良心的。

 

内容は質素ですが、日本人でも食べやすい味でした◎

ただ、帰りの機内食はゲロマズでした、、、笑

 

 

中国南方航空の受託荷物

中国南方航空はLCCではありません。

なので、荷物は受託荷物として2つ、機内持ち込みとして1つ預けることが出来ます。

>> 機内持ち込みの手荷物について

>> 受託手荷物について 

 

 

その他|中国南方航空に乗って感じたこと

アナウンスは中国語と英語のみ

往復ともに機内のアナウンスは中国語と英語のみで、日本語を喋れるCAはいませんでした。

日本発着なので、もしかしたら1人くらいいる場合があるのかもしれません。

 

 

トイレが少ない

トイレはビジネスクラスで1つ、エコノミークラスで3個のみで、数が少ないなと感じました。

 

1つの短距離路線の飛行機で4つと考えれば普通かもしれませんが、事前にトイレを済ませておくことをおすすめします。

 

 

スカイチームに所属

中国南方航空はスカイチームに所属しています。

そのためJALANAのマイルを貯めることが出来ません

 

この点はかなり残念なポイントでした。

 

周りは中国人ばかり

当たり前といえば当たり前ですが、周りは中国人ばかりで日本人はほとんど見なかったように思います。

特に僕の周りは圧倒的中国人でして、さすがにここまで来ると中国語の会話が全く気になりません。笑

 

また、たまたまかもしれませんが、よく喋る中国人が多かった印象で、以前に乗った中国国際航空に乗っていた中国人とはだいぶ雰囲気は違ったように感じました。

>> 中国国際航空に関する記事はこちらからどうぞ!

 

 

ルールが甘い

飛行機に乗ってから離陸するまでの間、ブログの記事を書いておこうと思い、iphoneとワイヤレスキーボードを開いていたのですが、全くお咎めなしでした。

(中国系の航空会社は電波にうるさいはずなんですが)

 

また、離陸前のテーブルは注意されましたが、荷物に関しては床に置くようには指示されませんでした

数十回飛行機に乗ってきた中で過去最高にルールが甘い会社で、良くも悪くも中国らしさが反映されていました。

 

 

飛行機の旅を快適にするグッズ

カタール航空の悪い点はフライト時間が長いということ。

 

カタールを経由してヨーロッパまで行くとなると12時間以上は裕に超えることになります。以下はそんな長時間のフライトで快適に過ごすためのグッズです!

 

トラベルピロー

折り畳めるだけではなく、ボタンで膨らませることが出来るトラベルピロー。

コンパクトなサイズなので、使わない時は収納出来て便利です!

 

サンダル

長時間のフライトでは、気軽に靴を着脱できるスリッパも必携です。

クロックスもオススメですが、よりオススメなのがコンパクトに携帯できる折り畳みのスリッパ。

 

ホテルでも使えるので1足常備していると、様々な場面でかなり役立ちます。

 

amazonで旅行便利グッズを探す  

 

最安で海外旅行をしたいならtownlife旅探しで

海外旅行を検討中の方。

どうせ行くなら最安値で行きたくありませんか?

 

そんな人の中で、

旅行プランをじっくり作りたいけど、どこが良いのかわからない。

複数の旅行会社に行ったり、問い合わせしたりが面倒。

現地に詳しい旅行代理店同士で値段やプランを比較したい。

といった悩みを持つ方。

 

そんな方にオススメしたいのが、

海外旅行見積もり・プラン一括問い合わせサイト『townlife旅探し』です!

 

townlife旅探しには他社にない3つのメリットがあります。

その1.簡単に一括で複数の旅行会社に問い合わせをすることができる。

その2.同条件なので各会社の値段・プランを簡単に比較できる。

その3.各地域で得意とする旅行会社からのプランを知ることができる。

 

そして、問い合わせ料金は無料です。

一切料金はかかりません!もちろん、航空会社の指定もOKです。

 

「「それでもなんか不安…」という方は、こちらの海外旅行プランを考える時間がないなら!タウンライフ旅さがしがおすすめ!という記事を読んでみるのもおすすめですね~!僕が実際に使用してみて感じたことやおすすめポイントなどをありのままでまとめていますので。笑」

 

海外旅行は思い立ったら即行動が大事。

ぜひ今すぐに問い合わせをして、最安値で海外旅行へ行ってみましょう!

>>『townlife旅探し』で海外旅行の見積もりを無料で問い合わせてみる

まとめ|中国南方航空は安く抑えるならありな航空会社

ヨーロッパまでの往復費用が6.7万円という安さの中国南方航空。

今回は上海からヨーロッパまでは共同運行としてKLMオランダ航空に乗ることができた(KLMオランダ航空に関する記事はこちらから)ので、かなりコスパは良かったのですが、中国南方航空だけで見るとそこまでおすすめはしない航空会社だなと感じました。

 

ただ、値段の安さは魅力的ではあるので一度ぐらいなら乗ってみる価値があるかなと思います!

 

以上、学生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)でした!

 

amazonで旅行便利グッズを探す

 

注目記事>> 海外旅行でオススメのクレジットカード

人気記事>> 事前に必要な海外旅行の持ち物リスト10項目