マレーシア旅行記day6 ~いよいよキナバル山へ。キナバル登山編~

f:id:kunisfa0717:20180409163414p:plain

 

【本日の移動】

ポーリン温泉→キナバル国立公園

f:id:kunisfa0717:20180409163636p:plain

 

★途中からご覧の方はまずはここから★

【まとめ】2018年卒業旅行inコタキナバル【マレーシア】

 

www.gb-trip.com

 

いざキナバル公園へ

6時起床。登山の朝は早い。

 

f:id:kunisfa0717:20180409164341j:plain

朝食を済まし、7時半にバンでキナバル公園へ向かいます。

天気は曇りのうち雷雨と聞いていましたが、全くの快晴。

時より雲が見えるものの、登山にうってつけの天気です。

 

登山口へ行くまでの間、ガイドの手配や昼食の受け取りなど、結構色々なことを済ます必要がありました。

他のブログでは簡単そうに書いていたのですが、意外と手間がかかったので、そちらも後日記事にまとめます。

 

 

手続きをすませ、いざ、登山口へ。

 

f:id:kunisfa0717:20180409164358j:plain

ここから見る限り果てしない道のりが予想されるキナバル山。本当に登頂することができるのか、不安になります。

 

登山開始~お昼ご飯まで

ガイドの名前はジャス。

無口な人ですが、頼り甲斐のありそうなベテラン風格のガイド。

 

 

f:id:kunisfa0717:20180409164413j:plain

登山口でジャスから登山の説明を受けます。

今日泊まるラバンラタまでは6kmの道のりで、高低差は約1,400m。休憩は7箇所あり、4箇所目の4km先でお昼ご飯とのこと。

 

f:id:kunisfa0717:20180409164426j:plain

 

ゲートをくぐり、登山を開始。

 

f:id:kunisfa0717:20180409164445j:plain

f:id:kunisfa0717:20180409164444j:plain

 

入ってすぐに見える熱帯雨林の道。

日本では中々見ることのない様な風景で、気持ちも自然と高まります。

野生のリスも至る所にいますし、最初は滝などもあり、ウキウキな登山気分です。

 

f:id:kunisfa0717:20180409164501j:plain

 

しかし、それも束の間。

富士山と同じ標高差を半分の距離で登るため、勾配が富士山と比べて大きく、そのため、足への負担が激しい。

 

普段から運動していない僕にとっては、かなりきつく、スローペースで進みます。

 

友人の1人とガイドのジャスが後ろを歩いてくれ、ジャスが時折「スローリー、スローリー、ゆっくりー、ゆっくりー」と言ってくれることが心の支えです。

 

f:id:kunisfa0717:20180409164529j:plain

 

 

f:id:kunisfa0717:20180409164922j:plain

標識と休憩所の繰り返し。

休憩所にはよくリスがいて、こちらの様子を伺いにきます。

 

f:id:kunisfa0717:20180409164545j:plain

おそらく食べ物が狙いなのでしょう。

 

休憩所を出るときに自分に喝を入れますが、出発5分もすればバテ始めます。きつい…。笑

 

登山は1人で行こうが複数人で行こうが最終的には自分との戦いで、それを求めに登山をしているのですが、やっぱり登山の最中はしんどいです。終わるとすぐに美化されるんですが。笑

f:id:kunisfa0717:20180409164601j:plain

 

あとどれだけこの道が続くのだろう。

そんなどうでも良いことを考えながらひたすら登り続けます。

 

f:id:kunisfa0717:20180409164844j:plain

 

歩き始めて2時間。ようやく4km地点に到達。

この時点で標高は2,700mあります。

 

f:id:kunisfa0717:20180409164846j:plain

既にお昼を食べる人で溢れかえっていました。

すぐさまお昼ご飯をいただきます。

 

写真を撮り忘れましたが、内容はミニバナナ2本、リンゴ1つ、クッキー2つ、サンドウィッチ、ゆで卵、水。

前評判が良くなかったので期待していませんでしたが、疲れていたからか、とても美味しく感じました。特にリンゴとバナナが美味しい。(当たり前。笑)

 

 

山小屋まで長く続く4km~6km

お昼ご飯を食べた後、少し休憩をし、登山再開。

 

f:id:kunisfa0717:20180409164953j:plain

さらに道は険しくなり、岩が多くなってきます。

 

f:id:kunisfa0717:20180409165016j:plain

道中では食虫植物のウツボカズラもいました。

f:id:kunisfa0717:20180409165048j:plain

また、キナバル山に咲くキナバル・バルサンも見受けられます。

 

f:id:kunisfa0717:20180409165102j:plain

標高が上がるにつれ、周りの植物の高さも少しずつ低くなってくるので、キナバル山が所々で見えてきます。

 

 

f:id:kunisfa0717:20180409165113j:plain

f:id:kunisfa0717:20180409165116j:plain

歩き始めて3時間半。ようやく3,000m超え、5kmに到達です。あと1km

ただ、体力もかなり消耗しており、ここ以降は写真は撮っていませんでした。

 

f:id:kunisfa0717:20180409165148j:plain

 

そして、登山開始から4時間半。

今日の宿泊先、PANALABANに到着です!

 

初の山小屋は超快適でした

人生で初めて山小屋に泊まります。

富士山は弾丸登山だったので、山小屋に泊まっていませんでした。

 

f:id:kunisfa0717:20180409165219j:plain

 

中は山小屋とは思えない綺麗さ。 

宿泊した部屋は二段ベッドが3つある6人部屋で、部屋にトイレとシャワーが完備。

 

f:id:kunisfa0717:20180409165241j:plain

シャワーはちゃんとお湯も出ます。

 

 

f:id:kunisfa0717:20180409165252j:plain

さらにハンドタオルとバスタオルもついていて、水も1人一本付き。山小屋では500mlですら7RMするので、無料でもらえるのはありがたい。

 

f:id:kunisfa0717:20180409165313j:plain

f:id:kunisfa0717:20180409165314j:plain

夕食までの時間は外に出て雲海を眺めました。

天気が良く、雲の流れも早いので、景色が刻々と変わります。

 

f:id:kunisfa0717:20180409165330j:plain

f:id:kunisfa0717:20180409165345j:plain

 

何回シャッターを切っても飽きません。

少し寒かったですが、1時間半ほどぼーっと外を眺めていました。

何も音のしない、この無の時間が、人生で一番好きな瞬間の1つです。

f:id:kunisfa0717:20180409165410j:plain

f:id:kunisfa0717:20180409165411j:plain

 

夕食は早めの16時半からはじまり19時までで、バイキング形式です。

この時間の間はいつでもご飯を食べても大丈夫。

f:id:kunisfa0717:20180409165423j:plain

ご飯の内容も山小屋にいるとは思えない内容で、登山の値段が高いことにもうなずけます。フルーツがあるのがとても嬉しい。

 

f:id:kunisfa0717:20180409165438j:plain

f:id:kunisfa0717:20180409165440j:plain

雲が多かったですか、日の入りも見ることができました。

雲が赤く照らされる幻想的な風景です。

 

 

f:id:kunisfa0717:20180409165509j:plain

 

写真は玄関にあった『nothing is impossible.』

7時半には就寝し、明日はいよいよ山頂アタックです。

 

 

www.gb-trip.com

 

↓あわせて読んでほしい記事↓

【2018年最新版】予約から費用まで、キナバル登山の準備を徹底解説

標高4,095mの東南アジア最高峰キナバル山に登った理由

【搭乗記録】韓国拠点のLCC、チェジュ航空に乗ったけどオススメしません!