マレーシア旅行記day3 ~破格の値段でリゾート地サピ島へ行って来ました~

f:id:kunisfa0717:20180408010850p:plain

 


 

【本日の移動】

なし

 

★途中からご覧の方はまずはここから★

【まとめ】2018年卒業旅行inコタキナバル【マレーシア】

 

www.gb-trip.com

 

Sutera Sanctuary Lodgesにてキナバル登山の確認

8時起床。

昨日が祝日だったために閉まっていたSutera Sanctuary Lodgesへ向かう。

Sutera Sanctuary Lodgesでは、コタキナバルからキナバル公園への行き方などの確認。

 

バスでの行き方や、バス停の場所、出発時間などは後日まとめるのでそちらを参照にしてください。日本での準備の手続きなどはこちらをご覧ください。

 

関連記事

✔ 【2018年完全版】東南アジア最高峰キナバル山に登るため予算や準備などを全部まとめました

【2018年最新版】予約から費用まで、キナバル登山の準備を徹底解説

 

 

 

Jesselton Pointから、いざサピ島へ

f:id:kunisfa0717:20180408185922j:plain

f:id:kunisfa0717:20180408185925j:plain

f:id:kunisfa0717:20180408185924j:plain

 

キナバル登山の確認を済ませ、サピ島へ向かうべくJesselton Pointへ。

コタキナバルから出る船の殆どはここから出ています。

 

着くや否や、マレーシア人に声を掛けられました。

サピ島へ行くなら連れて行ってやる、と。

 

ちょっと怪しさはありましたが、コタキナバルの人は落ち着いていますし、まだ3日目ですが、ぼったくられたこともないので、とりあえずついて行くことにしました。

 

値段を聞いて見ると往復30RMとのこと。

値下げを交渉するも、どこの会社もこの値段だそうで、日本円にして約900円なので渋ることなく快諾。

 

シュノーケルゴーグルとフィンを10RMずつでレンタル。トータル50RM(日本円にして約1,400)と、オーストラリアのグリーン島に比べると比較にならないくらい安いですね。

 

f:id:kunisfa0717:20180408185923j:plain

準備を整え、サピ島に向け出発です。

 

サピ島に到着。有名リゾート地だけあって人が多い

f:id:kunisfa0717:20180408190028j:plain

荒々しい運転のボートに乗られ20分、サピ島に到着。

どの船も荒々しかったので、船酔いしやすい人はあらかじめ酔い止めを飲んでおくことをオススメします。

 

f:id:kunisfa0717:20180408190047j:plain

f:id:kunisfa0717:20180408190051j:plain

サピ島の海ですが、控えめに言っても綺麗です。

3月は乾季で雨が少なかったためか、かなりの透明度です。

 

f:id:kunisfa0717:20180408190104j:plain

桟橋からも大きな魚を見ることができるくらい魚も豊富。

綺麗さで言えばグリーン島と殆ど変わらないかもしれませんが、こちらの方が少し緑っぽい色の印象。

 

f:id:kunisfa0717:20180408190128j:plain

f:id:kunisfa0717:20180408190129j:plain

f:id:kunisfa0717:20180408190124j:plain

ただ、ビーチを見渡してみると、人の多さに驚かされます。

特に韓国人が多く、あとは家族連れやカップルが多い。島が狭いので密度は高いからでしょう。

 

仁川からコタキナバルへは一本でいけますし、物価も安いので、当然と言えば当然。

 

日陰のスペースに拠点を置き、荷物番として日向ぼっこを開始。

 

 

台湾人リアオとの偶然の再会。

f:id:kunisfa0717:20180408190152j:plain

日向ぼっこをしていると、突然話しかけられました。

 

そう、昨晩ドミトリーで仲良くなった台湾人のリアオ。

彼は19歳の台湾人で大学の休暇でコタキナバルに1人で来ています。

 

お互い1人だったので、いろいろな話をしました。

コタキナバルでどこに行ったのか、どこの国に行ったのか。

 

お互い拙い英語だったため(リアオは僕よりは全然上手)、自分の英語力の拙さを気にすることなく話すことができました。同じレベルくらいの人だと成長は殆どしないかもしれませんが、英語を話すということへの抵抗がなくなります。個人的にこの感覚は結構大事。

 

サピ島のビーチは浅く綺麗な海

f:id:kunisfa0717:20180408190306j:plain

f:id:kunisfa0717:20180408190305j:plain

海から帰ってきた友人が帰ってきたので、友人とリアオの3人で泳ぎに。

 

サピ島は泳げる範囲が狭く、浅いところが多い。

それでも、魚は比較的多く、小魚の群れから大きな魚まで色々な魚を見ることができます。

 

値段を考えるとコストパフォーマンスは高いと思います。

海沿い近くではサピ島名物、オオトカゲも見ることができました。(カメラを持っていくのを忘れたため、写真はなし。)

 

ゆっくり歩いていて、人懐こく?可愛いらしい。

 

 

f:id:kunisfa0717:20180408190215j:plain

昼ごはんはサピ島内にある唯一のレストランでバイキング

一人45RMを値切って30RMにしてもらいました。安い。

 

まさかのマヌカン島でパラセーリング

サピ島を十分に満喫し、帰路につきます。

 

船着場へ着き、借りていた荷物を返却。

サピ島周辺でパラセーリングをしているのを見たので、値段を聞いてみると、通常100RMのところを60RMにしてくれるとのこと。これは日本円にして約1,700円。

日本じゃあありえない価格で、即決。海外旅行に行くと即決しがち。

 

さらに、マヌカン島までの往復代、パラセーリング代、シュノーリングセット、沖合までの船代含めて1160RMで良いとのこと。

 

5,000円でマヌカン島へ行って、シュノーリングもパラセーリングもできる。

こんな安い値段で出来るのも物価の安い国ならではのことですね。

 

夜は海鮮パラダイス

ドミトリーでシャワーを浴びた後は夕食へ。

 

f:id:kunisfa0717:20180408190336j:plain

 

コタキナバルでは何を食べても美味しいと確信をしていたので、今日は海鮮を食らうことに。まずは海岸沿いにあるSEA MONSTERというお店へ。

 

f:id:kunisfa0717:20180408190349j:plain

f:id:kunisfa0717:20180408190350j:plain

f:id:kunisfa0717:20180408190352j:plain

 

ここでは、海鮮パスタとハマグリ。そして、3Lビール(75RM)を飲みます。

美味い美味い美味いの3点拍子。気分も上がります。

f:id:kunisfa0717:20180408190415j:plain

f:id:kunisfa0717:20180408190414j:plain

f:id:kunisfa0717:20180408190420j:plain

 

その後、近くのナイトマーケットへ行きました。

ここも海鮮がメインの市で、どこを見ても海鮮だらけです。

 

f:id:kunisfa0717:20180408190426j:plain

巨大な魚から海老まで様々。

f:id:kunisfa0717:20180408190439j:plain

f:id:kunisfa0717:20180408190440j:plain

 

ここでは30RMで巨大な魚を捌いてもらいました。

半分は焼いてもらい、半分は揚げてからの餡かけです。

 

スパイシーな味でたまりません!

 

f:id:kunisfa0717:20180408190721j:plain

 

そんなこんなで海を満喫した3日目でした。

明日はサンデーマーケットとパラセーリングをします。

 

www.gb-trip.com

 

 

↓あわせて読んでほしい記事↓

【2018年最新版】予約から費用まで、キナバル登山の準備を徹底解説

標高4,095mの東南アジア最高峰キナバル山に登った理由

【搭乗記録】韓国拠点のLCC、チェジュ航空に乗ったけどオススメしません!