チェコのプラハを女子旅にオススメする4つの理由と観光地を紹介します!

f:id:kunisfa0717:20180305113121p:plain

こんばんは!タカです。

 

今日紹介するのはチェコのプラハ。

ちょうど1年前に行った場所で、東ヨーロッパを一人で周遊した時に23日過ごしました。

 

街が綺麗でお洒落、真冬にも関わらず気温も高く過ごしやすい。そして、治安も良く、ご飯も美味しい。

...あれ、このプラハ、女子旅向けの街では?」

そんなことを初日に思いながら、2日目3日目を過ごしてみましたが、やはり完全に女子旅向け街でした。笑

 

というわけで、今回は旅中に抱いた『チェコのプラハを女子旅にオススメする4つの理由』を紹介したいと思います!

 

 

 

チェコのプラハを女子旅にオススメする4つの理由

街並みが綺麗でコンパクト

f:id:kunisfa0717:20180305111743j:plain

 

チェコはドイツ、ポーランド、スロヴァキア、オーストリアの4つの国に囲まれたところに位置し、東ヨーロッパの地域に分類されます。東ヨーロッパの地域は第二次世界大戦の影響で建物が倒壊し、簡素な建物であったり、元々地域柄素朴な建物であったり、と簡素な建物が多いです。

 

f:id:kunisfa0717:20180305112314j:plain

しかし、ここプラハは建物が西欧の雰囲気にとても似ており、古きよきヨーロッパの雰囲気が漂う美しい街並みが残っています

建築学などを習っている方からすれば違いはあるのでしょうが、素人の僕から見ればフランスの建物の雰囲気にとても似ています。

関連記事

✔ 【まとめ】2016年夏休みinフランス【初一人海外旅行】

✔ これだけ見れば十分!華の都パリでオススメしたい観光スポット7選!

✔ 迷ったらここ!日帰りで行けるパリ近郊にある観光地3選!

✔ フランス旅行記3日目~僕が海外旅行に少し嵌った瞬間~

 

 

また街自体がコンパクトなのでざっと見る分には丸2日もあれば十分と、忙しい社会人の女性の方にも弾丸旅行先としてオススメです。

 

f:id:kunisfa0717:20180305112255j:plain

 

物価が安い

上記で述べたようにチェコは東ヨーロッパに位置します。

東ヨーロッパの地域は西ヨーロッパに比べ、物価が安いことで有名で、このプラハも例外ではありません。

 

食事も11,000~2,000円あれば満足で、宿泊費も1,000円~と、ヨーロッパの値段ではかなり破格。基本的には日本と同じか、ものによってはそれ以下と考えてよいでしょう。

 

また、物価が安ければ雑貨を買ったり、お土産を買ったりする際も財布に優しく、予算に余裕がない人にも優しい旅先だと思います。

 

女子ウケのものが多い

f:id:kunisfa0717:20180305111802j:plain

f:id:kunisfa0717:20180305111827j:plain

プラハはとにかく女子ウケのものが多い。

 

街全体が世界遺産にもなっているプラハ。

街を一望できるプラハ城にはテラス席付きのスタバがあり、プラハの美しい街並みを一望できます。ストラホフ修道院カレル橋といった写真が映えるような場所もあります。

街中にはよくわからないオブジェもあり、女の子が喜ぶようなスポットが街の至る所にあります。

 

さらに、世界一美しい街並みと言われた『チェスキークルムロフ』や、その景色を見るや否やテンションが上がってしまうであろう街並みが広がる『テルチ』という街が近場にあるのも女子旅にオススメする理由です。

 

また、代表的なお土産にはボヘミアンガラスマリオネットなど、男性では中々買わないようなお土産も充実しています!ここでも物価が安いことが活きてきますね。

 

 

他国への移動も安価で楽々

チェコの国土は他の国と比べれば小さい上に、近隣諸国に囲まれているということから国同士の移動が比較的簡単に出来ます

僕が利用したのは、『クラクフ→チェコ』と『チェコ→ベルリン』路線でした。

前者はバスと電車の乗り継ぎ、後者はバス一本の移動。

移動時間は少しかかりますが、座っているだけで付きますし、値段はともに3,000円程度と、日本では考えられないような安さでした。

物価も安いので、周遊する際の通過点に寄り道してみるのも良いのではないでしょうか。

 

クラクフ⇔チェコ間はこちらの記事をご覧ください。

噂によると電車一本でチェコまで開通するらしく、より利便性が高まります。

関連記事

クラクフ、プラハ間でオススメする移動手段の定番!LEO EXPRESS!

 

 

プラハの主な観光地

カレル橋

f:id:kunisfa0717:20180305111851j:plain


 

ヴルタヴァ川に架かるプラハ最古の美しい橋で、プラハでは最も有名な観光地の1つでもあります。

この橋にはストリートパフォーマーや雑貨商人、似顔絵かきなどが並び、日中は観光客で溢れかえる場所となっています。

 

橋には等間隔で彫刻された像が立ち並び、ここにもヨーロッパの雰囲気が凝縮されています。中には触ると幸運になれるという像もあり、ひと際観光客が賑わう場所もあります。立ち寄る際はぜひ触れてみて、幸運を手にしてみてはいかがでしょうか

 

人目の少ない狙い目の時間帯は夜か朝。朝は綺麗な朝焼けを見ることが出来るのでオススメです。

 

プラハ城

f:id:kunisfa0717:20180305112012j:plain

プラハのシンボルでもあるプラハ城。

 

プラハ城へ行くには長い距離の坂を上る必要がありますが、そこから見ることのできる景色はまさに絶景。

城内に併設されているスタバのテラスには外国から来た女性客で賑わっており、いかにも映え的な場所です。

 

城内には『聖ヴィート大聖堂』や『旧王宮』、また可愛らしい家々が並ぶ『黄金小路』があり、23時間ほどで周りきれるほどの大きさです。僕自身はあんまりお城に興味がなく、簡単にぐるっと1時間程度見て回りましたが、それでも十分に楽しむことが出来ます。

 

 

f:id:kunisfa0717:20180305112027j:plain

また、プラハ城の正門には衛兵がおり、毎日正午に衛兵の交代式を見ることが出来ます。観光客の撮影の的となっていて、本当に衛兵としての役割を果たしているのかは疑問ですが。笑

 

旧市街広場

f:id:kunisfa0717:20180305112141j:plain

f:id:kunisfa0717:20180305112143j:plain

2本の塔を持つティーン教会がひと際目立つ、プラハの中心広場。

その側にはチェコのハチ公像のように人が集まるヤン・フス像があります。

 

クラクフの旧市街広場ほどではありませんが、ここも大きな広場で、周りにはレストランや土産屋が立ち並ぶ他、観光スポットして有名な『天文時計』や『聖ミクラーシュ教会』などがあります。

 

また、ここからカレル橋に向かう通りをカレラ通りといい、昔は王の道の1つとして使われていたそうです。この周りにもレストランや土産屋などがあり、ショッピングを楽しむことが出来ます。

 

ストラホフ修道院

f:id:kunisfa0717:20171014115222j:plain

プラハの隠れスポット、ストラホフ修道院。

 

詳しいことはこちらの記事に書いてありますので、そちらをご覧ください。

関連記事

死ぬまでに見たい!世界一美しい図書館『ストラホフ修道院』

 

 

プラハからプラっと他国へ

プラハから日帰りではきついものの、手軽に行くことが出来る国がいくつかあります。

その中でも、行ったことがあり、行って良かったオススメの場所を2つ紹介します!

 

ベルリン

f:id:kunisfa0717:20170907144352j:plain

ドイツのベルリン。

Flex busというバスを使えば片道20ドルで、ベルリンへ行くことが出来ます。

 

ベルリンには、ベルリンの壁やブランデンブルク門、ベルリン大聖堂など、観光スポットが多くある上に、ベルリン市内に集まっているため、非常に効率よく回ることが出来ます

恐らく丸1日あれば十分に見て回ることが出来ます

 

また、カリーヴルストといったソーセージ料理やドイツビール、アンペルマンといった女子旅に最適なお土産もあり、12日で行っても十分に満足すること間違いなし

 

ただし、夜は少し治安が悪いところもあるので、夜の外出時は注意が必要です。

関連記事

ぐるっと一周!ドイツ周遊をしてきたので、淡々と街を紹介していきます!

 

 

 

 

クラクフ

f:id:kunisfa0717:20180219171549j:plain

ポーランドの古都であるクラクフ。

 

まず一番に言えることは、雰囲気がヨーロッパの中でもずば抜けて良い

東欧を17日間かけて4か国10都市周りましたが、その中でも1,2位を争うほど良かった場所です。

 

観光地としての見所はやはり、アウシュヴィッツ収容所。

ここは死ぬまでに一度見ておきたい場所です。詳しいことはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

絶対に行くべき!負の遺産、ポーランドのアウシュヴィッツ強制収容所 

 

 

それに加え、ヴィエリチカ岩塩抗や旧市街広場など。他にも見どころはたくさんあります。

 

さらに物価も安いので、外食も気軽に出来ますし、スーパーでも好きなだけ買うことができ、長期滞在にも向いている場所です。それらに関してはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

ポーランドの古都クラクフでオススメしたい観光スポット5選!

 

 

プラハへ最安で行くならtownlife旅探し!

もしプラハ行ってみたいと思った方。

どうせ行くなら最安値で行きたくありませんか?

 

そんな人の中で、

旅行プランをじっくり作りたいけど、どこが良いのかわからない。

複数の旅行会社に行ったり、問い合わせしたりが面倒。

現地に詳しい旅行代理店同士で値段やプランを比較したい。

といった悩みを持つ方。

 

そんな方にオススメしたいのが、

海外旅行見積もり・プラン一括問い合わせサイト『townlife旅探し』です!

 

townlife旅探しには他社にない3つのメリットがあります。

その1.簡単に一括で複数の旅行会社に問い合わせをすることができる。

その2.同条件なので各会社の値段・プランを簡単に比較できる。

その3.各地域で得意とする旅行会社からのプランを知ることができる。

 

そして、問い合わせ料金は無料です。

一切料金はかかりません!

 

面倒な準備をせずに、最適なプランでプラハを楽しみたいと思っている方。

 

海外旅行は思い立ったら即行動が大事。

ぜひ今すぐに問い合わせをして、最安値プラハへ行きましょう!

まとめ

プラハは女子受け要素が凝縮された女子旅向けの旅行先!

 

 

↓あわせて読んでほしい記事↓

✔ 【まとめ】2017年春休みin東ヨーロッパ【一人海外旅行】

✔ 海外旅行に踏み出せない方必見!僕がこれまで訪れた世界の国々を紹介します!

✔ 迷ったらここ!大学生のうちに見ておきたい海外の絶景ベスト5 

✔ 日程・観光スポットまで完全網羅!予算別のオススメの国を紹介!