【個人vs現地ツアー】予約方法は?費用は?キナバル登山の準備を徹底解説

スポンサーリンク

f:id:kunisfa0717:20190205174341p:plain

 

キナバル山に登りに行こうと思っているけど、個人手配か現地ツアーどっちが良いんだろう?それに、費用や予約方法も知りたい。

 

今回はそういった"キナバル山登山に関する準備について知りたい人"に向けた記事になります。

 

f:id:kunisfa0717:20190205173850j:plain


キナバル山は標高4,095mと富士山の3,776mよりも高く、東南アジア最高峰の山です。

場所はボルネオ島のマレーシア領のコタキナバルというところにあり、キナバル山の周りにはキナバル自然公園があり、この辺り一帯は世界遺産にも登録されている場所でもあります。

 

キナバル自然公園自体には入場制限はありませんが、登山にはガイドが必須な上に、中腹にある宿泊施設の収容人数の関係上、登山の入場制限もされています。

そのため、登山をするにあたっては予約が必須です。

(※日帰り登山も組数限定で行っているみたいです。)

 

f:id:kunisfa0717:20190205173918j:plain


僕は2018年の3月に個人手配でキナバル山を登ってきました。

>> 僕がキナバル山に登った理由についてはこちら

 

僕合わせて4人で登ってきましたが、個人手配でかかった費用は5万円。

これには入山料やガイドのツアーなど、登山にかかわる費用がすべて含まれています。

 

登るにあたって、個人手配についてはもちろん、現地ツアーを利用した場合についても調べた上で、個人手配を選びました。 

 

今回の記事ではキナバル山を登るための個人手配、現地ツアーに関する予約方法と費用をまとめました。

 

各ツアーの要点を知りたい方は、最後のまとめをご覧ください。

 

 

 

 

 

ツアーの種類と費用

キナバル山を登るためのツアーは以下の3種類あります。

 

✔日本発ツアー:15万円~

✔現地発ツアー:5.5万円~

✔個人手配:4.4万円~

 

予約方法はもちろん、費用も大きく異なります。

僕自身は個人手配でキナバル山を登りました。

少々手間がかかりますが、個人的には個人手配での登山をオススメします。

 

日本発ツアー

飛行機代込みの日本発着ツアー。

 

成田からコタキナバルまでは直行便が出ており、成田から行くのが一番安くなります

最安でも35日で15万円からである上に、登山プランは12日の内容となっているので、紹介する中でもかなり割高プランです

(キナバル山の登山ツアーは1泊2日と2泊3日のプランがあります。)

 

ただし、日本語によるガイド付きなので、値段は気にしないが海外や英語に不安でのやりとりに不安がある方にはオススメのプランです。

 

現地発ツアー

現地発ツアーは調べた限り『NCT 自然と文化の旅』という会社のツアーが一番ベターなようです。

 

登山ツアー費用は1泊2日なら55,000円~、2泊3日なら60,000円~

ただし、これは時期や人数によっても変動するので、シーズンオフでかつ複数人数でいくという条件下で出した際下限での最安値です。

よって、1人で行く場合やシーズンオンではこれよりも1万円以上高くなることもあります。

 

飛行機が5万円くらいとするなら、ツアー+飛行機で10.5万円~となり、日本発のツアーよりは安くなります。

 

ある程度準備をしてもらいたい人、旅行を自由に計画したい人や、ボルネオ島を登山以外でじっくり観光したい人にはオススメのプランです。

 www.nctravel.co.jp

 

個人で行く

f:id:kunisfa0717:20190205173946j:plain


一番オススメなのが個人で行くプラン

 

キナバル自然公園を管理する『ステラサンクチュアリーロッジ』に直接連絡を取り予約する方法です。

1泊2日ならRM1,134~、23日ならRM1,286~。

現在の価格RM1=30円と計算した場合、最安では34,020になります。

 

さらに、ここに登山許可証などでかかる費用1万円弱を追加しても44,020円ほどとなり、現地ツアーと比べて約1万円も安くすることが出来ます。

マレーシアの物価を考えると、この1万円あれば3,4日はマレーシアで十分に過ごすことができるのではないでしょうか。  

 

キナバル山登山の個人手配手順

手順はいたって簡単!

1.ステラサンクチュアリーロッジにメールをする

2.返信が来て予約可能な場合、メールの内容に従い返信する

 

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

ステラサンクチュアリーロッジにメールをする

メールアドレスはこちら→info@suterasanctuarylodges.com.my

メールには以下の費用事項も記載の上で送ってください。

<必要事項>

Name;

Address;

Days for climbing;

Arrival time;

People

Phone number;

Nationality;

 

ただし、1泊2日のプランは予約日の30日前からしか予約できないので要注意です。

 

返信来て予約可能だったら、メールの内容に従って返信

この際、クレジットカードなどの情報を送る必要があるので、不安な方はあらかじめ限度額を下げるなどの予防策張っているほうが良いでしょう。

 

以上が予約手順になります◎

 

どうでしょう。

個人手配ときけば難しいイメージをされる方がいるかもしれませんが、かなり簡単な手続きなんですよね! 

 

個人手配での注意事項

返信が返ってこない

このステラサンクチュアリーロッジは、ネット上での評判通り返信がかなりマイペース。

 

僕もやり取りを始めた当初は1日1往復が限界。

なんなら途中で返信が返ってこなくなりました。

 

返信が返ってこない場合の対処法は以下の2つ。

1.気楽に待つ

2.電話で問い合わせる

 

電話番号はこちらのステラサンクチュアリーロッジのサイトに記載されています。

.:: Sutera Sanctuary Lodges Homepage

 

言っていることがバラバラ

僕が経験したことに、言っていることがバラバラということがありました。

 

具体的な話をすると、相手から「〇月×日は空いている」と教えてもらい、その日で予約しようとすると「ごめん、やっぱりその日無理やわ。×月〇日でよろしく。」といった感じで翌日に返事が返ってきました。

 

これはさすがにおかしいと思い、電話で問い合わせてみたところ、担当者が違っていたみたいで結局最初の日程で予約することができました。

 

ですので何かおかしいなと思ったら担当者の名前をチェックして問い合わせてみましょう。

 

電話したら返信スピードが爆速になった

上述したように僕は一度現地の事務所に電話で問い合わせてみました。

 

そしたらそれ以降、担当者との個人メールでのやり取りになり、返信スピードが劇的に上がりました。その結果、1,2日で予約のやり取りは完了

電話も英語でのやりとりにはなりますが、かなり親切で丁寧にゆっくりと話してくれるので最初から電話でやり取りするのも良いかもしれませんね。

 

その他|キナバル登山準備の際に知っておきたいこと

本記事以外でキナバル登山を準備するにあたって一緒に知っておきたいことが書いてある記事をピックアップしました。

どういう人に向けた記事なのかも書いてありますので、気になった記事はぜひこの際に読んでおきましょう~!

 

✔登山用のカバンに悩んでいる登山初心者におすすめ!

montbell『キトラパック 40』をレビュー!【海外旅行におすすめな神バックパック】

 

✔登山靴に悩んでいる登山初心者におすすめ!

【レビュー】登山初心者にオススメ!『montbell ツオロミーブーツ』

 

✔キナバル登山の全体像について知りたいあなたにおすすめ!

【キナバル登山者必見!】東南アジア最高峰を登る人向けの完全ガイドブック 

 

✔キナバル登山中の様子を知りたいあなたにおすすめ!

マレーシア旅行記day6 ~いよいよキナバル山へ。キナバル登山編~ 

 

✔拠点のコタキナバルについて気になるあなたにおすすめ!

※女子旅とは書いていますが、コタキナバル全般について知ることが出来る記事です。

【マレーシア旅行・観光】コタキナバルを女子旅に“超”おすすめする5つの理由 

 

まとめ|キナバル山登山はツアーより個人手配がおすすめ!

f:id:kunisfa0717:20190205174004j:plain

今回の記事をまとめると、


日本発の場合

✔短い日程のため観光があまりできない

✔費用が割高(15万円~)

✔一人だと別途の費用が必要

✔面倒な手配いらず

✔英語が不安な方でも安心

 

現地ツアーの場合

✔自身で手配を飛行機ができ、日程も調整しやすい

一人だと別途の費用が必要

✔ある程度、自分自身で準備が必要

 

個人手配の場合

✔費用が安い(4.4万円~)

✔手配が面倒

✔日程を自由自在に組むことができる

 

ということになりました!

 

以上、学生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)がお届けしました~!

  

 

注目記事>> 海外旅行でオススメのクレジットカード

人気記事>> 事前に必要な海外旅行の持ち物リスト10項目