ロマン溢れる中世へタイムスリップ!ロワール地方、古城を巡る旅!

こんばんは!

 

 

今日紹介するのはフランス南部にあるロワール地方。

この地域には中世の頃に築き上げられたお城が今もなお当時のまま残っています。

 

リからTGV2時間もあれば来ることができ、

日帰りで来ることもできることから人気の観光地となっています。

 

行ったからこそわかる、ロワール地方の情報をお届けしたいと思います!

 

※今回僕が利用したのはこちらのツアーです。 

1日で全部行けます!クロ・リュセ、アンボワーズ城、シャンボール城、シュノンソー城 ロワール古城巡り<2~11月/終日/日本語オーディオガイド付/トゥール発> | フランス(フランス地方都市)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

 

 

拠点の街『トゥール』

f:id:kunisfa0717:20170913185933j:plain

f:id:kunisfa0717:20170913185410j:plain

f:id:kunisfa0717:20170913185503j:plain

f:id:kunisfa0717:20170913185400j:plain

ロワール地方における拠点の街トゥール。

学生が多く、若者の活気で溢れる街となっています。

 

 

治安面でもパリよりはかなり安全で、

駅から北の方へ行けば様々な店が大きな通りを挟んで並んでおり、

その間には路面電車も走っております。

 

北に行き続ければロワール川も流れており、

北東に行けば夜は人で溢れかえる広場もあり、

とても住みやすい街です。

 

「パリとトゥールどっちに住みたい?」と聞かれれば、

間違いなくトゥールを選びます。笑

 

日帰りで通りすぎるにはもったいないくらいの街なので、

時間があればぜひ一泊してその雰囲気を味わってみてください!オススメです(^^)

 

魅力あふれるオススメな古城

シャンボール城

f:id:kunisfa0717:20170911170710j:plain

f:id:kunisfa0717:20170913185458j:plain

1つ目はロワール地方の古城巡りで外せないシャンボール城。

 

当時の最高技術を集めて作ったお城だけあって、

ルネサンスの傑作とまでいわれており、

ロワール地方の古城の中で1番の人気を誇っています。

 

このお城の特徴はなんといってもその大きさと外観の美しさ。

 

本のお城と違って城壁などが殆どないのは、

この城自体が防衛のためではなく娯楽のためであるから。

当時のお金持ちはやることが違いますね…^^;

 

また他にもこだわりがあり、

内部にある螺旋階段はかのレオナルドダヴィンチが設計したそうです。

建築好きの人ならたまらなさそうですね…!

 

このロワール地方にあるお城は何かとダヴィンチが関わっているので、

ある意味ダヴィンチを巡る旅でもあります(^^)

 

シュノンソー城

f:id:kunisfa0717:20170913185457j:plain

f:id:kunisfa0717:20170911170839j:plain

f:id:kunisfa0717:20170911170727j:plain

僕が自信をもって一番にオススメしたい城、シュノンソー城!

このお城は歴代の主が女性であるという少し風変わりなお城です。

 

オススメはなんといってもその美しさ!

綺麗に整われた庭に、その側を流れる川。

そして、その上に佇むお城。

 

たしかに綺麗な庭園などはフランス中どこにもあるのは間違いないのですが、

ヴェルサイユ宮殿のように人がごった返しておらず、

静けさが漂う雰囲気にこの景色が本当に綺麗で感動します。

今でも感動したのをはっきりと覚えています。

 

出来るだけ人が少ない時間帯の方が、

より神秘的な雰囲気を味わうことができるので、

西日が差すぐらいの時間に行くことをオススメします!

 

 

 

ル・クロ・リュセ

f:id:kunisfa0717:20170913185446j:plain

f:id:kunisfa0717:20170913185444j:plain

こちらはお城ではないですが、

レオナルドダヴィンチが晩年を過ごしたといわれる館。

 

館内はレオナルドダヴィンチの寝室・作業室・居間など、

どれも興味深い部屋ばかりで、当時の様子を思い浮かべることができます。

 

また地下にはレオナルドダヴィンチが世には出さなかった製図や作品のモチーフなどが展示してあるほか、

広大な庭には彼の発明品が展示されています。

理系の人はヒィヒィすること間違いなしです!

 

勿論、文系の人も理系に興味をもってしまいそうな数々の作品が展示されています。

 

ル・クロ・リュセ城は後述するアンボワーズ城のすぐ近くにあるので、

アンボワーズ城に行かれた際は一度訪れてみることをオススメします(^^)

 

正直行かなくても良い!?オススメはしない古城

アンボワーズ城

f:id:kunisfa0717:20170913185424j:plain

f:id:kunisfa0717:20170913185820j:plain

アンボワーズ城はまさに城塞といったお城でその高さと大きさは圧巻です。

 

それもそのはず、こちらの城は城塞として建てられています。

そのためか、城下町が栄えており、その規模はロワール地方でトゥール市内に次ぐほどでお土産屋さんや美味しそうなお店も多く立ち並びます。

 

本題のお城についてですが、

ロワール川を見下ろすことができる景色が一番のオススメで、

それ以外は程よく大きなお城と庭があるといった感じです^^;

 

ですので、ル・クロ・リュセをメインにこのエリアに来ていただいて、

ル・クロ・リュセと城下町散策のついでにアンボワーズ城へ寄るぐらいでちょうどよいと思います。笑

(ちなみにここにはダヴィンチのお墓があります。)

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

魅力いっぱいの古城が集まるロワール地方。

効率よく回るならツアー、ゆっくりと回りたいならバス・電車がオススメです!

 

ロマン溢れる古城を巡る旅に出て、フランスをもっと好きになってみませんか?

1日で全部行けます!クロ・リュセ、アンボワーズ城、シャンボール城、シュノンソー城 ロワール古城巡り<2~11月/終日/日本語オーディオガイド付/トゥール発> | フランス(フランス地方都市)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

 

ランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク