【2017年度最新版】ゴールドコーストでオススメしたいナイトクラブ6選!

オーストラリアの街の中でも、

若者の活気溢れる街ゴールドコースト

 

サーファーズパラダイスなどの海岸では、

サーフィンを楽しむ人、

ビーチでのんびり日焼けや昼寝を楽しむ人など、その楽しみ方は様々です。

 

 

そこで今回紹介するのは、

活気あふれるゴールドコーストのオススメナイトクラブ!

 

治安など不安な人もいると思いますが、

そのあたりも含めてお伝えしたいと思います!

 

 

治安

こちらの記事でもお伝えしたように、

オーストラリアの治安は本当に良いです。

 

日中は勿論、夜中でも身の危険を感じたことは一度もなかったです。

 

ゴールドコーストも同様に身の危険を感じることはなく、

ナイトクラブなどがある通りは多くの人がいるので、

むしろ他の通りよりも安全だといえます。

 

また、日本人の方もちらほらいますし、

警察も適宜巡回しており、コンビニなども多くありますので万が一の時も安心です。

gbtrip.hatenablog.com

 

 

アクセス

ナイトクラブはオーキッド・アベニューという通りに密集しており、

クセスが非常によくなっています。

 

またサーファーズパラダイスの近くに位置しますので、

ホテルからのアクセスも良好だといえます。 

 

 

 

では早速ゴールドコーストのナイトクラブの特徴などを見ていきましょう!

 

 

ゴールドコーストのナイトクラブ 

COOKTAILS

f:id:kunisfa0717:20170906121758j:plain

 

恐らくゴールドコーストで一番の美男美女率が高いナイトクラブ。

 

現地のオーストラリア人もオススメのクラブでアジア人はほとんどおらず、欧米人ばかり。

 

流れている音楽は日本でも聞くような曲もちらほらといった感じで、

の大きさもかなり大きいほう。

 

ただ、欧米人ばかりなので居心地が悪いと感じるかもしれません。

 

エントランス料は10ドル。

 

 

SHOOTERS

f:id:kunisfa0717:20170906121749j:plain

 

こちらは入ってないので現地の口コミ情報のみとなります^^;

 

アジア人もちらほらはいるらしいのですが、

そこまでは盛り上がっていない感じでした。

 

ただ、COOKTAILSの隣にあるので時間次第なのかもしれません。

 

エントランス料は10ドルか15ドルだったはず。笑

 

 

SINCITY

f:id:kunisfa0717:20170906121753j:plain

 

僕が実際に行った中では一番アジア人が多かったナイトクラブ。

 

箱の大きさはそこまで大きくはなく、アジア人の割合は全体の3,4割ほどで、

欧米人も美男美女ばかりとまではいかない感じでした。

 

エントランス料は20ドルと他のお店と比べても高めなのであまりオススメはしません。

 

 

 

 

 

 

BEDROOM

f:id:kunisfa0717:20170906121803j:plain

ダンスガチ勢率が一番高かったナイトクラブで、

常に行列ができていたのでかなり人気のクラブだと思います。

 

箱の大きさはSINCITYよりは大きいですが、COOKTAILSよりは小さめといった感じ。

店の名前の通り、中にベッドが実際においてあったのがとても印象的でした。笑

 

こちらはドミトリーのイベントで行ったのでエントランス料金は定かではありませんが、

そこまで高くなかった気がします!

 

 

 

 

 

 

TRUTH

こちらは2次会用のナイトクラブ。

 

位置はBEDROOMの横に位置しており、

前にいるボーイにスタンプを押してもらうとエントランス料金がフリーになりますので、

2次会まで元気のある人は先にスタンプだけ押してもらっておくのが良いと思います。

 

箱の大きさはSINCITYほどと小さくもなく大きくもなくといった感じでした。

 

THE AVENUE

Barがメインのナイトクラブ。

 

昼間はBar併設のレストランとして営業しています。

レストランがメインですので、箱の大きさは大きくはありません。

 

ただ、流れている曲は日本でもよく耳にする曲が多いのでとっつきやすい点とカジュアルな点ではオススメのお店です!

 

 

 

 

ランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク