評判が気になるベトジェットエアに乗ってみた【LCCでもトラベルピローで快適睡眠】

スポンサーリンク

f:id:kunisfa0717:20190826201113p:plain

ベトジェットエアに乗る人「今度乗るベトジェットエアの評判が気になる。実際に乗ってみての機材やシートの広さについての感想を知りたい!」

今回はそういった人にぴったりの記事!

 

ベトナムに拠点を置くLCCベトジェットエア。

最近では、成田-ダナン線が就航し、日本からはLCCを使ってハノイ・ホーチミン・ダナンへ各都市からアクセスできるようになり、ますますその存在感が強くなってきています。

 

そして、先日、そんなベトジェットエアに乗ってベトナムへ行ってきましたっ!

今回の記事では、そんなベトジェットエアに乗ってみて感じたこと(料金・機材・座席・機内食など)をまとめてみました!

「ベトジェットエアに乗る予定の人はぜひ最後までご覧ください!」

 

ベトジェットエアの料金

f:id:kunisfa0717:20190826202624j:plain

今回乗ったベトジェットの料金は往復でこんな感じ

運賃:6,924

諸税:16,023

合計:22,947

 

ノックスクート航空とほぼ同じ値段でして、往復料金でこの値段なのでまあそこまで悪くないかなーと!

ただ、ノックスクート航空と比べて座席は狭かったので、その点を踏まえればノックスクート航空よりは少しコスパは悪いかもですね。

 

また、ベトジェットエアはかなり頻繁に運賃100円セールをしているので、上手くセールを利用することが出来れば、最安1.6万円程度でも行くことが出来ますよ~!

ベトジェットエアのフライト時間

f:id:kunisfa0717:20190826202459j:plain

今回利用したフライトはこんな感じ

関空9:20発 → ノイバイ空港12:20

ノイバイ空港1:20発 → 関空7:50

 

行きは15分の出発遅れで、定刻の到着。

帰りでは搭乗時間は定刻でしたが、出発が遅れたために約30分遅れで関空に到着しました。

 

行きの遅れも考慮すると、ハノイ→大阪の便では遅れがちなのかもしれません。

 

また、スケジュールですが金曜日の朝に出発して、月曜日の朝に帰ってくるというフライトでしたのでまさに週末弾丸旅行。ベトジェットエアは毎日運航しているので、各々の都合にかなり合わせやすくなっています◎

「つい先日、LCCの予約で発券キャンセルをする羽目になりました。その時の体験談や、LCCを予約する際の注意点なども書いていたりするので、ぜひこちらの記事もどうぞ!☞人生で初めて航空券をキャンセルしました【航空券の予約は公式サイトから】

ベトジェットエアの座席・機材

f:id:kunisfa0717:20190826202517j:plain

機材はエアバス社のA321でして、座席は3-3配列。

 

f:id:kunisfa0717:20190826202528j:plain

座席間の幅(シートピッチ)はTheLCCといった感じで狭かったですね。笑

前回乗ったノックスクートよりは明らかに狭かった。

具体的に言うと、身長が180cmほどの僕でもせいぜい拳1つ分くらいしか余裕なかったですね。

 

行きの便では座席が8割くらい埋まっていた感じ。

僕は通路側に座っていたんですが、真ん中に人がいなかったので思っていたよりも快適に過ごすことができましたね。

 

帰りは満席でしたが、こちらも通路側を確保していたのでなんとか耐えました。笑

往復ともに日本語でのアナウンスがありました。

「飛行機のおすすめの座席や選び方のポイントについてまとめた【1分で理解できる図解付き】飛行機(エコノミークラス)の座席でおすすめはここだ!もぜひ合わせてご覧ください~!」

LCCだと座席が狭いので、機内用の快適グッズを使っていかに快適に過ごせるかがポイント

僕は飛行機に搭乗する度に色々なグッズを試していて、今回試したグッズはDIY-SPACEのネックピロー

 

従来のトラベルピローとは違っていて、人工学に基づいたトラベルピローです。

使う前の期待値は0だったんですが、思っていた以上に快適でして、首の負担は従来のトラベルピローよりも明らかに楽でしたね

 

値段も手頃なので、"従来のトラベルピローの不満のある方"や"変わったトラベルピローなどに興味のある方"はぜひ買ってみてはいかがでしょうか。

「そのほかについてはこちらの約40回のフライト経験ありの京大旅ブロガー厳選!機内で快適に過ごすためのグッズ9選!という記事で、経験のエッセンスを詰め合わせておりますので、ぜひそちらをご覧ください!」

 

ベトジェットエアの機内食

もちろんLCCなので機内食はついておらず。

航空券の予約段階で事前に注文をすることができますが、機内でも注文は可能です。

メニューはこんな感じ

f:id:kunisfa0717:20190826202545j:plain

 

食べていないので味についてはさておき、全体的に値段はかなり良心的です。

 

f:id:kunisfa0717:20190826202554j:plain

f:id:kunisfa0717:20190826202555j:plain

加えてベトジェットエア関連のグッズも売っていました。

これまた全体的に良心的な値段でして、トラベルピローなども手頃な価格で売っていたので、持ってくるのを忘れた方でも気軽に購入することができますね。

機内販売全般はかなり好印象です。

ベトジェットエアの機内サービス

ベトジェットエアではこれといった機内サービスもなく、本当にただ乗るだけ。笑

 

ブランケットなどは申し出れば貸してもらえますが、最初からは用意されていません。

機内は冷房がかなり効いていたので、防寒対策は必須ですね。

ベトジェットエアの機内手荷物・受託荷物

他のLCCと同じでして、

メインの手荷物1つ(※1)と身の回りの品1つ(※2)の合計2つ。

合計重量は7kgまでが無料の範囲になっています。

※1:最大サイズは56cm×36cm×23cm

※2:ハンドバックなどのサイズ制限は30cm×20cm×10cm。コート収納袋は114cm×60cm×11cmPCバックは40cm×30cm×10cm

 

とはいえ、ベトジェットエアに関して言えば、ぶっちゃけ荷物のルールはガバガバでした。笑

普通に2つの荷物合計で7kgを超えていたんですが、特に言われることもありませんでした。たまたまかもですが^^;

 

このあたりは専門外なので、そのほかの詳細はこちらをご確認ください

荷物 - 手荷物サーヒス - VietJetAir.com・ご利用は快適

念のためにも、旅行バッグの重さを測るはかりを1つ持っておくのが無難ですね。

 

あと、ここからは余談なんですが、LCCは荷物を預けないからこそ安く乗ることができます。なので、もしLCCで荷物を預けたいなら、個人的にはレガシー航空会社がおすすめ。(いわゆるフルキャリア。JALやANAなど)

レガシー航空会社に乗っても東南アジアに関して言えば意外とそこまで高くなかったりするんですよね。

 

例えば、ベトナム行きならベトナム航空が往復4万円程度で飛ばしていたり、JALもセール時などでは往復総額4.5万程度で乗ることができたりします。

もちろん、座席も広々としており、機内食やモニターも付いていたりと値段相応のサービスです。

ですので、レガシー航空会社もわりとおすすめだったりするんですよね◎

注意!ノイバイ空港のチェックインカウンターは混雑するかも

帰りの便をチェックインする際、チェックインカウンターが激混みでした。

2時間ちょっとまえに空港に着いたのですが、既に長蛇の列。

 

列の進み具合もそこまで早くなく、30~40分ほど待ったので直前のチェックインはあまりおすすめできないので、その点だけ予めご注意を!

ノイバイ空港からハノイ市内への行き方

方法はバス・タクシーの2通りでして、電車は走っていません。

個人的には、ノイバイ空港→市内ではバスがおすすめでして、市内→ノイバイ空港ではタクシーがおすすめです。

 

このあたりについては別記事にてまとめていますので、そちらをご覧ください◎

ノイバイ空港からハノイ市内への行き方【行きはバス、帰りはタクシーがおすすめ】 

その他|ベトナム旅行の前に知っておきたいこと

f:id:kunisfa0717:20190714143915j:plain

ここからは当ブログで紹介してきた、ベトナム旅行に関する記事を紹介!

見るのはタダ!初めてのベトナム旅行の前に見ておかないと損ですよ~!

 

✔初めてのハノイ旅行者必見!これさえ見れば初めてのハノイ旅行も大丈夫!

初めてのハノイ観光に必要な日数は?【効率的に観光できるモデルコースも紹介】

 

✔ハノイで最高の夜を過ごすならここ!

ハノイの最高の夜景を見るならここ!ルーフトップバー「TOP OF HANOI」がおすすめ!

 

✔ハノイでタピ活!?並ばず、格安でタピオカを楽しめます!

ハノイ観光におすすめのタピオカ3選!【日本の人気店を並ばず、格安で飲めます】

  

✔旅行前に旅ブロガーがおすすめする旅行グッズは確認しておきましょう!

海外旅行に必要な持ち物リスト10項目!最低限これだけは持っておこう!

 

✔保険はクレジットカード?保険会社?悩んでいるならいますぐこの記事を!

【クレジットカードvs保険会社】海外旅行の保険どうしていますか?

 

✔学生の方!海外旅行へ行くなら学生必携の2つのカードは持っておきましょうね!

海外旅行で学生にオススメのクレジットカード【選ぶポイントも紹介】

まとめ|ベトジェットエアは典型的なLCC

f:id:kunisfa0717:20190826202611j:plain

今回の記事をまとめると、

往復2万円ちょっとでセールを利用すれば往復1.6万円で搭乗可能

座席はまずまずの広さで、典型的なLCCの広さ

日本語でのアナウンスあり

機内販売の値段はかなり良心的

✔ノイバイ空港のチェックインカウンターは混雑しがち

ということでした!

「以上、学生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)がお届けしました。」