初めてのインド旅行におすすめの日数は?【効率的に観光できるモデルコースも紹介!】

スポンサーリンク

f:id:kunisfa0717:20190715213253p:plain

初めてインドを旅行する人「初めてのインド旅行を楽しむのにおすすめの日数はどれくらいかかるんだろう。インドはめちゃくちゃ広いから効率的に周れるモデルコースも知りたい。」

 

日本の9倍の面積を持つインド。

その広大さから、北と南で文化の違いが生じたり、国境付近では全くインドを感じさせないような風景が広がっていたりします。

それゆえに、インドを1度の旅行で全部見て周るのはほぼ不可能

 

だからこそ、インドを旅行する際にはどういったコースで周るのかが非常に重要になってきます

 

今回はそんなインドを初めて旅行する人に向けたおすすめの日数と効率的に観光できるモデルコースを記事にまとめました。

「ちなみにですが、インドの旅行記(インド旅行記1日目~初日から帰りたくなったインドの過酷さ~ )も書いています。インド旅行をよりイメージできるかと思うので、ぜひそちらもご覧くださいね!」

 

初めてのインド旅行におすすめの日数

f:id:kunisfa0717:20190715221636j:plain

初めての人におすすめの日数はズバリ56

 

ぶっちゃけ話、インドの旅行日数を決めるのはかなり難しいです。

 

というのも、

✔インドはとても広く、移動するだけでもかなりの時間がかかる

✔インドの濃さに負けて、旅行中に帰りたくなる人も少なくない

からですね。笑

 

その点を踏まえて、今回はインドのランドマークであるタージマハルとガンジス河をメインにした5泊6日の旅行にしました! 

初めてのインド旅行におすすめのモデルコース

f:id:kunisfa0717:20190715221707j:plain

今回紹介するモデルコースはこんな感じ☟

 

1日目

午後:ニューデリー着、観光

2日目

終日:ニューデリー観光

3日目

終日:アーグラ観光

4日目

午前:ニューデリー発

午後:バラナシ観光

5日目

午前:バラナシ観光

午後:バラナシ発&ニューデリー発

 

アーグラ⇒バラナシの夜行列車などを使えば1日分短くすることも可能ですが、翌日分の夜行列車を当日に予約するのはとても危険

僕がインドを旅行した際は翌日の夜行列車を取ることが出来ましたが、現地の人曰く「2週間前に売り切れていることがよくあるから、チケットを取れたのは本当にラッキーボーイだぜ、HAHA!」とのこと。笑

それに、夜行列車の場合だと遅延が怖いので、旅行日数に限りがある場合はなるべく避けるのがベターです。

 

なので、アーグラへはツアーを利用して日帰りで行き、ニューデリーからは飛行機でバラナシへ。

 

飛行機ですが、エアインディア利用を想定して、フライトスケジュールはこんな感じ☟

11:15() 成田発 ⇒ 17:00() ニューデリー着

21:15() ニューデリー発 ⇒ 8:45+1() 成田着

 

デリーへは成田からJALANA、エアインディアの3社が直行便を出していますね。

ただ、ANAは深夜にデリー着の便しかなく、夜のデリー空港ではぼったくりタクシーが多くいることで有名なので、ANAを利用する際は空港到着後そのまま空港で待機しておくことを強くおすすめします◎

インドに深夜到着して空港から出たら詐欺のカモにされちゃうよ? - RIE LOG

「飛行機のおすすめの座席や選び方のポイントについてまとめた【1分で理解できる図解付き】飛行機(エコノミークラス)の座席でおすすめはここだ!もぜひ合わせてご覧ください◎」

それではモデルコースの詳細を見ていきましょう~!

インド旅行1日目|明日からの観光に備えてゆっくり休もう!

f:id:kunisfa0717:20190715221606j:plain

初日は午後に空港に到着した後、そのままホテルへ移動。

飛行機内での疲れや、明日の早朝からのツアーに備えて体をゆっくり休めましょう◎

インド旅行2日目|デリーの街を散策しよう!

この日は終日デリー観光!

 

デリーの見どころは多く、1日では全部見て周ることは出来ません

ただ、建物自体は似たようなものも多くあるので、個人的には全部周る必要もないのかなと思っていたり。

 

f:id:kunisfa0717:20190715221417j:plain

ショッピングに最適なコンノート・プレイスタージマハルの製作にも影響を与えたとかいうフマユーンは個人的におすすめです。

 

f:id:kunisfa0717:20190715221437j:plain

フマユーン廟はまるで小さなタージマハル。

シンメトリーなインスタ映え写真を取ることが出来ますし、人が少なく、静かに見て周ることもできましたよ~!

 

そのほかだと、ラール・キラー、ジャマー・マスジットなども有名。

郊外に行けば、トゥグラカーバードという遺跡があって、ここにはかつての都があったんだとか!

このあたりは僕も周っていないので、「ぜひ行ってください!おすすめです!」とまでは言えませんが、気になるものはツアーなどでまとめて周るのも良いかもしれませんね。

デリー市内観光 | 北インド(デリー)の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

 

f:id:kunisfa0717:20190715221508j:plain

何も考えずにふらっと街歩きをしても楽しい街なので、のんびり何も考えずに散策するのもおすすめです。

 

f:id:kunisfa0717:20190715221515j:plain

夜はインド門のライトアップで1日を〆ましょう~!

インド旅行3日目|世界で最も美しいお墓を見よう!

f:id:kunisfa0717:20190715221336j:plain

今日はタージマハルのあるアーグラへ日帰り観光!

 

f:id:kunisfa0717:20190715221345j:plain

本来ならば格安の列車を使って移動をしたいところなのですが、列車は遅延が起こりやすく観光時間をロスしてしまう可能性があります。

せっかくのインド旅行、ここはニューデリー発のツアーを利用して時間をお金で買っちゃいましょう!

【プライベート】片道列車利用!アグラの3大世界遺産を巡る日帰りツアー☆タージ・マハル+アグラ城+ファテープル・シークリー<日本語ガイド/昼食付> | 北インド(デリー)の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

 

f:id:kunisfa0717:20190715221225j:plain

インドのランドマークの1つであるタージマハル。

学校の教科書でも度々見かけたこともあって、実物を見た時は流石に感動しましたね。笑

常々思うのですが、現代と比べて技術が発達していない時代にどうしてこんなに綺麗な左右対称な建造物を建てることが出来たのか不思議です。

 

f:id:kunisfa0717:20190715221238j:plain

f:id:kunisfa0717:20190715221240j:plain

f:id:kunisfa0717:20190715221242j:plain

また、入り口の門から見えるタージマハルのトリックにも驚きましたね。

近づくと大きくなるはずのタージマハルが小さくなっていくんです、不思議ですよね。笑

 

また、アーグラはぼったくりが多いことでも有名で客引きがかなり強引です。

タージマハルやアーグラ城でも客引きが多くいますが、そこは無視して自分のペースで刊行しましょう◎(ちゃっかりカモられましたが(^^;)笑)

 

タージマハルについては意外とショボい?インド、タージマハルへ行く前に知っておきたいことという記事にまとめていますので、ぜひそちらも合わせてご覧ください!

「とはいっても、日本語堪能なインド人も多く、ガイド旅行もぶっちゃけそこまで高くないので、楽しみ半分で客引きに言い寄られるがままに楽しむのも楽しみ方の1。アーグラ城で客引きにガイドを頼みましたが、予定の時間を過ぎてまでしっかり解説してくれたのがとても印象的でしたね~。」

インド旅行4日目|ガンジス河で神秘の瞬間を感じよう!

この日は午前中に飛行機を使ってバラナシへ。

電車を使うと1日以上かかる距離ですが、飛行機を使えば1時間ちょっとで楽々移動することが出来ます

 

f:id:kunisfa0717:20190715220933j:plain

バラナシ空港は地方空港なので、さすがに空港は小さい。

 

f:id:kunisfa0717:20190715221032j:plain

タクシーを使ってバラナシ中心部へ移動した後は、バラナシ散策。

アーグラへ行った後なので、街が異常に穏やかに感じるはず。笑

(ただし、あくまでもアーグラと比較した場合の話。笑)

 

f:id:kunisfa0717:20190715221112j:plain

人混みをかけ分けて進んだ先にあるガンジス河。

街の対岸側は砂浜になっているおかげで、ガンジス河がどこまでも広がっているかのように見えるんです!この風景は自分の目で、肌で感じるべき絶景に値しますね~。

 

f:id:kunisfa0717:20190715221129j:plain

汚さと臭いについてですが、大阪にある道頓堀の色+京都の鴨川の臭いといった感じで、個人的には生のガンジス川の色・臭いはそこまで衝撃的ではなかったですね。笑

 

f:id:kunisfa0717:20190715221143j:plain

この日マストでしなければいけないことは、ガンジス川から見る日の入り。

この風景を見ずしてバラナシに来たとは言えない

それくらい神秘的で、印象的な瞬間でした。

タージマハルよりも感動しましたね!

 

ガンジス河については感動すること間違いなし!汚いけど美しい、インドのガンジス河 という記事にまとめていますので、ぜひそちらも合わせてご覧ください!

インド旅行5日目|ガンジス河から見るご来光で旅行を〆よう!

この日はインド旅行最終日。

夕方発の飛行機に乗ってニューデリーへ向かい、乗り換えをしてそのまま日本へ向かて帰ります。

 

f:id:kunisfa0717:20190715221020j:plain

なので、昼過ぎまでは自由にバラナシ観光を楽しみましょう~!

バラナシにいるインド人はアーグラにいるインド人に比べて穏やかなので、タージマハル関係以外のお土産バラナシで買うのがおすすめです◎

 

f:id:kunisfa0717:20190717150911j:plain

また、ガンジス河から見るご来光は絶対に見ましょうね

 

インド旅行の日数に余裕がある方はヨガの聖地リシュケシュへ行こう!

f:id:kunisfa0717:20190715220735j:plain

インドはヨガ発祥の国といわれていて、そのヨガはヒンドゥー教の修行法の1つにもなっています。

そんなヨガの発祥の地であり、インドのリゾート地といわれる場所・リシュケシュがインド北部にあります。

 

f:id:kunisfa0717:20190715220750j:plain

飛行機を使えば、ニューデリーからリシュケシュまでは1時間

 

標高が高く、インドとは思えないほど涼しい気候なんです。

僕は3月に行ったのですが、朝夜は半袖だと肌寒かったですね。

 

f:id:kunisfa0717:20190715220832j:plain

プール付きの豪華なホテルに格安で宿泊出来たり、綺麗な色のガンジス河も見ることが出来ます。

(リシュケシュにあるガンジス河は上流部分にあたり、バラナシにあるガンジス川は下流部にあたるため)

 

f:id:kunisfa0717:20190715220849j:plain

リシュケシュについてはこちらのヨガの聖地?リゾート地?魅力溢れるインドの秘境、リシュケシュがオススメ!という記事にまとめていますので、気になる方はぜひそちらも合わせてご覧ください! 

「ちなみに、ヨガ体験だけならバラナシでもすることができるので、ぜひインド旅行中にヨガ体験をしてみましょう!」

その他|初めてのインド旅行の前に知っておきたいこと

 

f:id:kunisfa0717:20190714143915j:plain

ここからは当ブログで紹介してきた海外旅行に関する記事を紹介!

見るのはタダ!初めてのインド旅行の前に見ておかないと損ですよ~!

 

✔旅行前に旅ブロガーがおすすめする旅行グッズは確認しておきましょう!

海外旅行に必要な持ち物リスト10項目!最低限これだけは持っておこう!

 

✔保険はクレジットカード?保険会社?悩んでいるならいますぐこの記事を!

【クレジットカードvs保険会社】海外旅行の保険どうしていますか?

 

✔学生の方!海外旅行へ行くなら学生必携の2つのカードは持っておきましょうね!

海外旅行で学生にオススメのクレジットカード【選ぶポイントも紹介】

まとめ|初めてのインド旅行は56日がおすすめ!

f:id:kunisfa0717:20190715221741j:plain

今回の記事をまとめると、

 

✔初めてのインド旅行には56日がおすすめ

✔頑張れば1日分は短縮することも可能(おすすめはしない)

✔旅行日数に余裕があればリシュケシュもおすすめ

 

ということになります!

「以上、京大生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)でした!」