ベネチアからブラーノ島への行き方・観光時間を徹底解説!

スポンサーリンク

f:id:kunisfa0717:20190511142357p:plain

ベネチアからブラーノ島へ行く方法や観光にかかる時間を知りたい。

 

今回はそういった人にぴったりの記事です!

 

水の都ベネチア。

前回の【旅ブロガー監修!】ベネチア観光に必要な日数は?【モデルコースも紹介!】という記事でもその魅力をたっぷりとご紹介しました。

その中でも紹介したインスタ映え間違いなしのカラフルな街「ブラーノ島」

 

今回はそんなインスタ映えの街があるブラーノ島への行き方観光にかかる時間を記事にまとめました。

 

ブラーノ島への行き方や観光時間に関する情報を探している人は、ぜひ最後までご覧くださいね!

 

 

 

ブラーノ島への行き方

ブラーノ島へはベネチア本島にあるF.te Nove"A"から出ている水上バスで向かいます。

12番のバスに乗って40~50分。

 

それか、水上バス5.1に乗ってF.te Nove"C"まで移動し、そこから徒歩でF.te Nove"A"まで移動するというパターンもあります。

 

f:id:kunisfa0717:20190512143548p:plain

あるいはF.te Nove"B"から4.2番の水上バスに乗ってムラーノ島へ行き、そこから12番バスに乗って向かうこともできますね。

 

ちなみに僕はムラーノ島経由で行きました。

ムラーノ島もブラーノ島に続き、ベネチアで有名な観光地。だそうです。笑

 

ただ、ハイパーミーハーな僕はブラーノ島>>>>>>ムラーノ島っていう感じだったので、ムラーノ島は全く見向きもせずブラーノ島へ直行しました。笑

 

f:id:kunisfa0717:20190512142819p:plain

ムラーノ島では友人と撮影ごっこだけ。笑

(建物がレトロでお洒落だったので。)

 

海外で不自由なくインターネットにつなぐことができる人は現地でGoogleマップ検索するのもOK

どの場所にいようともGoogle12番バスに乗せてくれるように案内してくれるので。笑

(auユーザーの方はこちらの【auユーザー向け】iphoneのsimロックを解除してsimフリー化する方法という記事からsimフリー化しちゃいましょう!)

 

 

ブラーノ島の見所

f:id:kunisfa0717:20190510152537p:plain

なんといっても、ブラーノ島の見所はカラフル街並みでしょう。

これ一択に尽きますね!

 

フォトジェニックという言葉がぴったりな場所でして、

 

f:id:kunisfa0717:20190510152558p:plain

どこを歩いても、絵になるような写真を撮ることが出来ます!

 

f:id:kunisfa0717:20190512143057p:plain

僕が行った時はベネチアのカーニバルの時期だったということもあり、カラフルな街×カーニバルというカオスな状況。笑

 

ブラーノ島にも仮面のお土産などは売っていますが、ベネチア本島の方が少し安く、種類も豊富だったので、お土産はベネチア本島で買うことをおすすめします◎

 

ブラーノ島の所要時間

f:id:kunisfa0717:20190512143223p:plain

ブラーノ島の観光時間はあっさり見るなら1時間

撮影会などでじっくり見て周りたいなら2時間を見積もっておけば十分かな、と。

 

ただ、これには食事の時間は入れていないので、ブラーノ島で食事を食べる方はその時間も加えてくださいね!

 

ベネチア⇒ブラーノ島へは40分~50分程度なので、往復時間も考慮すると、ベネチアから出発して帰ってくるまでに4時間を見積もっておけば十分でしょう◎

 

まとめ|ブラーノ島へはベネチアから40

f:id:kunisfa0717:20190512143611p:plain

今回の記事をまとめると

✔ブラーノ島へはベネチア本島にあるF.te Nove"A"から出ている12番の水上バスに乗る

F.te Nove"A"までは5.1番の水上バスでも行ける(ただし、"C"につくのでAまでは徒歩)

Googleマップで検索すればどこからでも行ける(チート)

✔ブラーノ島の観光総時間は4時間あれば十分

ということになります!

 

ブラーノ島のカラフルな街は写真目的でなくとも、歩いているだけでワクワクするような楽しい街ですので、ベネチアへ行った際はぜひ行ってみてくださいね!

 

以上、学生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)がお届けしました

 

www.instagram.com

instagramで『instagramで読める海外旅行マガジン』を始めたので、ぜひ登録お願いします!