【旅ブロガー監修!】ベネチア観光に必要な日数は?【モデルコースも紹介!】

スポンサーリンク

f:id:kunisfa0717:20190510155458p:plain

ベネチア観光に必要な日数を知りたい。あわよくば、モデルコースも教えてくれると嬉しいなあ。

 

今回はそういった人にぴったりの記事になっています!

 

水の都ベネチア。

迷路のような入り組んだ街の中に運河が流れ、ゴンドラが行き交う小さな島。

 

そんなベネチアは映画のロケ地にもなったり、ONEPIECEのウォーターセブンの舞台にもなった街でもあるんです!

イタリアへの旅行を検討している方なら、誰しもが行って見たいと思う観光地ですよね。

 

今回はそんなベネチアを観光するにあたっての必要な日数や、モデルコース観光するにあたっての注意点を記事にまとめました。

 

ベネチア観光を検討している方は、ぜひぜひ最後までご覧くださいね!

 

 

 

ベネチア観光に必要な日数は?

f:id:kunisfa0717:20190510152514p:plain

ベネチア観光に必要な日数は、

 

ズバリ…!2日!

 

具体的に言うと、

1日目は近くにあるブラーノ島観光がメイン&残り時間でベネチア島を散策

2日目はがっつりベネチア島観光

をするというプラン。

 

僕はパリから夜行列車でベネチアに移動してきて朝に到着したので、1日目から時間をがっつり使うことが出来ました◎(パリとベネチアを繋ぐ夜行列車Thelloに関してはこちらの【予約方法・乗り方】パリ⇔ベネチア間は寝台列車で!Thello搭乗レビュー!という記事をご覧ください。)

 

ベネチアの本島自体が小さい上に、観光スポットも一箇所に集中してあるので2日あれば本当に充分。ぶっちゃけ、3日あるとほぼ間違いなく暇を持て余すと思います。笑

 

 

12日で周るベネチア観光モデルコース

2日で周れることがわかったということで、次にモデルコースを紹介!

 

僕も実際にこのコースで周り、満足度高く観光できたので、失敗することはまずないと思います◎

ブラーノ島以外は水上バスを使わず、徒歩でも十分に見て周ることが出来ますよ~!

 

1日目:カラフルな街『ブラーノ島』を観光

f:id:kunisfa0717:20190510152537p:plain

1日目はブラーノ島をメインに観光!

ブラーノ島はベネチア本島から水上バスに乗って約40分で行くことができる島。

 

特徴は、このインスタ映え間違いなしのカラフルな街並み

街全体がカラフルな街になっていて、歩いているだけで楽しい。

 

f:id:kunisfa0717:20190510152558p:plain

メインの大通りですら建物がカラフル!

建物の隣同士で色も重なり合わないようにもなっているんですよね、面白い。

 

しかし、建物も一部寂れた雰囲気もある小さな島なので、観光時間は最大でも2時間見積もっておけば十分。往復の移動含め4時間あれば余裕ですね。

ブラーノ島への行き方を知りたい方はこちらのベネチアからブラーノ島への行き方・観光時間を徹底解説!という記事をご覧ください!

 

時間も中途半端なので、この日はレストランで晩御飯でも食べてゆっくり過ごしましょう。

 

f:id:kunisfa0717:20190510152618p:plain

f:id:kunisfa0717:20190510152620p:plain

f:id:kunisfa0717:20190510152647p:plain

おすすめのレストランは『Ostaria Boccadoro

ここで食べたフリッツとボンゴレパスタが超絶品でした。

2人で半分して、1人あたり€25程度。

 

 

2日目:迷子になってベネチア島を観光

2日目はがっつりベネチア本島を観光!

ベネチアで見るべき観光スポットは以下に紹介する3つのシンボルマーク!

f:id:kunisfa0717:20190510152707p:plain

➀サン・マルコ広場

f:id:kunisfa0717:20190510153127p:plain

➁リアルト橋

f:id:kunisfa0717:20190510152719p:plain

➂サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会

 

どの順番から周っても徒歩で見て周ること出来ます。

ただ、➂が駅から一番遠いのでそこから見て周るのが無難かもしれません。

 

②のリアルト橋は夜に行くことをおすすめします。

f:id:kunisfa0717:20190510153452p:plain

こちらは夜のリアルト橋から撮った写真。

ディズニーシーのモチーフになったお洒落なヨーロッパの景色を肌で感じることが出来ます!

 

➀のサン・マルコ広場にはサン・マルコ寺院やドゥカーレ宮があるので、そこを見て周るのもOKですが、個人的にはじっくり観光するのはローマがおすすめかなと思っています。

ローマの方がローマ帝国の遺跡が多く、馴染み深いので取っつきやすいかな、と。

 

なので、ベネチアでは上記の3つの観光地を周りながら、気ままにゆっくり観光するのがおすすめです◎

 

f:id:kunisfa0717:20190510152732p:plain

歩いているだけでこんな景色を取ることができるベネチア。

まさに街全体がインスタ映え仕様ですね~。

 

 

ベネチアを観光するにあたっての3つの注意点

水上バスチケットの制限時間は厳守!

ベネチアは駅周辺以外、車やバイクを使うことが出来ません。

そのため、街の移動手段として使われているのが水上バス。

 

1回券は€7.524時間券は€2048時間券は€30といった感じで売られています。

 

注意してほしいのが、打刻後、時間は絶対に厳守しなければならないということ

○○時間使用可能といった類のものは、通常数十分程度はオーバーできる仕様になっているのですが、ベネチアの水上バスはきっちり時間が守られています。

 

「ちょっとオーバーしているけどいけるやろ!」みたいなノリは通じないので要注意。

 

ゴンドラはグループだと割安!小人数だと割高!

f:id:kunisfa0717:20190510153110p:plain

ベネチアといえばゴンドラ!

というくらいベネチアはゴンドラが有名なので、ぜひゴンドラに乗ってベネチア観光を堪能してほしいのですが、1点だけ注意してほしいのが料金です。

 

時期や時間帯にもよるのですが、(うろ覚え)1ボードあたり€80もするんですよね。タカスギ…。

 

僕は2人でベネチアに行ったっていうのと、そこまで乗りたいと思わなかったという理由で乗りませんでしたが、もしゴンドラに乗りたいという方がいましたら、出来るだけ多人数で乗ることをおすすめします◎

 

 

階段が多し!

ベネチアは島な上に、街中には多くの運河が流れています。

それゆえに、街の至る所に階段があります

これが地味に辛い。笑

 

僕は島の東側に泊まった上に、水上バスの24時間券も切れるというダブルパンチをくらい、西側にあるベネチア駅まで荷物を持ちながら歩いた結果、3時間以上かかりました。笑

 

僕はバックパックだったんですが、友人はキャリーケースなので相当大変そうにしていましたね。(地面も石畳だったので、キャリーの車輪が壊れないかも心配だった。)

 

くれぐれもこうならないように注意しましょう。笑

 

ベネチアのホテル 

ベネチアでホテルを安く予約したいなら、Booking.com、Expedia、Agodaがおすすめ

Booking.com:Genius会員になることで通常料金より最大20%OFFの特典

Expedia:航空券とセットで予約することで大きな割引

Agoda:セールによっては安く泊まれることがある

 

僕はBooking.comとExpediaのヘビーユーザーなので、基本はこの2つを使っていますが、たまにAgodaでセールをチェックしたりもしています。

Booking.comでベネチアのホテルを予約する

Expediaでベネチアのホテルを予約する

Agodaでベネチアのホテルを予約する

 

 

まとめ|ベネチア観光に必要な日数は2日!

f:id:kunisfa0717:20190510152810p:plain

今回の記事をまとめると、

 

✔ベネチア観光は丸2日あれば十分

✔建物をじっくりよりは、街全体をのんびり観光がおすすめ

✔水上バスの制限時間には注意

✔街中を歩いて散策は出来るが、階段が多いので要注意

✔ゴンドラに乗るならグループがおすすめ

 

という感じになります!

 

以上、学生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)がお届けしました

 

www.instagram.com

instagramで『instagramで読める海外旅行マガジン』を始めたので、ぜひ登録お願いします!