初めてのパリ観光に必要な日数は?【効率的に観光できるモデルコースも紹介!】

スポンサーリンク

f:id:kunisfa0717:20190531171229p:plain

 

初めてパリに旅行する人「初めてのパリ。パリ観光にかかる日数。あわよくば効率的に観光して周るモデルコースを教えて欲しい。」

 

今回はそういった人にぴったりな記事になっています!

 

参考までにですが、僕は2年半前と1カ月前にパリへ訪れ、2週間弱滞在しました。

有名な観光地はもちろん、マイナーな観光地も含めてかなり周り、もうほぼパリを網羅したといっても過言ではないと自負しています。

 

そんな僕だからこそ自信を持って紹介できる初めて行く人向けのパリ観光。

 

今回の記事では、初めてのパリ観光にかかる日数と効率的に周るモデルコースをまとめました

パリの有名観光地・観光地の周り方・見るべきポイント・注意点なども記事にまとめていますよ~!

 

「初めてパリを訪れる人は、満足すること間違いなしですので、ぜーったいに最後まで見てくださいね~!」

 

 

 

 

パリ観光に必要な日数

パリ観光するにあたって最低欲しい日数は、

 

ズバリ!2

なので、泊数換算すると3泊5日といったところ!

 

「1日目は到着日だから観光がしっかりできない上に、実質の最終日は4日目。時差の関係上3泊5日になっています。」

 

正直、2日だとかなり駆け足で物足りない感は満載なんですが、最低2日あればパリの王道観光スポットを見て周ることが出来ます

それに加えてお土産などのショッピングをじっくり楽しみたい人は+1

遠方の方へ少し足をのばしたい人も+1日は欲しいところ。

(このあたりは補足でも書いてありますので、ぜひそのあたりをご覧くださいね!)

 

35日の王道パリ観光モデルコース

「観光に必要な日数は3泊5日とわかった。じゃあ、3泊5日ならどういう風に回れば効率的にパリを観光できるのか知りたい。」

 

そういった人に向けて!

僕が自信を持って35日の王道パリ観光モデルコースを紹介!

内容は以下の通り。

 

1日目

午後:パリ着、ホテルチェックイン後周辺散策

2日目

午前:ルーブル美術館、ノートルダム大聖堂

午後:凱旋門、エッフェル塔、シャンゼリゼ通り

3日目

終日:モンサンミッシェル

4日目

午前:モンマルトル地区&サクレクール寺院

午後:パリ発

 

飛行機は直行便を想定しました。(日本からパリへの直行便は全て午後着)

日本から出ている直行便はエールフランス・JAL・ANAの3通り。

僕はエールフランスに乗って行きましたので、エールフランスの乗り心地などが気になる方は、評判が気になるエールフランス航空のエコノミーに乗ってきた【機内食・マイル】をどうぞ! 

 

乗り換えなどで午前着だったりする場合は、それに合わせて調整していただけたらなー、と!

 

「パリでおすすめの観光スポットをざっくり知りたいという人はこちらのこれだけ見れば十分!華の都パリでオススメしたい観光スポット7選!も合わせてご覧くださいね!」

 

パリ観光1日目

パリ着、ホテルチェックイン後、周辺散策

1日目は午後着ということで、ゆっくり休養を取りましょう。

 

ホテルは自由に取ってもらって良いんですが、個人的におすすめなのが『ホテル アンドレ ラタン』

こちらの【パリ・5区】立地良し!価格良し!治安良し!なホテル『アンドレ ラタン』を紹介するという記事でも紹介させてもらったんですが、とにかく立地・価格・治安が良いんです

 

空港からダイレクトでアクセスが出来る上に、高級住宅街エリアなので初めてのパリ旅行者におすすめできるくらい治安が良い。そして価格が安い。

 

f:id:kunisfa0717:20190321172557j:plain

f:id:kunisfa0717:20190321172421j:plain

周辺にはリュクサンブール公園やパンテオンがあったり、お洒落なカフェが立ち並ぶエリアがあったりと、数時間潰すにはもってこいの場所です。

 

一度調べてもらえればわかると思うんですが、治安×価格×立地でここまで良いホテルはパリには中々ないですよ。笑

 

なので、特にこだわりがなければこのホテル『アンドレ ラタン』に宿泊することをおすすめします!詳しいことはこちらの【フランス/パリ・5区】立地良し!価格良し!治安良し!なホテル『アンドレ ラタン』を紹介するをご覧ください!

 

 

パリ観光2日目

午前はルーブル美術館とノートルダム大聖堂を見て周ろう!

午前中はルーブル美術館とノートルダム大聖堂を見に行きます。

 

f:id:kunisfa0717:20190321172747j:plain

f:id:kunisfa0717:20190321172835j:plain

特にルーブル美術館は混雑必須なので、出来るだけ朝の早い段階で行くことをおすすめします。

 

f:id:kunisfa0717:20190321173021j:plain

ノートルダム大聖堂も講堂内を見て周るだけならそこまで混雑しないのですが、大聖堂の上に登るとなれば混雑することが予想されます。ですので、塔に登る人は事前にルーブル美術館で見て周りたいエリアを決めて、効率よく回り、そのまま急ぎ足でノートルダム大聖堂へ向かいましょう!

 

塔へ登らない場合は8時から入ることができるノートルダム大聖堂の講堂を見学後、9時から開くルーブル美術館の順番で周るのがベストかと!

 

f:id:kunisfa0717:20190321173202j:plain

また、ノートルダム大聖堂前にあるポイントゼロ。

これを踏むとパリにもう一度訪れることができると言われているので、こちらも忘れずに!

(初めてのフランス旅行で踏んだおかげか、僕はパリに2度来ることが出来ました!)

 

f:id:kunisfa0717:20190321173421j:plain

f:id:kunisfa0717:20190321173428j:plain

お昼ご飯はルーブル美術館横にあるフードコートCarrousel du Louvreで安く・手軽に食べることができます◎

 

午後はシャンゼリゼ通り→凱旋門→エッフェル塔の順で見て周ろう!

ルーブル美術館のフードコートでランチを食べた後は、ルーブル美術館の前から続くシャンゼリゼ通りを歩きながら凱旋門へ向かいましょう!

 

f:id:kunisfa0717:20190321171903j:plain

初めて凱旋門を見た2年半前。

初めは遠くにあった凱旋門が、歩くにつれて大きくなってくる感覚は2年半たったいまでも忘れられません。

 

f:id:kunisfa0717:20190321173617j:plain

シャンゼリゼ通りでは買い物をするのも良し、カフェでゆっくりするのも良し。

 

f:id:kunisfa0717:20190321173840j:plain


また、お金を払えば凱旋門の上に登ることが出来ます

凱旋門の上から見る、放射状に広がるパリの街並みは圧巻の綺麗さです。

整然とした街並みと言われますが、整然としすぎていてびっくりするレベル。笑

 

f:id:kunisfa0717:20190320140159j:plain


凱旋門を堪能した後は、エッフェル塔へ向かうのですが、少し距離があるため、後述するLime-Sで移動するのがベストかと!(凱旋門周辺はLime-Sが大量に落ちています。笑)

 

f:id:kunisfa0717:20190321171850j:plain

お決まりのエッフェル塔の写真はシャイヨー宮から◎

 

 

パリ観光3日目

終日モンサンミッシェルを楽しもう!

f:id:kunisfa0717:20190321173948j:plain

この日はパリを離れて、ノルマンディー地方へ。

お目当てはモンサンミッシェル!終日観光を楽しんじゃいましょう!

 

モンサンミッシェルに関してはこちらのモンサンミッシェルへはツアーがオススメ!【行き方・費用・注意点】をどうぞ!

 

 

パリ観光4日目

最終日はモンマルトル地区で芸術を楽しもう!

とうとうフランス旅行・パリ観光も最終日。

午後のフライトということで、使える時間は午前と午後の少しの時間のみ

 

f:id:kunisfa0717:20190321171602j:plain

この微妙な時間を使っておすすめしたいのが、モンマルトル地区観光です。

 

f:id:kunisfa0717:20190321174324j:plain

f:id:kunisfa0717:20190321174340j:plain

モンマルトル地区は芸術が盛んなエリアで、かの有名なゴッホも所縁のある地区となっています。

そのため、街はアートに溢れており、画家が集まるエリアまであります。

 

f:id:kunisfa0717:20190321174924j:plain


人が賑わう昼よりも、人が少なく澄んだ空気が漂う朝がおすすめ!

運が良ければ、サクレクール寺院前でハーブを演奏するおじさんに出会うこともできるかもしれません。

 

f:id:kunisfa0717:20190321174740j:plain

f:id:kunisfa0717:20190321171854j:plain

また、モンマルトル地区は有名なパン屋が集まるエリアでもあります。

有名店の1つ『LA GALETTE DES MOULINS』で食べたグラタンが最高に美味しかったので、機会あれば是非ご賞味ください!

(パンではないんかい!という突っ込みはなしで。笑)

 

初めてのパリ観光をさらに楽しむために!

パリ観光の日数が余分にある人は少し足をのばそう!

日数に余裕がある人は少し足をのばしてみるのもあり。

 

パリから日帰りで行ける行き先は主な以下の通り。

✔ヴェルサイユ宮殿

✔ディズニーランドパリ

✔トゥール(古城巡り)

(ロマン溢れる中世へタイムスリップ!ロワール地方、古城を巡る旅!

✔ロンドン

✔ブリュッセル

✔アムステルダム

(アムテルダム観光|トランジット(6時間)でのモデルコースを紹介!)

 

そのほか、シャルトルやジヴェルニーといった街も日帰りで行くことが出来ますが、まずは上記5つの中から行けば満足すること間違いなしなので、まずはここから選ぶことをおすすめします。

自力での移動に心配な方はツアーもありますので、ぜひそちらも併せて検討してみてください!

 

VELTRAでパリ発のツアーを探す

 

Lime-Sで快適な移動を!

f:id:kunisfa0717:20190320140039j:plain

メトロではなく、パリの空気を吸いながら移動したい!という人におすすめなのがLime-S

 

2018年の6月に登場した電動キックボードのシェアリングサービスです。

以前は、自転車のシェアリングサービスが普及していたパリですが、Lime-Sの快適さ・使いやすさから、いまや街中ではLime-Sをはじめとした電動キックボードばかりみます。

 

こちらの【パリ】使わない手はない!新シェアリングサービス「Lime-S」が最高すぎたに詳細は書いてありますので、ぜひこちらも合わせてご覧ください!

 

ルーブル美術館の行列に並びたくない人はミュージアムパスを購入しましょう

パリの指定された施設を一定期間自由に出入りすることができるミュージアムパス。

ミュージアムパスの最低日数は2日からとなっており、今回のモデルコースではミュージアムパスを使用する施設は2日目のみとなっていたので、購入を想定していません。

 

が、

 

ミュージアムパスを持っておくことで、ルーブル美術館ではミュージアムパス専用の列に並ぶことが出来たり、該当期間中何度でもルーブル美術館に入ることが出来ます

そのため、出来るだけ並びたくない人や駆け足でルーブル美術館を見るのではなく、あとで時間が余ればゆっくり見て周りたい人などはミュージアムパスを購入することをおすすめします。

 

※もし、日数に余裕がありヴェルサイユ宮殿へ行く予定であるのならば、必ずミュージアムパスを購入することをおすすめします。(ヴェルサイユ宮殿の入場料だけで€15するため。)

 

 

その他|パリ旅行の前に知っておきたいこと

ここからは当ブログで紹介してきた、フランス旅行に関する記事を紹介!

 

見るのはタダ!初めてのフランス旅行の前に見ておかないと損ですよ~!

 

✔パリの観光は中心地だけじゃあない!近郊でもおすすめ観光地はあります!

 迷ったらここ!日帰りで行けるパリ近郊にある観光地3選!  

 

✔ちょっとマイナーな観光地も回りたいあなた。パリ好きの僕が2度目のパリ向けの観光地を教えちゃいます!

【フランス】パリ好きが教える!2度目パリ観光におすすめ観光地5選+α! 

  

✔旅行前に旅ブロガーがおすすめする旅行グッズは確認しておきましょう!

海外旅行に必要な持ち物リスト10項目!最低限これだけは持っておこう!

 

✔保険はクレジットカード?保険会社?悩んでいるならいますぐこの記事を!

【クレジットカードvs保険会社】海外旅行の保険どうしていますか?

 

✔学生の方!海外旅行へ行くなら学生必携の2つのカードは持っておきましょうね!

海外旅行で学生にオススメのクレジットカード【選ぶポイントも紹介】

 

まとめ|初めてのパリ観光に必要な日数は3泊5日!

パリは観光地がとても多い街です。

 

正直、丸2日の35日プランでも少し駆け足気味で、全部を周り切れていません。

ただ、それでも最低35日あれば、パリを堪能できることは間違いありません。

 

まとまった時間が取れない社会人の方でも、ぜひ一度パリ旅行を検討してみてはいかがでしょうか。

 

「以上、学生旅ブロガーのタカ(@g_b_trip)がお届けしました!そのほかの人気都市についても【週末・弾丸で海外旅行!】初めての行き先でも3/4/5日間で楽しめる海外旅行先を一挙紹介!でたっぷり紹介していますので、引き続き見ていってくださいね~!」