タイ旅行記day2~見て、触れて、食べ歩いたバンコク観光~

スポンサーリンク

f:id:kunisfa0717:20190313151835p:plain

 


【本日の移動】

なし

 

 

www.gb-trip.com

 

 

最後の三大寺院ワットプラケオを観光

f:id:kunisfa0717:20190313151906j:plain

タイ旅行2日目。

 

f:id:kunisfa0717:20190313151944j:plain

今日の朝はワットプラケオへの観光に行きます。

 

 

f:id:kunisfa0717:20190313152003j:plain

9時前にも関わらず、ツアーの団体で賑わっていました。

f:id:kunisfa0717:20190313152030j:plain

入場料は500B。タイで2,000円の出費はかなり大きいです。

2,000円もあれば1日を過ごすことが出来ますからね~。

 

 

f:id:kunisfa0717:20190313152032j:plain

相変わらず、仏教の歴史などは全くわからないので、ざっと見て回るだけです。

 

f:id:kunisfa0717:20190313152244j:plain

f:id:kunisfa0717:20190313152246j:plain

f:id:kunisfa0717:20190313152248j:plain

全体的に金色の装飾が目立っていました。

建物自体に違いはあるものの、素人目からすると、昨日見て回った2つとあまり変わらない感じ。

f:id:kunisfa0717:20190313152319j:plain

f:id:kunisfa0717:20190313152320j:plain

そんなざっくりとした観光で、30分ほど見て回り、ワットプラケオの観光は終了。

 

 

見終わった後はゲストハウスに戻り少し遅めの朝ご飯。

 

f:id:kunisfa0717:20190313152347j:plain

f:id:kunisfa0717:20190313152343j:plain

タイカレーを頂きました。

お店はカオサン通りにある『is Orange』というお店。

まろやかな味わい。このまろやかさは恐らくココナッツ、、、!

日本で食べるカレーよりもあっさりしていてとても美味しかったので、ぜひ一度ご賞味あれ。

 

 

フェリーでバンコクの南へ移動

朝ご飯を食べた後は、次のゲストハウスへと移動します。

快適だったゲストハウス『Tales Khaosan

カオサン通り周辺で泊まる際のゲストハウスとして、マジでオススメです!

>> Tales Khaosanに関する宿泊レビュー記事はこちら 

 

次のゲストハウスはタイの中心にある駅『フラワボーン駅』の少し南に位置するため、カオサン通りからは少し距離があります。タクシーだと数百Bはかかるであろう距離。

 

なので、そこまではフェリーで移動することにしました。

f:id:kunisfa0717:20190313152429j:plain

f:id:kunisfa0717:20190313152455j:plain

1人あたりの料金が15Bと、一人旅行者にとっても優しい価格。

 

f:id:kunisfa0717:20190313152606j:plain

フェリー乗り場へ行くまでの道は、ノスタルジックなバンコクの風景が広がっていました。バンコクにはお洒落なカフェが至る所にあるので、女子旅にももってこいですね。

 

f:id:kunisfa0717:20190313152712j:plain

これが乗るフェリー。

かなりの人で溢れかえっていました。

 

f:id:kunisfa0717:20190313152734j:plain

フェリー自体は思っていたよりも揺れが少なく、船酔いすることはありませんでした。

 

f:id:kunisfa0717:20190313152801j:plain

f:id:kunisfa0717:20190313152803j:plain

フェリーに乗ること20分。

目的地の船着き場に到着!

 

f:id:kunisfa0717:20190313152832j:plain

船着き場から歩いて数分で、本日のゲストハウス『Tiny Taladnoi Hostel』に到着しました。

『Tiny Taladonoi Hostel』に関する詳しいことはレビュー記事に書いていますが、ここは4日間の旅行を通して断トツで一番良かったゲストハウスでした。

超オススメのゲストハウスですので、ぜひ下記の記事も合わせてご覧ください!

>> Tiny Taladonoi Hostelに関する宿泊レビュー記事はこちら 

 

 

スネークファームで大蛇と2ショット

f:id:kunisfa0717:20190314102708j:plain


宿に荷物を置いた後、地下鉄に乗ってスネークファームへ行きました。

地下鉄も徒歩10分程度のところにあるので、好立地です。

 

スネークファームでは1日に2回行われるショーを目当てに行きました。

ショーはお昼の14時半に行われるということで、それまでにお昼ご飯を頂きます。

 

f:id:kunisfa0717:20190314102728j:plain

f:id:kunisfa0717:20190314102737j:plain

お昼ご飯はトムヤンクンラーメン。

 

店員オススメのミドルの辛さに挑戦してみましたが、これが超当たりでした。

酸味と辛さが絶妙にマッチしていて、とても食べやすく、美味しかったです。

(ただ、パクチーには退場してもらいました。笑) 

 

f:id:kunisfa0717:20190314103302j:plain

時間が近づいてきたので、スネークファームへ向かいます。

入園料は200B

 

f:id:kunisfa0717:20190314103320j:plain

園内自体は比較的狭く、密集してヘビのゲージが置かれているような印象でした。

 

f:id:kunisfa0717:20190314103410j:plain

f:id:kunisfa0717:20190314103418j:plain

そして、時間になりショーが始まります。ショー自体は30~40分程度。

英語とタイ語でのショーになりますが、色々な蛇が出てきて、職員の方が自由自在に操ります。

 

f:id:kunisfa0717:20190314103510j:plain

f:id:kunisfa0717:20190314103555j:plain

物怖じけずに触ることができる職員。

どれくらいの期間でここまで操ることができるんでしょうかね。

 

f:id:kunisfa0717:20190314103706j:plain

また、ショーの最後には巨大ヘビとの2ショットもすることができます。

これらすべて含めて200Bはかなりお得ですね。

 

 

大したことなかったアジアティークザリバーフロント

f:id:kunisfa0717:20190314104027j:plain

ショーの後は一度宿に戻り、休憩。

 

f:id:kunisfa0717:20190314104113j:plain

休憩した後、早めの晩御飯を食べに、アジアティークへ行きました。

ゲストハウス近くの船着き場から、まずは「Sathorn Pier」という船着き場へ向かい、そこから無料のシャトルフェリーで向かいます。節約、節約。

 

f:id:kunisfa0717:20190314104215j:plain

フェリーで揺られること10分弱。

アジアティークザリバーフロントに着きました!

 

f:id:kunisfa0717:20190314104309j:plain

f:id:kunisfa0717:20190314104308j:plain

全体的な雰囲気は、三井アウトレットに似ている印象。

あとは、神戸のmosaicにも雰囲気が似ているかなあ。

 

f:id:kunisfa0717:20190314104514j:plain

日本料理屋があったり、

 

f:id:kunisfa0717:20190314104548j:plain

観覧車があったり、

 

f:id:kunisfa0717:20190314104706j:plain

ショッピングエリアがあったり、

 

f:id:kunisfa0717:20190314104753j:plain

ニューハーフショーがあったりと、色々ありました。

 

ただ、全体的に物価が高いので、一人旅行者には向いていない場所でしたね。

 

f:id:kunisfa0717:20190314104842j:plain

格安のグリーンカレーセット。ドリンクとライスがついて230Bほど。

朝に食べたカレーほどではないですが、こちらも美味しかったです。

タイカレーは全体的にマイルドな味なんですね。

 

 

インスタ映えスポット"鉄道市場"

f:id:kunisfa0717:20190314105531j:plain

思っていたよりも微妙だったアジアティークを離れ、次の場所へと向かいます。

見るところを詰めすぎたので、今日は忙しい1日です。

 

次の場所は鉄道市場

インスタ映えのスポットとして有名な、バンコクの観光地。

広大な土地にひしめき合う屋台の光が圧巻の光景をなす場所です。

 

f:id:kunisfa0717:20190314105639j:plain

BTSと地下鉄を乗り継ぎ、最寄り駅の「Thailand Cultural Centre」に到着。

 

f:id:kunisfa0717:20190314105730j:plain

駅を出るとESPLANADEという大きなショッピングモールがあるので、その建物の左の通路を抜けると、市場が見えてきます。駅から出て約510分の距離です。

 

中央部分には屋台があり、グルメ系中心にモノが売っていました。

 

f:id:kunisfa0717:20190314105816j:plain

ななな、なんと!お寿司も売っていました!

衛生面で心配だったので食べませんでしたが、屋台でお寿司も売っているのは海外ならではですね。

 

f:id:kunisfa0717:20190314105841j:plain

周辺部分にはBarが立ち並んでいました。

値段は屋台に比べると少し高めですが、雰囲気抜群。

 

 

f:id:kunisfa0717:20190314110102j:plain

そして、こちらがESPLANADEの駐車場から見た景色。

多くの屋台がひしめき合う、圧巻の光景です。

インスタ映えになる理由もよくわかります。

 

地上ではわかりませんでしたが、これほど多くの屋台が集まっているとは、、、。

この市場が毎日毎晩開催されているというのはとても驚きです。毎日がお祭り。

日本では見ることができない、海外ならではの光景でした。

 

 

明日は、電車に乗って世界遺産のアユタヤ遺跡へ行ってきます!

www.gb-trip.com

 

>> タイ旅行に関する情報をもっと知りたい方はこちら