バンコク観光丸わかりエリア別ガイド記事!【2泊3日~行くことが出来ます】

スポンサーリンク

f:id:kunisfa0717:20190216131553p:plain

 

初めてのバンコク旅行、どういうルートでどこを見に行けば良いかわからない。

 

今回はそういった"初めてのバンコク旅行で見て周る場所に悩む人"に向けた記事になります。

 

今年の1月末に、34日で初めてバンコクへ行ってきました。

バンコクについて殆ど何も知らない状態で一人で行き、約4日間を観光して周りましたが、かなり満足度の高い旅行になりました。

 

そうした経験を踏まえて、今回の記事では、初めてのバンコク旅行でおすすめのエリア・観光地、おすすめの宿泊先などを記事にまとめてみました。

 

 

 

 

この記事で得られる情報

✔初めてのバンコク旅行におすすめの観光地

✔バンコク北西部のおすすめ観光地・ゲストハウス

バンコク北東部のおすすめ観光地・ゲストハウス

(→北東部のゲストハウスに関してはおすすめというより反面教師材料)

✔バンコク南部のおすすめ観光地・ゲストハウス

 

 

ズバリ!初めてのバンコク旅行おすすめ観光地とは

 

初めてのバンコク旅行におすすめは上記の3つのエリア。

それぞれについては次項以降で詳しく紹介しますが、この地域を順に周るだけで23日のバンコク旅行は十分に楽しむことが出来ます

 

f:id:kunisfa0717:20190214111109j:plain

僕の場合は、このプランに1泊追加してアユタヤ遺跡へ日帰りで行ってきました。

>> アユタヤ遺跡を個人で日帰り(4時間)観光したおすすめモデルコース

 

 

バンコク北西部

バンコク三大寺院『ワット・アルン/ワット・ポー/ワット・プラケオ』

f:id:kunisfa0717:20190207113955j:plain

初めてのバンコク旅行では欠かせないであろう観光スポット。

前回の記事で、酷評?させていただきましたが、初めてのバンコク旅行であれば、おすすめの観光地の1つでもあります。(ただし、期待値はあまり上げすぎない方が良いです。)

>> バンコク三大寺院『ワット・プラケオ/ワット・ポー/ワット・アルン』を徹底解説

 

1つの寺院辺り30~1時間程度と見ておけば十分。

この3つの寺院の観光で半日は消化するとみておけばOK

 

 

カオサン通り

f:id:kunisfa0717:20190207113158j:plain

f:id:kunisfa0717:20190207113155j:plain

f:id:kunisfa0717:20190207115003j:plain

バックパッカーの聖地といわれるカオサン通り。

 

昼間は閑散とした雰囲気で、カフェなどがのんびりと営業しています。

しかし、夜になれば豹変

通りを埋め尽くすほどの人で溢れかえり、辺り一帯はクラブミュージックなどが流れ夜の街と化します。

 

バックパッカーの聖地だけあって、物価も安く、衣食住の全て面でとにかく安い

1人前のパッタイが40B(150)であったり、タイパンツが100B(350)、さらにしっかりとしたマッサージを受けても30500円以下です。

 

バンコク到着日にカオサン通りへ行き、マッサージで疲れを癒しつつ、タイフードを格安で食べ歩きするなんてのも良いですよ!

 

 

バンコク北東部

タラート・ロットファイ・ラチャダー / 鉄道市場

f:id:kunisfa0717:20190216124637j:plain

バンコク屈指の大きさを誇るナイトマーケット。

常駐型のナイトマーケットの中では規模は最大

 

かつては近くに線路があったため、名前が鉄道市場とも呼ばれています。

 

f:id:kunisfa0717:20190216124730j:plain

1,000軒のテントが並び、雑貨類から食事類までなんでも揃います。

f:id:kunisfa0717:20190216124806j:plain

f:id:kunisfa0717:20190216124817j:plain

テント周辺には個性的なBarなどが並んでおり、散策に疲れた人はここで休みながら楽しむことが出来ます!

 

近くにあるESPLANADEというショッピングモールの駐車場から見るマーケットの夜景は迫力満点。記念撮影はぜひここから撮りましょう!

 

 

Rooftop Bar Octave

f:id:kunisfa0717:20190205140621j:plain

バンコクの夜景を見るなら間違いなくここ『Rooftop Bar Octave

マリオットホテルの48階に位置する、屋上型のバーです。

 

f:id:kunisfa0717:20190205140224j:plain

Octaveの良いところは平日17~19時の時間帯では、ハッピーアワーで通常のドリンク料金の半額で飲むことが出来ます。

通常だと11,500円近くするようなドリンクが約700円に。

 

チャージ料を含めても11,000円程度です。

 

f:id:kunisfa0717:20190205140523j:plain

f:id:kunisfa0717:20190205140328j:plain

にもかかわらず、2時間ほど滞在することができるので、1,000円でバンコクの街並みをゆっくりと一望することが出来ます

日暮れの景色から夜景へと移り行く景色はたまりません。

 

詳しいことは下記の記事にまとめていますので、そちらをご覧ください!

>> バンコクの夜景なら絶対にここ!ルーフトップバー『オクターブ(Octave)』

 

 

ターミナル21

f:id:kunisfa0717:20190216124908j:plain

f:id:kunisfa0717:20190216124956j:plain

f:id:kunisfa0717:20190216125031j:plain

空港をイメージしたショッピングモール。

 

地元でも大人気のショッピングモールだそうで、階やエリアごとに「日本」「パリ」「ローマ」といった世界の地名が名付けられています。

 

f:id:kunisfa0717:20190216125118j:plain

f:id:kunisfa0717:20190216125131j:plain

個性的な服が売っていたりと、歩いているだけで楽しむことが出来ます

値段もショッピングモールにしてはかなり手頃な価格ばかりでした。(Tシャツ150B~など)

 

フードコートも安くて美味しいとの評判なので、ご飯を食べるだけによるとかでも良いかも。

 

それと衝撃だったのが、トイレ。

なんと、ウォシュレット対応の便座でした。

海外で見るのが初めて。やはり、バンコクはかなり発達していますね。

 

 

ゴーゴーバー『ナナプラザ/ソウカウボーイ』

夜のバンコクの顔といえば、カオサン通りともう1つ『ゴーゴーバー』です。

 

バンコクで有名なゴーゴーバーエリアは2つ、『ナナプラザ』と『ソウカウボーイ』です。

 

f:id:kunisfa0717:20190216125208j:plain

f:id:kunisfa0717:20190216125220j:plain

『ナナプラザ』はナナ駅近くにあるゴーゴーバーエリアで、こちらは女性とニューハーフが混在するエリア

雰囲気としてはショッピングモールのような雰囲気に近いですね。

 

建物自体は1階~3階まであります。

 

f:id:kunisfa0717:20190216125311j:plain

一方、『ソウカウボーイ』はニューハーフが集まるエリア。

ニューハーフだけが集まるエリアだけあって、接客の雰囲気はナナプラザとは違っていて、少し""があります。笑

 

一本の通りの左右に店があるといった感じになっています。

 

 

HwangJae

f:id:kunisfa0717:20190204133001j:plain

f:id:kunisfa0717:20190204133021j:plain

観光地ではないんですが、面白いところだったので紹介。

 

700B(≒約2,500)で、タイの若い女の子にマッサージやシャンプーなどをしてくれる理髪店

 

いかがわしいお店が集まるエリアにあるだけに、いかがわしいお店だと勘違いされがちですが、真っ当で健全なお店です。

値段が少し高いと感じる方もいるかもしれませんが、とても丁寧な接客で、終始にこやかに対応してくれるので、終わるころには値段のことは頭から完全に消えているはず!

 

詳しいことは下記の記事にまとめていますので、そちらをご覧ください!

>>【行き方・料金・感想】エロい理髪店?バンコクの『HwangJae』に行ってきた

 

 

バンコク南部

スネークファーム

f:id:kunisfa0717:20190216125724j:plain

f:id:kunisfa0717:20190216125715j:plain

f:id:kunisfa0717:20190216125722j:plain

サムヤン駅から歩いて5分のところに位置するスネークファーム。

病院の一角に位置するスネークファームは入場料が200Bのこじんまりとした蛇園ですが、平日に2回行われるスネークショーは必見です!

 

病院の職員方が自由自在に蛇を操り、ショーを盛り上げます。

英語とタイ語による解説ですが、雰囲気だけでも十分に楽しむことが出来ました。

 

さらに、最後には大きな蛇を首に巻いての記念撮影を無料で行うことが出来ます!

日本では中々出来ない貴重な体験ですね!

 

 

アジアティーク・ザ・リバーフロント

f:id:kunisfa0717:20190216125812j:plain

2012年にできた新しいナイトマーケット『アジアティーク・ザ・リバーフロント』

 

f:id:kunisfa0717:20190216125848j:plain

f:id:kunisfa0717:20190216125904j:plain

f:id:kunisfa0717:20190216125925j:plain

雰囲気としては三井アウトレットパークのような雰囲気で、かなり現代的な空間が広がっています。

ナイトマーケットというより、普通にショッピングモール

 

食事から雑貨まで何でも揃いますが、値段は少し高め。いや、かなり高め。

 

観覧車があったり、ニューハーフショーがあったりと、カップルや家族連れ、あるいは女の子同士の旅行に最適な場所。(男1人で行っても全く盛り上がらず、、、。笑)

 

 

エリア別おすすめのゲストハウス

最後に、それぞれのエリアで僕が宿泊したゲストハウスを紹介します。

(バンコク北東部の【BharaniHostel】は全くオススメできないので、反面教師的な存在として参考にしてください。笑)

 

 

バンコク北西部『Tales Khaosan

f:id:kunisfa0717:20190207112226j:plain

f:id:kunisfa0717:20190207112018j:plain

f:id:kunisfa0717:20190207111625j:plain

三大寺院から歩いて10分ほどの距離に位置し、カオサン通りまでも徒歩1分の距離に位置します。なにより、施設が清潔で綺麗。そして値段は1泊約900円と破格です。

 

フロントも24時間対応しており、共有スペースも自由に使うことが出来るので、不自由なく快適に1日を過ごすことが出来ました

 

詳しいことは下記の記事で紹介していますので、気になる方はぜひそちらの記事も合わせてご覧ください

>>カオサン通りのゲストハウスならここ!『Tales Khaosan

 

 

バンコク北東部『Bhrani Hostel

f:id:kunisfa0717:20190207154744j:plain

f:id:kunisfa0717:20190207154424j:plain

f:id:kunisfa0717:20190207154714j:plain

スクンビット周辺に位置するゲストハウス『Bhrani Hostel

 

アソーク駅やスクンビット駅まで徒歩10分圏内に位置し、ソウカウボーイまでも徒歩5分圏内にある好立地。そして、値段は1650円という安さ。

 

ここだけ見れば最高のゲストハウスですが、24時間対応といいつつ24時間対応ではないフロントや不愛想なスタッフ、また、水回りなどの館内の汚さが目立ちました。

 

650円という安さとはいえど、900円ぐらいでもう少し良いゲストハウスに泊まれば良かったというのが率直な意見です。

詳しいことは下記の記事で紹介していますので、気になる方はぜひそちらの記事も合わせてご覧ください

>>【スクンビット/アソーク】本当にオススメしないゲストハウス『Bhrani Hostel

 

 

バンコク南部『Tiny Taladnoi Hostel

f:id:kunisfa0717:20190207150048j:plain

f:id:kunisfa0717:20190207150215j:plain

f:id:kunisfa0717:20190207150318j:plain

タイ国鉄の始発でもある『フラワボーン駅』から徒歩10分程度でいける距離に位置するゲストハウス『Tiny Taldnoi Hostel

 

ゲストハウス周辺には24hのセブンイレブンや、三大寺院・アジアティークへ楽々アクセスできるフェリーの発着場もあり、アクセスが◎。

 

一泊900円という安さにもかかわらず、館内は行き通った清掃でかなり綺麗でした。

スタッフも愛想良く、親切な人ばかり。

 

無料の朝食は今まで泊まってきたどのゲストハウスよりも豪華で、普通に数百円取ってよいレベルのクオリティ

 

次にバンコクに行った際にも、もう一度泊まりたいゲストハウスです。

詳しいことは下記の記事で紹介していますので、気になる方はぜひそちらの記事も合わせてご覧ください

>> バンコクのゲストハウスで迷ったらここ!『Tiny Taladnoi Hostel

 

バンコクのホテルを安く予約する方法 

余談ですが、バンコクのホテルを安く予約したいなら、Booking.com、Expedia、Agodaがおすすめ

Booking.com:Genius会員になることで通常料金より最大20%OFFの特典

Expedia:航空券とセットで予約することで大きな割引

Agoda:セールによっては安く泊まれることがある

 

僕はBooking.comとExpediaのヘビーユーザーなので、基本はこの2つを使っていますが、たまにAgodaでセールをチェックしたりもしています。

Booking.comでバンコクのホテルを予約する

Expediaでバンコクのホテルを予約する

Agodaでバンコクのホテルを予約する

 

 

>> タイ旅行に関する情報をもっと知りたい方はこちら 

 

注目記事>> 海外旅行でオススメのクレジットカード

人気記事>> 事前に必要な海外旅行の持ち物リスト10項目