【評判は?手荷物は?】裏技も紹介!ノックスクート航空でバンコクへ行ってきた

スポンサーリンク

f:id:kunisfa0717:20190203140504p:plain

 

 

関空からバンコクへ、ノックスート航空でバンコクへ行く予定。

手荷物や座席など、乗ってきたリアルな感想や話を聞きたい。

 

今回はそういった"ノックスクートの手荷物や座席などのリアルな話を聞きたい人"に向けた記事なっています。

 

先日、バンコクへ4日間(2019.1.29~2.1)行ってきました。

関空からバンコクへの移動で利用したのはノックスクート航空

 

ノックスクート航空はタイのドンムアン国際空港を拠点とするタイの格安航空会社です。

 

結論から言うと、ノックスクート航空は"コスパの良いオススメ航空会社"でした。

エアアジアには乗ったことがありませんが、今後LCCでタイヘ行くならずっとノックスクートを使い続けるかな~。

 

今回の記事は、ノックスクートに関する情報をまとめました。

この記事で得られる内容も最初にまとめてありますので、ピンポイントで情報が欲しい方は、ぜひ目次から飛んでみてください!

 

 

 

この記事で得られる情報と感想

f:id:kunisfa0717:20190203141109j:plain


✔関空⇔バンコク間の利用料金、フライト時間

エコノミー座席のシート配列、シートピッチ

機内食

機内エンターテイメント

エコノミーの手荷物や受託荷物

フライトを快適に過ごす裏ワザ、グッズ

飛行機の遅延

 

 

料金

料金は以下の通り。

 

片道運賃(諸税込み):11,500

予約手数料:1,200

サイレントビズ追加料金:600B(2,100)

合計:26,300

 

この値段を高いと思うか低いと思うかは個人の間隔によると思いますが、僕自身としては安いなと感じました。特にサイレントビズに関しては、2,100円で4列シートを独占できたので、かなり安く感じました。(後述)

 

※サイレントビズの追加料金は空港のチェックインカウンターにて当日追加したため割高。Webでの事前予約の場合1,500円~予約可能。

※サイレントビズは12歳以下の子供が利用できないエリア。ビジネスクラスとエコノミークラスの中間に位置するエリアです。(後述)

 

 

フライト時間

行きと帰りのフライト時間は以下の通り。

※時間は全て現地時間

※帰りは20分ほど遅延

 

関空→ドンムアン空港

出発時刻8:30

到着時刻12:45

フライト時間:6時間

 

ドンムアン空港→関空

出発時刻23:45

到着時刻7:10

フライト時間:5時間

 

行き帰りともに出発・到着時刻が素晴らしく良いです。神がかっています。

行きは昼からフルでバンコクを満喫することができ、帰りは夜までバンコクを満喫することが出来るので、弾丸海外旅行にも最適です。

弾丸旅行で行く場合は、こちらの【エリア別・2泊3日~】初めてのバンコク旅行ならここ!観光丸わかりガイドを是非ご覧ください! 

 

僕は34日でバンコクへ行ったのですが、4日間フルで堪能することができたので、この点でもノックスクートにして良かったなと感じました。

 

到着からの流れや、帰りの空港までの行き方はこちらの【タクシー・バス・電車】ドンムアン空港からバンコク市内への行き方を是非ご覧ください! 

 

 

座席と機材

f:id:kunisfa0717:20190203141157j:plain


エコノミー座席のシート配列は3-4-3、ビジネスクラス座席のシート配列は2-4-2.

LCCにしては珍しいB777-300ER大型飛行機になります。

 

エコノミークラスには、「スタンダードシート」「スーパーシート」「ストレッチシート」の3つがあります。僕が利用したのは往復ともにスタンダードシート。

 

f:id:kunisfa0717:20190203141216j:plain


気になるシートピッチですが、前方のシートが倒れてこない限り、窮屈感は全く感じませんでした。身長180cmある僕ですが、足を裕に伸ばすことが出来ます。

これまで利用してきたLCC会社のチェジュ航空や香港エクスプレスはかなり窮屈だったので、それらの航空会社と比べると雲泥の差を感じる快適さです。

>> チェジュ航空の搭乗レビュー記事はこちら

>> 香港エクスプレスの搭乗レビュー記事はこちら

 

ただ、前方のシートが倒れてきた場合は少し窮屈感を感じました。

 

f:id:kunisfa0717:20190203141309j:plain


行きは通常エリアを利用し、帰りはサイレントビズのエリアを利用しましたが、座席の廃止などは全く一緒になります。

 

また、座席指定をする場合は追加料金が発生します

料金は以下の通り。

 

✔スタンダードシート:1,200

✔スーパーシート:2,600

✔ストレッチシート:3,900

 

さらに、サイレントビズエリアになると料金以下の通り、値段が高くなります

 

✔スタンダードシート:1,500

✔スーパーシート:3,200

✔ストレッチシート:4,800

 

当日のチェックインでも、希望の座席(窓際or通路側)を予約することが出来ました。

座席指定料金はかなり高いので、グループでのフライトまた、座席選びにこだわりがある人が以外は事前予約なしでも良いかと思います。

(ただし、後述するイレントビズエリアのスタンダードシートは狙いめ)

 

 

機内食

ノックスクートはLCCであるため、エコノミークラスでは機内食がついていません

 

そのため、事前にWebから予約するか当日に飛行機内で注文するか2択になります。

簡単にですが、メニューはこんな感じ。

f:id:kunisfa0717:20190203141338j:plain

f:id:kunisfa0717:20190203141400j:plain

f:id:kunisfa0717:20190203141418j:plain

f:id:kunisfa0717:20190203141437j:plain

f:id:kunisfa0717:20190203141455j:plain

f:id:kunisfa0717:20190203141514j:plain

 

一部、 事前予約のみでしか食べることが出来ないメニューもありました。

支払いは円またはバーツで払うことが出来ます。

 

ネットでメニューを見ることもできるので、事前にした調べていても良いかもしれませんね。

 

機内サービス

f:id:kunisfa0717:20190203141607j:plain


LCC
なので機内サービスは基本的に有料になります。

機内で受けることの出来るサービスは、飲食物に加えて、機内Wi-Fi、機内エンターテイメントがあります。

 

機内Wi-Fi

ノックスクートでは、20MB,80MB,200MB3タイプからWi-Fiの容量を選ぶことができ、料金は$4.99、$14.99、$19.99になります。(当日申請だと、$5.99、$16.99、$29.99)

 

正直、コスパ最悪のゴミ容量なので、おとなしく映画を見るなり、音楽を聴くなり、本を読むなりして過ごすことをオススメします。笑

 

 

機内エンターテイメント

LCCなので機内のエンターテイメントも有料です。

(ただし、ビジネスクラスのみ無料で使用可能。)

 

機内のエンターテイメントを利用するには、事前にスクートTVアプリをダウンロードする必要があります。料金は無制限に利用し放題で$11

 

僕は利用していないので、公式ホームページからの引用になってしまいますが、内容は映画やアニメなど老若男女が楽しめるコンテンツを提供しているそうです。

今の時代、タブレットに映画をダウンロードして持ち込む人が多いと思うので、こちらも利用するのはオススメしません。

 

詳しいことは公式ホームページをご覧ください。

 

 

機内手荷物

スクートビズでは基本料金に含まれる機内手荷物として7kgまでの荷物(54cm×38cm×23cm以内)+3kgまでのラップトップPCで合計10kgが持ち込み可能な手荷物とされています。

 

が、

 

ぶっちゃけ利用して思ったのが、かなーりガバガバだなということ。

 

僕はキャリーバックではなく、40Lのバックパックで旅行したのですが、関空とドンムアン空港ともに荷物の重さは全く図られませんでした。大きさも然り。

さらに、ドンムアン空港に限ってはお土産袋+ウエストポーチ+バックパックの3つを持っていましたが、それも何も言われず。いいのか本当に?笑

 

たまたまかもしれませんが、かなり緩いなと感じました。

なので、あまりにも大きすぎるスーツケース以外はそこまで厳重ではないのかもしれません。

 

追加料金に関しては容量ごとに細かく刻んであります。

気になる方は公式ホームページをご覧ください。

 

 

【裏技?】サイレントビズエリアのスタンダードシートがオススメ

f:id:kunisfa0717:20190203141708j:plain


1
月の閑散期だったおかげか、帰りのサイレントビズエリアではシート配列の3-4-34の部分を1人で独占することが出来ました

 

各配列の横1列は1人だけor同じグループの人たちだけ。

なんなら1列まるまる座っていない列もあったレベルでスカスカ。

 

追加料金を600B払ったわけですが、現地時間23:45発の深夜便をフルフラット状態で寝ることが出来たので、その恩恵は計り知れません。

 

理由は推測ですが、閑散期であることに加えて、「ネット上にあるサイレントビズエリアの評判がよくない」「座席は同じなのに追加料金が1,500円以上する」という2つの理由から、サイレントビズエリアを利用する人が少なかったんだと思います。

(僕は行きの便でサイレントビズエリアがスカスカであることに気づき、帰りの日にチェックインカウンターで申し込みしました。)

 

追加で約1万円払って乗るビジネスクラスよりも快適に過ごせたという謎の自負があるレベルで快適。(大事なことなので2回言いました。)(帰りの飛行機では約4時間、一切目が覚めることはなかったほど。)

 

もし行きの便でサイレントビズエリアの利用者が少ない、あるいは、事前のWeb座席指定でサイレントビズエリアが殆ど埋まっていないという場合は、サイレントビズエリアで横一列を独占できる可能性が大いにありますので、ぜひ狙ってみてはいかがでしょうか。

 

 

遅延

LCCを利用する場合、特に気になるのが遅延。

 

今回利用したノックスクートでは、行きは通常運行、帰りは20分ほどの遅延がありました。理由は受託荷物の機内輸送に時間がかかっていたみたいです。

 

 

飛行機の旅を快適にするグッズ

カタール航空の悪い点はフライト時間が長いということ。

 

カタールを経由してヨーロッパまで行くとなると12時間以上は裕に超えることになります。以下はそんな長時間のフライトで快適に過ごすためのグッズです!

 

トラベルピロー

折り畳めるだけではなく、ボタンで膨らませることが出来るトラベルピロー。

コンパクトなサイズなので、使わない時は収納出来て便利です!

 

サンダル

長時間のフライトでは、気軽に靴を着脱できるスリッパも必携です。

クロックスもオススメですが、よりオススメなのがコンパクトに携帯できる折り畳みのスリッパ。

 

ホテルでも使えるので1足常備していると、様々な場面でかなり役立ちます。

 

 

その他|タイ旅行の前に知っておきたいこと

ここからは当ブログで紹介してきた、タイ旅行に関する記事を紹介!

一度、タイへ行ったことがあるとしても、知らない情報があるかも!?

 

見るのはタダ!見ないと損ですよ~!

 

✔空港から市内までの移動は大丈夫?旅行前に必ずチェック!

【タクシー・バス・電車】ドンムアン空港からバンコク市内への行き方

 

✔初めてのバンコク旅行者は絶対に読もう!

【初めてのタイ旅行者必見】バンコク・アユタヤ丸わかりガイド

 

✔弾丸旅行を検討中のあなた!モデルコースを教えちゃいます!

【エリア別・2泊3日~】初めてのバンコク旅行ならここ!観光丸わかりガイド

 

✔バンコクのランドマークを徹底解説!

バンコク三大寺院『ワット・プラケオ/ワット・ポー/ワット・アルン』を徹底解説

 

✔バンコクの夜景を見るならルーフトップバーで決まり!

バンコクの夜景なら絶対にここ!ルーフトップバー『オクターブ(Octave)』

 

✔バンコクで健全だけどいかがわしいお店?

【行き方・料金・感想】エロい理髪店?バンコクの『HwangJae』に行ってきた

 

✔アユタヤ観光は4時間あれば周れるって知っていた?

アユタヤ遺跡を個人で日帰り(4時間)観光したおすすめモデルコース

 

ノックスクート航空に乗って最安でバンコクへ行きたいならtownlife旅探しがおすすめ!

ノックスクート航空に乗って海外へ行ってみたいと思った方。

どうせ行くなら最安値で行きたくありませんか?

 

そんな人の中で、

旅行プランをじっくり作りたいけど、どこが良いのかわからない。

複数の旅行会社に行ったり、問い合わせしたりが面倒。

現地に詳しい旅行代理店同士で値段やプランを比較したい。

といった悩みを持つ方。

 

そんな方にオススメしたいのが、

海外旅行見積もり・プラン一括問い合わせサイト『townlife旅探し』です!

 

townlife旅探しには他社にない3つのメリットがあります。

その1.簡単に一括で複数の旅行会社に問い合わせをすることができる。

その2.同条件なので各会社の値段・プランを簡単に比較できる。

その3.各地域で得意とする旅行会社からのプランを知ることができる。

 

そして、問い合わせ料金は無料です。

一切料金はかかりません!もちろん、航空会社の指定もOKです。

 

面倒な準備をせずに、海外旅行を楽しみたいと思っている方。

 

海外旅行は思い立ったら即行動が大事。

ぜひ今すぐに問い合わせをして、最安値でバンコクへ行きましょう!

>>『townlife旅探し』でタイ旅行の見積もりを無料で問い合わせてみる

 

まとめ

ノックスクートをオススメする理由

✔値段が安い

✔フライト時間が神がかっている

LCCなのに座席が広い

✔手荷物がガバガバ

1,500円払うことでフルフラット状態にできる可能性あり

 

 

 

注目記事>> 海外旅行でオススメのクレジットカード

人気記事>> 事前に必要な海外旅行の持ち物リスト10項目