東ヨーロッパ旅行記day3~ポーランドの古都クラクフで感じるヨーロッパの雰囲気~

 

f:id:kunisfa0717:20181121063219p:plain

 

【本日の移動】

ワルシャワ→クラクフ

 

www.gb-trip.com

 

  

ポーランドの古都クラクフへ

東欧旅行3日目。

今日は首都のワルシャワを離れ、古都クラクフへ移動します。

 

元々何かやる予定があったわけではないのですが、

本当に何もせずにワルシャワを離れることになりました。

 

f:id:kunisfa0717:20181121062610j:plain

f:id:kunisfa0717:20181121062612j:plain

中央駅まではクラクフ郊外通りを通って向かいます。

 

f:id:kunisfa0717:20181121062630j:plain

ワルシャワ歴史地区からクラクフ郊外通りにかけて、

カラフルで可愛らしい街並みが広がっています。

 

冬のオフシーズンだからか、人が少ないです。

オンシーズンだと人が多く、賑わっているんだと思います。

次来るときはオンシーズンの時に来たいですね。

気になるワルシャワに関する記事はこちら

✔ 本当に首都?ポーランドのワルシャワに行ってみたらイマイチだった!

 

f:id:kunisfa0717:20181121062646j:plain

f:id:kunisfa0717:20181121062648j:plain

大統領官邸です。

昼間と言えど、体感温度は氷点下を下回っていますので、

警備員もこの格好です。

 

f:id:kunisfa0717:20181121062700j:plain

地動説で有名なコペルニクスの銅像がありました。

キュリー夫人もポーランド出身と、ポーランドは有名な学者も数多く輩出しています。

 

f:id:kunisfa0717:20181121062710j:plain

f:id:kunisfa0717:20181121062711j:plain

電車内での食料を求めてスーパーへ。

1ズロチが約30円なので、コーラが50円だったり、レッドブルも30円でした。

パンもかなり大きなサイズにも関わらず、1個100円もしません。

ヨーロッパにも関わらずこれだけ安いのは、東欧旅行の醍醐味でしょう。

 

超快適!ポーランド国鉄PKP

f:id:kunisfa0717:20181121062728j:plain

ワルシャワからクラクフへはポーランド国鉄を利用しました。

電車で2時間の距離です。

 

このポーランド国鉄、本当にコスパが良いんです。

1等車両で4,000円だったのですが、快適なシートにドリンクサービスやフードサービスがついていたりと、至れり尽くせりのサービスでした。

 

計14か国ほど訪れましたが、過去一番で良かった電車です。

気になるポーランド国鉄のレビューはこちら

✔ ワルシャワ、クラクフ間の定番のオススメ!ポーランド国鉄PKP

 

極寒の中、古都クラクフを散策

f:id:kunisfa0717:20181121062743j:plain

お昼過ぎ、クラクフに到着しました。

 

クラクフ駅はワルシャワと打って変わって、

多くの人で賑わっていました。

 

f:id:kunisfa0717:20181121062755j:plain

駅内で見たマクドの広告。

1ズロチ30円なので、かなり安いですね。

 

f:id:kunisfa0717:20181121062809j:plain

f:id:kunisfa0717:20181121062810j:plain

先にホテルでチェックインを済ませます。

クラクフではアパートメントタイプのホテルを予約しました。

一軒家の一室といった感じで、とても広くて快適です。

これで1泊1,000円。ポーランドの物価恐るべし。

 

その後は、ヨーロッパ最大といわれる中央広場に向かいます。

 

f:id:kunisfa0717:20181121062839j:plain

クラクフの街並みです。

人もそこそこ多く、どこか西欧と似た雰囲気があります。

気になるクラクフに関する記事はこちら

✔ ポーランドの古都クラクフでオススメしたい観光スポット5選! 

 

 

f:id:kunisfa0717:20181121062845j:plain

そして、こちらがヨーロッパ最大といわれる中央広場です。デカい。

 

f:id:kunisfa0717:20181121062859j:plain

f:id:kunisfa0717:20181121062900j:plain

中央にはお土産などが売っている織物会館があります。

 

また、中央広場の周囲はレストランがあります。

 

f:id:kunisfa0717:20181121062916j:plain

こちらはシンボルの聖マリア教会。

クラクフを代表する建物の1つです。

 

f:id:kunisfa0717:20181121062934j:plain

中央広場からは様々な方向に道が広がっており、

どの道を通っても、ヨーロッパの雰囲気を感じることが出来ます。

ワルシャワを批判するわけではありませんが、

僕が求めていたヨーロッパの雰囲気はこれなんです…!!

 

 

f:id:kunisfa0717:20181121062951j:plain

f:id:kunisfa0717:20181121062953j:plain

その後は、ヴァヴェル城を散策し、

 

f:id:kunisfa0717:20181121063002j:plain

晩御飯にパスタを食べました。

フランスで食べた人生で一番不味かったパスタを除けば、

パスタは万国共通で美味いですね。笑

 

★旅行好きの方に今すぐ読んでほしい旅行体験記★

✔ 【まとめ】2017年夏休みin香港【男2人弾丸旅行】

✔ 【まとめ】2018年卒業旅行in新疆ウイグル自治区【中国】

✔ 【まとめ】2016年夏休みinフランス【初一人海外旅行】

✔ 【まとめ】2017年春休みin東ヨーロッパ【一人海外旅行】

✔ 【まとめ】2017年春休みinインド 

✔ 【まとめ】2017年夏休みinオーストラリア

【まとめ】2018年卒業旅行inコタキナバル【マレーシア】