インドへ最安値で行くならコスパの塊『中国国際航空』できまり!

f:id:kunisfa0717:20180225170154j:plain

こんばんは!タカです。

 

今回も搭乗記録。最近は搭乗記録が続いていますが今回でひと段落します。

 

今回紹介する航空会社は中国国際航空です。

中華系の航空会社といえば、『サービスが悪そう』だったり、『遅延が多そう』とか、そういう悪いイメージが大きいですよね。僕もそういう印象を持っていました。

 

しかし、利用してみるとイメージが一転。かなり良い航空会社でした。

どういうところが良かったのか、また、上記のイメージは実際どうだったのか。

今回はそれらを詳しく解説していこうと思います。

 

利用したのは1年前の2017年の3月。路線は関空~北京~ニューデリー。

それでは早速見ていきましょう!

 

 

 

 

 

インド便の最安航空会社

中華系の航空会社『中国国際航空』。

中国国際航空はLCCではなく、スターアライアンス加盟の航空会社。

そのため、ANAマイルがたまりますし、航空券にはしっかりと受託荷物や機内食までついています。

 

今回僕がインドのニューデリーへ行くためにこの航空会社を利用した理由は1つ。

値段が圧倒的に安いということ。

 

ニューデリーには直行便ではエアインディアのみ。

航空券も7万円前後~と、決して高くはありません。

しかし、この中国国際航空はLCCでないにも関わらず、往復航空券代金が4万円と、通常では考えられないような安さでニューデリーへ行くことが出来ます。

 

同様にワールドアライアンス加盟(マイル換算はJALマイル)の中国東方航空も似た価格帯で売っていましたが、当時はここまで安い価格はなかったかと思います。

 

関空~北京

シートと機材

f:id:kunisfa0717:20180225170226j:plain

この区間は短距離路線のため、3-3配列のディスプレイはなしです。

シートはJetstarPeachよりは少し柔らかい肌触りの素材で、シートピッチも少し広め。

乗っている時間が約3時間ほどなので、十分に快適に過ごせます。リクライニングも◎

 

 

機内食

f:id:kunisfa0717:20180225170253j:plain

驚きなのが3時間のフライトにも関わらずちゃんとした機内食をいただけます。

 

種類は1種類のみで、日本発だったこともあり、焼肉定食らしき機内食でした。

味も期待していませんでしたが、日本人好みの味で美味しく、完食することが出来ました。

 

北京~ニューデリー

シートと機材

f:id:kunisfa0717:20180225170318j:plain

シートは可もなく不可もなくといった普通のシート。

写真から見てもらってわかるように新幹線のような座席でした。

 

シートピッチは短距離路線よりも広く、毎度同じ説明になりますが、身長180cmほどある僕でも裕に足を組むことが出来るほど。期待していなかった分、7時間のフライトもかなり快適に過ごすことが出来ました。

 

エンターテイメントはあまり充実していませんでしたが、日本語対応の映画も数本あり、中には『君の名は』もあり、日本で人気の映画も一応はカバーしています。

 

機内食

予めメニューが配られる方式ではなく、CAが二種類のどっちかを聞きながら配られる方式です。ただ、残念ながら写真を撮り忘れていました。笑

関空北京間の機内食の方が圧倒的に美味しかったという記憶は残っているので、味にはあまり期待しないほうが良いでしょう。

飛行機の旅を快適にするグッズ

日本からのインドへは中継も含めると、10時間近くのフライトになります。

以下はそんな長時間のフライトで快適に過ごすためのグッズです!

トラベルピロー

折り畳めるだけではなく、ボタンで膨らませることが出来るトラベルピロー。

コンパクトなサイズなので、使わない時は収納出来て便利です!

 

サンダル

長時間のフライトでは、気軽に靴を着脱できるスリッパも必携です。

クロックスもオススメですが、よりオススメなのがコンパクトに携帯できる折り畳みのスリッパ。

 

ホテルでも使えるので1足常備していると、様々な場面でかなり役立ちます。

 

 

 

 

 

気になる疑問

乗っている中国人はうるさくないの?

中華系航空に関する気になる疑問だと思います。

 

往復ともに関空北京間は中国人の方が多く乗っていました。というか殆ど中国人。

 

しかし、想定していたような騒音は全くなく、離陸後の機内はいたって静かでした。

ただ、最後尾に座っていたこともあり、中国人CAの雑談の会話音はうるさかったですが。

 

遅延

はい、しっかりと遅延しました。笑

 

それも深夜0時ニューデリー発の便が深夜4時発という4時間の遅延。

この時、絶賛下痢状態で、一刻も早くインドから出たかった僕にとっては最悪の遅延でした。

ただ、北京でのトランジット時間が7時間だったため、乗り継ぎの便には影響がなく、むしろ退屈な北京空港での過ごす時間が減ったと考えればプラスマイナスゼロなのかもしれません。

 

今回の旅行では計4回、中国国際航空の飛行機に乗りましたが遅延はこの1回だけでした。

 

インド行きの便の水

インドの便の機内の水を飲むだけでお腹を壊す』という噂。

一度は聞いたことある方もいるかもしれません

 

元々お腹が弱い僕にとって、行きの便でこの噂を試すのはさすがにクレイジー。

ということで、友人に試してもらいました。

 

往復ともに水を飲んでもらいましたが、友人は元々お腹が強いこともあってか、幸いにも機内の水を飲んで下痢をすることはありませんでした。

ですので、あくまでも今回の噂は噂に過ぎないと思います。

 

航空券はSkyscanner

このような格安航空券を探すのにオススメなのがSkyscanner

最安値で買える月や、月内の最安値も調べることができる大変便利なサイトです。

 

 

Expediaも有名ですが、なぜSkyscannerの方が良いのかはこちらの記事をご覧ください。

【保存版】オススメ!安く海外旅行へ行くために知っておくべきこと

 

まとめ

中国国際航空はかなりコスパが高い航空会社。

インドへ行く際は中国国際航空で行くことをぜひオススメします。

 

↓あわせて読んでほしい記事↓

感動すること間違いなし!汚いけど美しい、インドのガンジス河 

実体験!奇想天外の国インドをオススメする、意外と知らない5つの真実

意外とショボい?インド、タージマハルへ行く前に知っておきたいこと

ヨガの聖地?リゾート地?魅力溢れるインドの秘境、リシュケシュがオススメ!