【雑記】趣味がない?それなら海外へ行くべし!

 

f:id:kunisfa0717:20171003194303j:plain

 

突然ですが皆さんには何か趣味はありますか?

ここでいう趣味とは、一人でも好きで没頭できることとします。

 

 

僕は会話があまり得意なタイプの人間ではないので、

初対面の人と話すときは趣味について切り出すことが多いです。

 

趣味はその人の性格や好みなどがわかる場合も多く、

話のつかみとしては最適だと思っています。笑

そこから色々な話にも続けやすいのも良いですね。

それに趣味がある人って、趣味がない人と比べて魅力的に見えます。少なくとも僕には。

 

 

でも、最近会話をしていて思うのですが、

「趣味は○○です!」とはっきり言える人って意外と少ないんです。

 

この記事を読んでくださっている方の中にも当てはまる人はいるのではないでしょうか?

勿論、「友達と飲みに行くこと、遊びに行くこと」などはなしです。それは趣味ではありません。

 

僕の場合は、きっぱりと海外旅行になりますね。

 

 

そこで今回は、趣味を作るオススメの方法の1つとして海外へ行くということを紹介したいと思います。

 

なぜ趣味を作るなら海外へ行くことがオススメなのか。

僕なりに考える、その理由を話したいと思います。

 

 

 

なぜ趣味がないなら海外へ?

それはズバリ。刺激を受けるから

 

 

海外には良くも悪くも日本にないものがいっぱいあります。

 

それは文化や食生活といった身近なものから考え方といった根本的なものまで。

その土地に住むからこそ根付くもの全てです。

 

海外へ行くとその土地独特の刺激を感じずにはいられません。

 

 

刺激は興味を駆り立てる

次に段階ですね。

半強制的に感じた刺激ですが、これは時に興味を掻き立てます。

 

 

この経験って多くの人がよく実感しているのではないでしょうか?

 

例えば、本屋さんに行って何気なく読んだ本が面白く、その作者の過去の作品を読み始めたり、アーティストの歌が良かったから過去の曲を聴き始めたりなど、このように刺激によって興味を掻き立てられることは珍しくない経験だと思います。

 

要は海外に行けば半強制的にその影響を受け、興味を掻き立てられる。

だから海外へ行くべし、ということです。

 

 

たしかに海外へ行ってこのような経験をせずに終わる場合もあるでしょう。

ですが、行ってみないと新しいことは始まらないもので、それを言い出したらキリがありません。

それに、「(国名)とは合わない」という経験を実感できたという意味では、ある意味で良い経験になっていると思います。

 

 

興味から好きに、そして趣味へ

ここまでいけば、大方の目的は達成しています。

 

ただ、正直な話、ここまでは理想形であって現実的ではないのかもしれません。

趣味になるレベルで好きになるものってなかなか出会いませんもんね。

 

でも、海外に行くことによって趣味以外にも考え方や感性も広がります。

たとえ趣味に繋がらなかったとしても、結果的にはそれはそれで良いのではないかなと思います。

 

 

でも、日本でも経験できるのでは?

f:id:kunisfa0717:20171003193808j:plain

ここまで話してきましたが、「日本でも刺激は受けられる」という意見を持つ方が中にはいるかもしれません。

 

 

たしかにその通りです。

 

しかし決定的に違う点があります。

それは受動的か能動的かということです。

 

日本で上記のような経験をしようとする場合、恐らく自分から積極的に行動しないと経験できないでしょう。つまり、能動性が必要になってきます。

 

しかし、海外の場合は違います。

行きさえすれば、あとは海外に文化のサンドバック状態(受動的)です。

気候・食・言語など、全てが日本とは違う中で一定期間を過ごさなければなりません。

 

それに、海外の場合は必ず観光に行きますよね?それも有名じゃない場所まで。

(特に日本人は駆け足で色々な観光地へ行く傾向があるみたいです。)

 

この観光によっても影響を受ける場合があるんです。

 

僕の場合は、1つに美術がありました。

 

フランスでモナリザを見るためだけにルーブル美術館へ行ったのですが、モナリザではなく廊下に並ぶ名も知らない絵画の迫力に圧倒されました。完全に不意打ちです。笑

 

写真では絶対に伝わらない絵画の大きさ、立体感、細かい作者の意図。

それらを全く知らずに生きてきた僕には全てが新鮮で衝撃的でした。

 

そこから趣味とまではいきませんでしたが、絵画に興味を持ち始め、友人から本を借りて勉強もしました。

 

あくまでも一例に過ぎませんし、趣味とまではいきませんでしたが、きっと皆さんにもこのような出会いがあると思うのです。

 

 

だから海外へ行こう

f:id:kunisfa0717:20171003193850j:plain

ここまで色々と述べてきました。

 

たしかに海外旅行は安い買い物ではありません。

そのお金があれば美味しいものや高い服なども買えますもんね。

 

でも、そのお金を払ってでも得られる対価が海外にはあり、それをぜひ若いうちに得て欲しいと思います。

 

 

勇気を出して一度海外へ行ってみてください。

きっと素晴らしい出会いが待っていますよ。ブログランキングに参加しています。

 

ランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク