ぐるっと一周!ドイツ周遊をしてきたので、淡々と街を紹介していきます!

こんにちは!

 

今回紹介する記事は、今年の春休みに行ってきた『ドイツ周遊』について。

 

東欧旅行の終着点がミュンヘンだったので、「せっかくだから周遊しちゃおう」という軽い気持ちでぐるっと周ってきました。笑

 

もしこれからドイツへ旅行する方の参考になればと思い、ドイツの街を淡々と紹介したいと思います!

 

では、早速見ていきましょう!

※紹介する順番も僕が行った順に書いています。89日で周りました。

 

 

 

ドイツの街

ベルリン

f:id:kunisfa0717:20170916134908j:plain

f:id:kunisfa0717:20170907144352j:plain

f:id:kunisfa0717:20170916134955j:plain

f:id:kunisfa0717:20170916134931j:plain

f:id:kunisfa0717:20170916134933j:plain

ドイツの首都ベルリン。

こはドイツ周遊した中で一番治安が悪く、一刻も早く出たかった街です^^;

 

街の見どころとしては、『ブランデンブルク門・ベルリン大聖堂・ベルリンの壁』あたりになるでしょうか。

 

ベルリンの壁は市内から少し離れているため電車で行く必要があり、

周囲は少し物騒な雰囲気があるのでなるべく早くに行くことをオススメします。

ライトアップされているわけではないので、夜に行くのは避けたほうが良いです。

 

また、個人的にベルリンでオススメしたいのが『アンペルマン』

 

アンペルマンはベルリンの信号機の青と赤を表した、

旧東ドイツ生まれのマスコットキャラクターです。

 

ただ可愛いという理由だけでオススメしていますが、ポロシャツ・腕時計・マグカップなど種類が豊富なので、ベルリン土産には最高に良いと思います!笑

 

ハンブルク

f:id:kunisfa0717:20170916134802j:plain

f:id:kunisfa0717:20170907144353j:plain

f:id:kunisfa0717:20170916134830j:plain

f:id:kunisfa0717:20170916134833j:plain

f:id:kunisfa0717:20170916134832j:plain

ドイツの北に位置する港町ハンブルク。

イツの第二の都市で、ドイツの住みたい街ランキング1位の街でもあります。

 

ここには世界遺産の赤レンガ倉庫群があり、その数は横浜の比ではありません!

 

しかし注目したいのは赤レンガ倉庫群ではなく、

ミニチュアワンダーランドという施設

 

ここは世界で一番大きなミニチュアの世界となっており、

その規模と細かさには驚きを隠せません。

 

ミニチュアの世界はヨーロッパやアメリカなど、皆さんに馴染みのある地域が多く、

その国に行ったことがある人ない人も楽しむことができます(^^)

 

また、ハンブルクは都会でありながらも落ちついた雰囲気のある街で、

アルスター湖周辺は市民ののどかな憩いの場で散歩がしたくなるような場所です。

ここから見える夜景もとても綺麗でオススメです! 

 


ケルン

f:id:kunisfa0717:20170916135025j:plain

f:id:kunisfa0717:20170907144354j:plain

f:id:kunisfa0717:20170916135146j:plainケルンといえばケルン大聖堂!

駅を出てすぐ目の前には、圧巻の大聖堂がそびえ立ちます。

パリのノートルダム大聖堂とは比にならないくらい大きいです。写真も広角レンズがないと間違いなく収まりませんね。笑

 

 

ちなみにケルン大聖堂の前は観光客が多く、

スリや怪しげな人が声をかけてきたりするので要注意です。

 

ケルン大聖堂の撮影スポットは多くあるのですが、

個人的に一番オススメしたいのがホーエンツォレン橋を渡った対岸です。

 

ここからなら縦横綺麗にケルン大聖堂を収めることができます。

ここから見る夜景がとても綺麗なので、ぜひ一泊してその景色を見てから帰ってほしいです。

 

また、ケルンにあるブラウハウス・ジオンという老舗のお店もオススメで、

ここは自家醸造の出来立てのビールを飲むことが出来るほか、

本場ドイツらしい一本の長いソーセージを食べることが出来ます。

 

味・値段も満足で、店員さんも気さくで文句なしのお店です!

 

ミュンヘン

f:id:kunisfa0717:20170916135230j:plain

f:id:kunisfa0717:20170916135234j:plain

ドイツ第三の都市ミュンヘン。

 

ここには白ビールのヴァイスビールや白ソーセージ、ネオ・ゴシック様式の新市庁舎、BMW博物館やヴィクトアーリエンマルクト(青空市場)など、見所がたくさんあります。

 

さらに電車を使えば、日帰りでノイシュヴァンシュタイン城やニュルンベルク、ローテンブルク、そして国境を渡ってオーストリアのザルツブルクまで行くことができます。また10月には有名なビール祭り「オクトーバーフェスト」が開催されるのもここミュンヘン。

 

ですので、4日ぐらいの滞在が暇を持て余さずに観光地を全部巡ることが出来る、ちょうど良い期間だと思います。

ミュンヘンの魅力については別記事にてまとめますので、そちらをご覧ください。

 

フュッセン

フュッセンはノイシュヴァンシュタイン城の最寄り駅で、

マンティック街道の終着点となっています。

 

ここはあまり散策などしていないのですが、

小さな街にも関わらずお城や教会などの見所があります。

ロマンティック街道の終着点の門もあるので、

街道巡りをしている人ならば必ず訪れたいですね(^^)

 

ホーエンシュヴァンガウ

f:id:kunisfa0717:20170519191710j:plain

f:id:kunisfa0717:20170519192024j:plain

ノイシュヴァンシュタイン城の麓にある小さな村で、

フュッセンからバスに乗って15分程度で行くことが出来ます。

 

こちらは別記事にてまとめていますので、そちらをご覧ください。

www.gb-trip.com

 

ニュルンベルク

f:id:kunisfa0717:20170916135409j:plain

f:id:kunisfa0717:20170916135411j:plain

ソーセージで有名な街ニュルンベルク。

 

ソーセージを食べるため、ローテンブルクのついでに寄った街ですのであまり散策はしていませんが、街自体はかなり大きい街でスーパーなどもありかなり住みやすそうな街という印象です。

 

肝心のソーセージは700年続く老舗のブルートヴルストホイスレで食べましたが、

他のソーセージとは違って細く、炭のにおいがとても香ばしいジューシーな味わいでした。

量も多くないのでバイエルンチケットを使った電車旅でぶらりと寄って食べて帰るぐらいがオススメだと思います(^^)

 

ローテンブルク

f:id:kunisfa0717:20170609141527j:plain

f:id:kunisfa0717:20170609141542j:plain

ローテンブルクは別記事にてまとめていますので、そちらをご覧ください。

www.gb-trip.com

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ドイツ周遊は移動費も手頃で、各地に見ごたえある観光地も多くあるのでヨーロッパ旅行の1つの選択肢としてとてもオススメです!

 

 

ランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク