迷ったらここ!日帰りで行けるパリ近郊にある観光地3選!

こんばんは!

 

 

今回は前回に引き続き、パリ編第二弾『パリ近郊のオススメ観光スポット特集』です!

 

前回はパリの魅力についてたっぷりと紹介しましたが、今回はパリから少し郊外へ出て、1日または12日でいけるオススメの観光スポットを紹介したいと思います!

 

↓前回の記事はこちらです。あわせてお読みください。↓ 


 

 

 

パリ近郊のオススメ観光スポット

ヴェルサイユ宮殿

f:id:kunisfa0717:20170911171054j:plain

f:id:kunisfa0717:20170911170850j:plain

f:id:kunisfa0717:20170911171135j:plain

f:id:kunisfa0717:20170911170843j:plain

1選目はヴェルサイユ宮殿

一度は耳にしたことあるはずの観光地ですね。

 

ヴェルサイユ宮殿の広さは東京ドーム約220個といわれており、その広さゆえにじっくり回ろうとすれば1日は費やします。

 

ヴェルサイユ宮殿の見どころですが、大きく分けて2つあります。

華麗な宮殿

宮殿内はまさに豪華絢爛。

その名がふさわしいほどに天井などが金の装飾品に埋め尽くされており、圧巻されます。

 

宮殿内のオススメの見どころはなんといっても、の回廊

357枚の鏡で装飾された、まさに黄金時代を象徴する場所であります。

ただ、有名な場所だけあって、特に観光客が多く密集しているので、ゆっくりと見て回ることは出来ないかもしれません。

 

庭園

ヴェルサイユ宮殿の魅力は宮殿の豪華絢爛さだけではなく、幾何学的な美をもつ広大な庭園も魅力の1つです。

 

中世のフランスで作られたどの庭園にも洗練された美しさがありますが、ヴェルサイユ宮殿の庭園の規模はどの庭園と比べても群を抜いています。

 

ガイドブックには噴水ショーがオススメと書かれている場合が多いですが、個人的には噴水ショーよりも庭園をのんびり散策していただくことをオススメします。

お洒落なフランスの雰囲気とは違った長閑さ。パリでは中々味わえない雰囲気があり、観光地巡りで疲れた体をぜひここで癒していってください。

 

また、料金は少し高め。ヴェルサイユ宮殿だけで元を取れるミュージアムパスを買って入場することを強くオススメします。

 

行き方

RERC線の各駅から終点ヴェルサイユ・シャトー・リヴ・ゴーシュ駅下車

料金

宮殿のみ;18ユーロ, 宮殿+庭園;25ユーロ(11~3月の第一日曜日は無料), ミュージアムパス可

 

モンサンミッシェル

f:id:kunisfa0717:20170911170836j:plain

f:id:kunisfa0717:20170911170748j:plain

f:id:kunisfa0717:20170912000636j:plain

f:id:kunisfa0717:20170912000653j:plain

フランス旅行で日本人観光客人気No1の観光地、モンサンミッシェル

 

人気No1だけあって昼間は観光客で溢れかえっています。

少し落ち着かない感じがしますが、夜には一気に静けさが増し、昼間には感じられなかった静寂さと神秘的な雰囲気を味わうことが出来ます。

是非一泊してその雰囲気を味わってほしいです。

  

モンサンミッシェルの素晴らしさは、時間によってその姿を変化させるところです。 残念ながら僕が行ったときは天気が悪く、朝焼け・夕焼けともに見ることができませんでした。

 

「昼間だけの姿でも十分に感動ししたからいいや」と、自分に言い聞かせているのですが、他の人の写真を見る限り、朝焼け・夕焼けの景色の方が間違いなく綺麗です。

 

また島内は可愛らしい石造りが昔のままとなっており、当時の様子を伺うことができます。 元祖オムレットモンサンミッシェルのお店・お土産屋さん・ホテルなどもあり、まるでハリーポッターの世界に行ったような気分になります。

 

ただし、島内は島外よりも物価が少し高く、お店も早く閉まります

ですので、お土産や飲料水などは対岸で買うことをオススメします。

特に宿泊した場合の夜は特に要注意したほうが良いかもしれません。

 

モンサンミッシェルに関しては下記の記事でより詳しく解説していますので、ぜひそちらをご覧ください。 

 

モンサンミッシェル のおすすめランキング | フランス旅行の観光・ツアーの予約 VELTRA

 

行き方

パリ/モンパルナス駅からレンヌ駅下車(TGVで約2時間)

その後バスに乗り換えてモンサンミッシェル対岸で下車(1時間)

 

トゥール(ロワール地方)

f:id:kunisfa0717:20170911170710j:plain

f:id:kunisfa0717:20170911170727j:plain

f:id:kunisfa0717:20170911170839j:plain

パリの南に位置するロワール地方

 

ここは昔のお城が点在する地方で、古城巡りが人気となっています。

 

お城のサイズは小さいものから大きいものまであり、お城の用途も様々。要塞のようなお城もあれば、ただ自己満足の娯楽のために建てたお城や、レオナルドダヴィンチが生涯を終えるまで過ごした家としてのお城など。十人十色とはまさにこのことだといわんばかりの数と種類です。

 

個人的にオススメなのがシュノンソー城。

ここは城の主が女性であったため、綺麗に整った庭や川の上にお城があるなど、女性らしいお城となっています。観光客も他のお城と比べて少なく、ゆっくりと観光できるのもオススメの理由の1つです。

 

ロワール地方のお城同士はかなり離れており、電車とバスを使っていくよりもまとめて回る日帰りツアーの方が要領よく回ることができ、道中にお城の情報を教えてくれるのでオススメです。

 

行き方

パリ/モンパルナス駅からトゥール駅で下車(TGVで約1時間半)

 


 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

パリも十分に素晴らしい街ですが、地方では違った雰囲気を味うことができますので、ぜひフランスへ訪れた際は一度行ってみてください。

 

ランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク